気に入ってくれるかな

e0160905_19575997.jpg

いまだに使用瓶度高いバギー。
私一人とボーイズとのおでかけにはやっぱりどうしても必要。
Rooはもう抱っこでは大きすぎて、長く歩けない。
かといって、自分で私の後をついて歩いてくれるのも限界がある。
でも、もうこのバギーでは体重はオーバーだし、なにより身長が高すぎて、足でバギーを止めることができるため、危険。
Rooは公園やビーチなど、遊び場ではちゃんと歩いてくれるが、絵カードを提示しても切り替えがまだうまくできないときがある。そんな時にバギーに誘導するとわりと素直に従ってくれたり。

もう大きいんだから、バギーに乗せるのは・・という気持ちもあるのだけど。
でも、このバギーが、Rooの命を守ることも多いのだ。
そして、Rooが嫌がって歩かないかもしれないからあそこもここも行けない、というマイナスの決定から、バギーがあるからとりあえずあそこもここも行ってみよう、挑戦してみよう、というプラスの決定ができるのが私には一番大きい。
更に、Tiggerにかかる負担がぐんと少なくなる。単にRooの行動を息をつめて見守るだけでなくて、私とTiggerで、歩きながら会話が楽しめる。

こちらでは、幸いなことに、「あらあら大きいのにバギーなんて乗っちゃって」なんて見知らぬ人に話しかけられることもない。それなりに事情があると察するのか、他人の勝手と思うのか。助かる。

以前からいろいろ検索していて、Rooの身長、体重で利用できるバギーをいくつかピックアップ。
こちらではいまや主流の3輪バギーの、かなりがっちりしたバージョン。 →こちら
大人がジョギングする時に使ったり、山道なども楽々使用できる、のはいいのだけど。
何より高価、かつたたんでも大きすぎて、私のYaris(日本ではVits)には乗せられない。

そして、更に検索しているうちに、理想的なバギーを発見。
Maclaren Major Elite stroller Designed for children with special needs

去年までは200ポンドだったのに・・いきなり50ポンドも価格が上がって、250ポンド(汗)
でも、体重50kgまで可。私も乗れる(笑)
シンプルで、高さも十分。この先遊園地やユーロディズニーランドなどに行くことがあるかも?ないかも?と期待できるし。

どうやら、GPに掛け合って許可が認められれば、Heath Serviceからファンドがおりるかも、と聞いたのだが、この情報を得るまでにSocial Serviceの返事を待つこと数週間、更に2箇所へ電話。
これからGPにまた説明をしてファンドが下りるまでにまたまた数週間待つのはできなかったので、もう自腹で結構。

最初、このSpecial needsのバギーを個人的に入手する方法がわからなかったのだけど。
あっけなく、Mothercareのオンラインショッピングで購入可能なことがわかった。
(Mothercareは日本で言う「赤ちゃん本舗」のようなショップ)
ただし4月13日に在庫入荷予定だったので、結局は町にあるMothercareの店で予約し、入荷次第自宅に無料配達のサービスを受けることに。
そして本日、デリバリーをじーっと待っている、私達です・・・。時間設定してくれ。9時から5時の間だなんて酷すぎる・・・

Rooちゃん気に入ってくれるかな?




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-04-17 20:02 | Rooのこと