初日はがんばりました

今日はRooちゃん、今月から週二日通うことになるSpecial Needs Schoolへの初登校日でした。


前日に学校からいただいた学校内や建物の写真を見せて、「明日はこの学校に行くのよ~」と言ってみる。
写真を見て、前回嫌がったことを思い出したら・・とひやひやしたけど、普通にちゃんと全部の写真を見ていた。多分あまりぴんとこなかったか。
でも、今朝車の中でもう一度見せ、今からここに行くと言うと、自分の手でしっかり持って、じっくり見ていた。これはいけるかも??と期待しながら学校の前へ車を止める。そこでも大丈夫☆

が、やはりナーサリーの教室に入るドアの前で、思い出した様子。べそをかきだした。
おもちゃで遊び始めるけど、頭の中で静かにパニックになっているのがよくわかる(笑)
そして、私の手をがしっ!と握って話さない。置いてかないで~~、と言っている・・

先生と少し話して、「それではお母さん、キスをしてさよならしてください」と言われ、
Rooちゃんに「キス・・」と言うと、半べそで、いつものように、ちゅ~~っとキスをしてくれた。
そして、「バイバイ」というと、本泣きになり、腕にしがみついてきた。

「ママはまた後で迎えに来るよ、それまでバイバイね」と言いながら、Tiggerの手を繋いで入り口に移動。Rooはギャン泣きになってる(汗)
ここでつい笑ってしまったのだけど、やっぱりRooの運動神経は素晴らしい。先生に抱きしめられて抑えられてるのに、なぜかするりっとうまく抜け出して、また先生がつかみかかるのをよけながら私のほうに猛ダッシュかけてくる。しかも3回成功してた(爆)
ラグビーとかフットボールとか、できたらものすごくいい選手になりそうなのにねえ。

そして、学校の外に出ても、聞こえてくるRooの泣き叫ぶ声・・
Tiggerと二人で、「あああ、まだ聞こえるね~、大丈夫かなあ~」などと言いながら買い物へ。

心配だったけど、30分後に先生から電話があり。
私たちが去ってから数分で、すっかり落ち着いた、とのこと。
そして機嫌よくおもちゃで遊び始めたとか。とても切り替えがうまく言ったよう。
ママとのseparationの瞬間がつらいだけで、いなくなったらあきらめて自分で切り替えることができるんだろう。一年間Preschoolに通ったお陰かな。

ただ、ランチを学校で食べるのが初めてだったので。
お弁当を持たせたけど、多分あまり食べてこないだろうな・・という予感は当たり。
でもバナナやソーセージなど、大好物はちゃんと食べてたので、まあこれから少しずつ、ですかね。


お迎えの時間でも、機嫌よく遊んでてほっとした。
ちゃんと自分からPECSのカードを使用しながら、「I want paint」と要求を伝え、絵の具遊びをさせてもらったらしい。

上出来です、Rooちゃん。
明日もまた遊びにくるんだけど・・今度は全然泣かないでバイバイできるかしら。
それとも、車の中で泣き始めて、学校の前で車から降りてくれなかったり?それが一番大変なのだけど~・・


ということで、初日は結果オーライ、でした。
明日はどうなることやら・・・

ちなみに、家の中で、あまりにしつこくTiggerに「Rooちゃん大丈夫かなあ・・」と聞くので、Tiggerにあきれられた私。
「ママー、stop saying that.. Roo is fine!」って、ため息混じりに諭されたのでした(汗)



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-04 06:47 | 学校