楽しかった思い出

ばあばとじいじと一緒の夏休み。
お迎えには念のためRooはZacにお願いしてお留守番。
Tiggerだけ連れて行った。
3年ぶりの再会にハイテンションのじいじとばあばに怖気つつも、すぐに打ち解けたTigger。
そして、ちょっと心配したRooちゃんも、全然泣かなかったし、驚くぐらいすうぐになついたので、びっくり。
やっぱりDNAで理解できるのかしら、なんて思っていたけど。
その晩と次の日の夜は夜中にいきなり号泣しながら起きた(汗)
彼なりに環境の変化に戸惑った故だと思われるが、この二晩以降は全く問題なく、朝起きてすぐにじいじとばあばが寝てるところに押しかけて体によじ登って起こす、という荒業を展開するように・・。
ま、迷惑この上ないけど、嬉しいことです。

それ以来、にこにこしながらじいじとばあばと遊ぶようになったRoo。
ちゃんとやって欲しいことを知っている単語で表現ながら積極的にかかわっていく姿はとてもたくましい。
本当に思ったより全然スムーズで、私たちは一安心。

さっそく、いろいろなところに遊びに行きました☆
ビーチや公園、ミニ遊園地やアスレチック、素敵なマナーハウスに巨大迷路など・・・。
普段ならこんなに頻繁に外出しないかも、というぐらい毎日遠出するようにしてました。
家にいるとばあばは家事をしたがるし、逆にじいじはソファーに座ったきりで、子供とテレビ。
これじゃあせっかくの英国滞在の意味なし、やっぱり思い出作りにはおでかけしなくては、ねえ。
でもやはり二人の体調を見ながら、疲れたときは家でゆっくりして、無理せずこなしました♪
じいじにばあば、お疲れ様でした。

私の友人二人+その子供達、そして私たちの総勢10人で、ミニ遊園地へ。
ばあば、61歳。めちゃめちゃ走る。
卓球で鍛えてますから、タフです。

動物たちもたくさんいて、ポニーと対面。
すぐ裏は広大な農地。のんびり~

香港出身の友人と彼女の娘、Oliviaちゃん。
Tiggerのことが大好きなんだけど、Tiggerは照れちゃって逃げてばかり。
それでも少ししたらたくさん話し出して、二人とも終始楽しそうだった。


いつも行きたいと思いつつなかなかチャンスがなかったマナーハウスへ。
お庭と館内案内のセット料金で入場。館内は本当に美しくて、ため息。
残念ながら写真撮影禁止なので、外観だけですが。
e0160905_815259.jpg

マナーハウスの前庭。
巨大な敷地内には、きれいに刈り込まれた巨大迷路もあって、庭だけでも楽しめる。
TiggerもRooも大喜び。


・・まだまだ続きますが、今日はこのへんで・・


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-08-26 07:45 | 日本からの訪問