やっぱり嫌なものは嫌

Rooちゃん、地元小学校M校のナーサリースタート一週目は花丸・120点満点でした。
いきなり初日から自分でコミュニケーションを取って行き、2日目からは泣かずに登校。
3日目は私も抱っこすることなく、一緒に走ってナーサリーの教室まで入れた。

Carynからの連絡帳には、

・初日からCommunication bookを押しのけ、自分からたくさん発話した
・動物で遊びながら”Cow, please”、Snack timeには”Apple, please”など要求できた
・2日目にはSnack timeも他の子供達と一緒に座って食べた、そして他のRoutineにも参加しだした
・Small groupで他の子供達と大人と一緒に遊んだ(周りに子供達がいても全然問題なかった、という意味で)
・水遊びしながら数字のついたアヒルのおもちゃを数えたが、例えば3を抜かして並べるとちゃんと2と4の間に入れた
・一緒に手を洗いながら、鏡に映っている自分と私(Caryn)と見て、″○○(Rooの本名)" "Caryn"と言った
・Story timeにはちゃんと4ページだけ参加できた(Carynのひざに座った)
・外遊びで追いかけっこをして遊んだが、長い時間ちゃんとアイコンタクトを取りながら遊んだ
・Tidy up timeにはちゃんと自分でおもちゃを片付けた
・自分の名前が書かれたネームタグを見せるとちゃんと自分の名前を言って、ネームボックスに戻せた

などなど、嬉しいことがたくさん書かれてあった。

多分ね、初日に、「あ、この感じ、知ってるぞ・・Preschoolと一緒だな」とRooも感じたんだと思う。
なにせ、教室内にはRooの興味を引くものがたくさんあるし。一番好きなペイント遊びもたくさんやらせてもらってる。
Rooちゃんの中で、M校ナーサリー通いが楽しいものに変わったんだろう、本当に嬉しい。

ナーサリーは、午後12時半から3時まで、2時間半。
(午前中クラスの子は午前中のみ週5日間参加、午後クラスの子も同様)
おおまかなRoutineは、
レジスター(約10分) → 自由遊び(45~50分) → スナックタイム(約20分)
→ 日替わりのアクティビティ(Cooking、Music、個別に絵本読み聞かせなど)(約30分)
→ 自由遊び、ストーリータイム、全員で歌を歌ったり、などでおしまい
という流れ。

もしRooがアクティビティなどに参加したければもちろん大歓迎だけど、自由遊びに流れても今のところは容認され、Carynがついてくれる。外遊びでもCarynができる限りついてくれるが、他の子供達とも交流するよううまく誘ってくれる。
要するに、Rooの気持ちを優先し、好きに動かしてくれ、そのフォローを無理のないようにしてくれている状態。これならRooちゃんの精神的負担も軽いし、あっという間に時間も経ってしまうんだろう。


一方のW校。
木・金曜日は、去年の9月から通っているSpecial Needs School、W校のナーサリーに連れて行く日。
いまだに号泣・・・。M校ナーサリーでは泣かずにスタートできたのに。
先週の木・金曜日両日とも朝にはまた車の中でしくしくと泣かれ、教室に入るといつものように泣きながらトイレへ駆け込む。
トイレから出てきたら涙はまだ残ってるけどだいぶ落ち着いて遊び出す、らしいけど。
できたら、泣かずににこにこと通ってもらえるのがいいのに。切ないです。

木曜日9時に学校に到着した途端、9時15分にはプールに移動してスイミングレッスン。これが去年入学してすぐの時にはプールまでの移動も嫌がったらしい。
今はプール入水は断固拒否、の姿勢は変わらないが、機嫌よくクラスメートをガラス越しに観察し、スタッフとおもちゃで遊んで待っていられるらしい。ナーサリー教諭のAlisonが、最近Rooがプールサイドにまで来るように、Rooのお気に入りの本をプール側から見せるとのこと。そうするとRooはプールサイドまで本を取りに行って、また室内に戻ってくる。これは一歩前進♪

そしてプールの後、昼食前にICT Suiteに移動。PCでインターネットができるのに、なぜかRooはこのICT Suiteが苦手で、5分と持たないらしい・・・・・なぜ??PC大好きなのに。PCがずらっと並んでいる光景が気に入らないのか。お気に入りの壁紙やウェブサイトで誘ってみても、駄目らしい・・。
先週、Alisonはまた知恵を絞って、ICT Suiteに入室した途端、Rooの写真がど真ん中に張ってある巨大な紙を床に広げ、Rooがお絵かきできるようにしてくれた。そこで落書きをしながらかなりの間とどまっていられたらしい。

そして、お昼ご飯もホールに移動して食べ、その後3時までミュージックタイムやストーリータイムなど盛りだくさん。金曜日も、日替わりのアクティビティ満載で、どれもRooは参加するよう促される。

自由時間もたくさんあるけれど、学校にいる6時間の間、Rooは自分がやりたくなくてもそこにいなくてはならないし、場所移動もしなければならない。最近でこそちゃんと従っているけど、最初は本人もスタッフの皆さんも大変だっただろう。

でも、それがRooちゃんにとって一番必要なこと。4ヶ月近く通ってきて、RooもW校でのRoutineを理解し自主的に参加しようと思ってきてくれているところだと思う。

Roo本人はもちろんわかっていないが、W校に通うようになってからRooがこちらの指示に従うことが断然増えた。まだまだ修行中だけれど(笑)。そしてランチやディナータイムも落ち着いている時間も増えた。
年齢が増して理解力が発達した、というだけではない成果がちゃんと出ている、と私はとっている。


だから、Rooが苦手であろうとも、W校での経験は後々きっと実りの多いものとなると信じているし、結局Rooが今後数ヶ月?数年?先に最終的にで落ち着く先は、やっぱりSpecial Needs Schoolだろうなあ、とも思っている。


M校ナーサリーで、Rooが楽しく本人なりにコミュニケーションを取って過ごせるのも、1年以上お世話になったPreschoolと、去年9月から通っているW校での経験があったからこそ。
Dual school placementを実践しようとしてくれているM校・W校両校とスタッフの皆さんには本当に感謝。

ただ、やっぱりRooちゃんがもっと楽しく通ってくれさえすれば、本当に何も言うことはないのだけどねえ。


M校ナーサリーの教室内にあるような水遊び・砂遊びの大きなトレイは、W校ナーサリー室内にはもちろんなし。子供達が砂や水を振り回すだけだから・・。絵の具なども、最初からは出されてなくて、時間決めだと思う。
W校のナーサリーはいまだに赤ちゃん用のおもちゃで溢れているし、パズルも7ピース用とか・・。目の前にどーんと自分の遊びたいものが置かれていない、ということで、Rooちゃんにとってはちょっと退屈な場所であることは確か。
でもでも、その分でっかいスイミングプールあるじゃないの~~
Rooちゃんが入りさえすれば、好きなだけ水遊びできるじゃないの・・・。
PCだって、やりたい放題毎週40分ぐらいできるのにねえ。まあ、追い追い、ということで。


さて、明日はまた午後からM校ナーサリーへ。第2週目、どうなることやら。
午前中にはSpeech Therapistの自宅セッションもあるので、部屋の片付けしなきゃ・・




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-01-22 23:31 | Rooのこと