新学期初日・お約束の大パニック(汗)

いや~冷や汗だらだらでした・・。

Tiggerは普通にさくっと学校に行ってくれたので本当に助かった。
今回初めて、初日の朝に「I don't want to go to school・・」って言わなかったかも♪
長い夏休みの後なのに、成長しましたな~
さすがにYear2(日本では小1)ともなると、宿題もたんとでるようで。
親子でがんばらないとね。

そしてRooちゃん。夏休み中からしつこいぐらいに今日の学校初日を伝えていたけど、反応があまりよくなかったので、本日はわざと朝の予定を言わず。
これを言ってしまうと、車に乗らなくなって2階の部屋に閉じこもって完全拒否の恐れがあったので。Rooだけならともかく、Tiggerの学校に遅れるのはフェアじゃないし。
でも、制服のズボンをはかせたときにわかっちゃったみたいで。当たり前か。
学校のロゴの入ったジャンパーは完全拒否。そのままとにかくいい流れで車には乗ってもらった。

Tiggerを学校に降ろした後、Rooは車の中で「I want・・go home」と自分から言ってきた。
Rooちゃん、ナイス アイコンタクト! でもごめん・・学校には行かないと・・
「You are going to your school!」と言うと、2分ぐらい固まって、うえ~~と泣かれた・・。

うーん、やはりナーサリーとは違うクラスに行くことはちゃんと理解しているので、こうなるか。
そのまま正門の近くに駐車しても、降車拒否。
しかたなく抱えて校内に連れて行く・・が、床に寝転がって拒否・・

通りかかった先生の助けを借りてなんとか歩かせようとしても、体中突っ張って拒否するので、仕方なくまた抱える。重い・・
そこへ、Rooのクラスメートとなる子供達が先生に先導されて保護者と一緒に違う入り口から入ってきた。(Rooは他の生徒たちが使う入り口を嫌がるのでつかえない)
・・みんな今日が初日なのに、だ~れも泣いてないし(汗)
一人ぐらい泣いててもおかしくないのに、みんなめちゃめちゃ落ち着いてる。

コートやバッグ置き場を教えてもらうが、Rooがパニック状態で部屋から飛び出そうとするので、とにかく落ち着かせないといけない。
でも教室を見回しながら、泣いてるけれどちょっとずつ興味を持っているのがわかった。
ナーサリー時代から毎週火曜日に遊びに来ていた教室だから、なじみはあるのだ。
ただ、ナーサリーに最初に行く、という今までのroutineから離れられないだけ。

先生にお願いして、号泣のRooを置いていくことに。
とーっても後ろ髪引かれたけど(Rooを思って、というより、先生に申し訳なくて 笑)

そして、その後お迎えまで、私は2人の友人と我が家でお茶の時間♪
もちろん子供達の話ばかりだけど、久しぶりにのんびり・・・
つかの間の休息でした。


お昼前に迎えに行くと、ちゃんとクラス内で普通に遊んでいた。
これはよかった、と思ったが、私の姿を見た途端、Rooちゃん再びパニック!
「Go home~~~~~ Go home~~~~~~~!!」と叫びながら飛び出していってしまった。

なが~い廊下にひびくRooの叫び声・・・
すると、追いかける私の前にいた先生が、走ってくるRooの前に通せんぼのように片手をすっと伸ばしながら、
「No, Roo, stop. Don't run.」
と、よく通る力強い声で言ってくれた。
その途端、Rooはぴたっと走るのをやめた。叫び声も。
とってもいい指示の仕方で感謝。


・・まあ~、こんな感じで・・・
予測はしていたけど、やっぱりそうか・・(笑)
クラス内では、すぐに泣き止んで遊びだしたらしいけど、やっぱり正面玄関近くにある水槽めがけて2回クラスを脱走したらしいし、スナックも飲み物も手をつけなかったみたい。というか、多分今はまだクラスメイトと一緒に座ることを拒否してるんだろう。
少しずつ、少しずつ、ね・・。
救いは、クラスメイトの子供達が皆とっても優しいこと(泣)

それでも、やはりとても刺激的な一日であったためか、
学校が終わってからの発話とアイコンタクトはいつもより多かったし、
庭で遊んでいた時間もここ最近では一番長かった。
どうなることやら・・ですが、ゆっくり様子を見て行きましょう、と先生方が言ってくれているので、少しずつでも毎日変化が見られることを期待して・・明日もがんばろう☆


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-07 05:53 | Rooのこと