絶対言った絶対言った・・・

言葉での要求もできるけど、やはりこだわりも強くなってきたRooちゃん。
大量のおもちゃを毎日ベッドにぶちまけて遊んだり、公園やビーチに行っても遊びたいものと全く興味のないものが今まで以上にはっきりしてきたり。
毎日いろいろありますが・・・これも成長にはつきものかと。
とことん付き合うぞという気持ちと、もういい加減にしてくれという気持ちと半々ぐらいでやってます(笑)
どちらの比重が大きくなるかは、その瞬間の私の気分次第なので、いい加減で駄目ですね。

その中でも、他人とのかかわりはやはりバリバリの自閉っ子ぶりをみせてくれるのだけど。
最近、Tiggerが泣くと、Rooがだだだーーっと寄ってきて、Tiggerの泣き顔を覗き込むように。

おおお、Tiggerを心配する気持ちが・・・!と思うのだけど、違う。
Tiggerの泣き顔を見て、Rooも混乱して泣いてしまうのだ。
「なんでお兄ちゃんは泣いてるのか、そしてそのお陰で僕も変な気持ちになってしまうんだ、どうにかしてくれ」という感じ。
そして、Tiggerが泣き止んで落ち着いてきた頃に、まだ泣きが入って混乱状態のRooは、またTiggerに近づいてきて頭を叩くのだ。
そして、せっかく落ち着いてきたTiggerがまた泣いてしまう、という・・・。

まあ、頭を叩くといっても、軽くぽん、という感じなのだけど。
というか、Tiggerが泣いているときに私がRooの手をもって、「こうしてなでなでしてあげてね」って言ってからやり始めたので、違う意味で取ってしまったのかも、とちょっと反省。
でも、なぐさめている様子ではなくて、完全に「なんで泣くんだよ」って雰囲気なのでね、弱っているTiggerが泣きっ面にハチ状態で、また泣いてしまうのです。

RooはTiggerの感情を感じて、自分がどうしたらいいかわからなくなるんだと思う。
以前はTiggerが泣いていても全く無視というか、目撃しても何の反応もなかったので、そう考えるとものすごい変化とも言える。
ただ、悲しいことがあって泣いているTiggerにとっても、弟がいきなりぽかりとやってくるのはとってもかわいそうなので、とりあえず二人が早く落ち着けるように間に入る私。

昨日、これがいつも遊びに行く動物園で起こって。(この経過は、ぜひ改めて記事にしたいのだけど・・時間があったら書きます}
そして、今日家の中で。Tiggerはぐらぐらする前歯が気になって触るのだけど、まだ取れなくて、イライラして泣いてしまった。
Rooちゃんが泣き顔で近づいてきたので、Tiggerが叩かれる前に二人を引き離す私。
すると、半泣きのRooが、

「Are you sad?」

って言った・・・
というか、そう聞こえた。

まだTiggerは前歯のことで泣いてるのに、思わず
「ねえねえTigger、今Rooちゃん、Are you sad?って言わなかった??」って興奮して聞いてしまった(笑)もちろんTiggerは聞こえてないし、まだ前歯に夢中(笑)
そこで、またRooの手を取ってTiggerの頭に持っていき、「こういうときはなでなでしてあげようね」と言い、Rooに、「Did you say ”sad”?」と聞いてみると、
「sad・・」と言った。
でも、これは私の質問に対する単なるオウム返しだと思う。

いや~~、絶対に、Are you sad?って言ったよ・・・
「あゆー、さっ(ど)?」って聞こえたもの・・・
いや、それともやっぱり私の空耳だろうか・・・


今となっては、真実はわかりませんが。
言ったのであったら嬉しいな~、というお話でした☆



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-06-03 08:19 | Rooのこと