Barnardo's Big Toddle

以前から告知されていた通り、今週の火曜日にRooが通うPreschoolが、「Barnardo's Big Toddle」というイベントに参加した。

Big Toddle, Big Fun! Believe In Children - Barnardo's

「UK’s biggest charity event for under 5s」
(5歳以下の子供達が参加する、イギリス最大のチャリティイベント)
だそうで。
子供達は何をするかと言うと・・
ひたすら歩く!歩く!歩く!(笑)
距離は学校や団体、個人で決定できるようです。

子供達は自分たちが何をしているのかあまり理解していないかもしれないけど、笑顔で歩き切ることが重要。
RooのPreschoolでは、2歳から4歳過ぎの子供達まで20人ほどが参加。
海辺の一直線の歩道の南端から北端まで往復・・片道は大人でも30分弱かかる。
トドラーズだったら、45分から50分ぐらいはかかったはず。


実は前日まで、私はRooの参加を渋っていた。
親は参加しなくてもいいと知ったのは当日で、それまでは私がRooの手を引いて歩くのだと思っていたから。
そうすると絶対にビーチのほうに行きたがったり、途中でアイスクリームの売店に行きたがったりするだろうから、他の参加者にも私にも手が追えなくなったら困るしなあ・・・などと、とにかくネガティブだった。

でも、前日、マネジャーのTraceyに「明日心配なんだけど・・」と言うと、きっぱりと、
「Roo will walk with us.」と言われた。
・・これは、やっぱりRooちゃんを預けないと、母親として失格だわ、と思い(笑)。
大変だろうけど、お願いすることにした。

この朝、私はMOT(車検です)があったので、タウンに出ていた。
考えたら、ちょっと早めにToyotaのオフィスに帰ってきたら、Rooたちの折り返し地点に行けたのに。
こっそり柱の影からRooの勇士を見れたのになあ・・残念。

というのも、Rooちゃん、「He did very very well!」だったそうで(嬉)
よくがんばったぞーー☆
詳しい話は聞いてないけれど、ちゃんと皆と一緒に、スタッフの手を繋ぎながら歩き切ったらしい!
アイスクリーム屋も、ゲームセンターも、ビーチ関係のおもちゃ屋も素通りしたのかしら・・・

ま、多分「あっちに行きたい」と言う意思表示を見せたかもしれないけど、絶対に行かせてもらえないと気づいて黙るしかなかった、というところですかね。
スタッフ全員の努力に感謝。

この日の前夜、なんと午前3時半に起きてしまい、結局そのまま二度寝できなかったRooちゃん・・・
こんな睡眠不足で歩けるのか心配だったけど。
えらいねー 本当によくがんばったよ。
午後も結局寝ないで、家の中でたくさん遊んで、夜は8時ごろ寝付いて12時間爆睡した♪
お疲れ様でした。


ぼくがんばったんだよー えらいでしょ
・・って、自分で報告できないけど、でもでもキミがちゃんと歩いたの、知ってるよー☆
ああ、柱の影からやっぱり見ておくべきだった・・・でも見つかっちゃったら大ヒンシュクだったろうし、仕方ないね(笑)
1時間半ぐらいかけてちゃんと歩いたこの日、いつまでもRooの心にちょっとでも残ってくれるといいな、と思う。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-06-18 07:31 | Rooのこと