健常児+自閉症児兄弟子育ての壁?

Rooちゃん、今週は快調な滑り出しだったようで、一安心。
トイレは・・相変わらず行けなかったのだけど、どうしてもどうしてもトイレに行かなきゃ!という状況になってしまい、泣き出してしまったそう。
それでもふんばって下着を汚さなかったRooちゃん、よくやった・・。
非常事態として、夏前まで通っていたナーサリーのトイレを借りたそうです。よかった。
・・それよりRooちゃん、どうにかトイレに行きましょう・・。あれこれ策を練ったけど、そろそろアイデアも限界なのだよね・・。どうしたらすんなり行けるようになるかしら。
イヤーマフは、あまり効果なかったようで。するのを嫌がらないけど、別に必要ないと本人が思っている様子。
ということは、聴覚ではなくて、視覚的に何かが嫌なのか??
きっといろいろな要因が混ざり合ってるんだろうな・・。うーん。


さて、今日はTiggerのこと。

親ばか炸裂になるけれど、本当にTiggerは勉強もがんばるし、基本的に優しい性格だし、母親としてTiggerのような息子を持てたことは本当に嬉しい限り。結構内向的なところがあるのだけど、私もそうだし、うちの家系でもあるからそれはそれで個性だと思う。
昨日の日曜日、ベッドタイムの30分前に「宿題の本を一章だけ読もうか?」と誘い、Tiggerが音読を始めたのだけど。
「僕この本全部終わらせる。」 と言って、なんと1時間10分の間休憩も取らず、64ページ全部読んでしまった。途中で目も赤くなり、眠気のせいで目をこすったりもしてたのに。
Year2だけど、Year5の生徒が読む教材を読んでいるTigger。すごい集中力と持久力だったよ。よくやった!

こんなTiggerですが。
こちらが申し訳ないと思うこと。
Rooちゃんとの生活の中で、弟と一緒に遊んだり、いい意味で何かを競争したりということが普通の兄弟より少ない。そして、最近特に思うことは、普通の兄弟が普段普通に行くような場所に連れて行けないので、どうしてもSocial skillが偏ってしまっていること。
そして、そんな偏りが最近顕著に見られるようになって、私は少し凹んでます。

男の子は普通買い物はそれほど好きではないと思うけど。
Tiggerの場合、異常に嫌がる。ものすごく居心地悪そう。
欲しいものはおもちゃだけ・・これはどの子供も同じか。それにしても、こちらが戸惑うぐらい、すぐに「家に帰りたい」と言う。
Rooが2歳ごろから今までの3年間、二人を連れてタウンセンターのような人混みに来たのは多分ほんの数えるほど。どこかでゆっくりお茶したりご飯食べたり・・なんてしたことないし。
それに、Tiggerはもうすぐ7歳になるというのに自転車に乗れない。
Rooをどうしていいかわからなかったので、練習に連れて行ってあげられなかったから。本人が「自転車の練習をしたい」と言ってるのに、なかなか気が進まなかったのは私。
今家にある自転車はTiggerにはもう小さすぎる。処分してもいいのだけれど、Rooちゃんが乗るかも・・と淡い期待を持ってしまっていて、捨てられない。Rooちゃんが自転車に一人で乗れるなんて・・一人で歩けもしないのに、高望みなのはわかってるんだけどさ。

それになによりも、TiggerとRooと一緒に遊びに出かけても、Rooの後を追いかける私がTiggerをせかしてついてこさせることばかりなので、Tiggerには面白くない。
それでもいつもけなげについてきてくれていたのだけど、ついjに先日、おなじみの動物園でTiggerは完全別行動を試してみたかったようで。私がRooを追いかけている間に、さっと反対方向に行ってしまった。
呼んでも全然帰ってこない。私の姿は見えているのに、それでもずんずん一人で行ってしまう。
それなら・・と私も少しそのままにしてRooとライオンのあたりをうろうろしていたけれど、一向に帰ってこないTiggerにイライラして、半ば強引にRooを連れてTiggerを探しに行くと。

ふらふら~っと入り口付近を歩いていたTigger。
私の姿など確認もせず、いきなり動物園出口から出て行ってしまった!
目の前は駐車場。車も通ってくる。そして再び入場するにはまた係りの人が居るブースを通らなければならない。

ふつふつと怒りが湧き上がる私は、怒鳴りたいのを我慢しながらTiggerに近づき、戻ってくるように言った。そうすると、出口の柵を無理やりよじ登ろうとする。「だめ!ちゃんと入り口から回りなさい」と何度も行っても、「ママが係りの人に話してよ~、でないと入らない」と全然聞かない。5分ほどしてようやく入り口から回ってきた。
「何で一人で動物園の外に出たの!危ないんだから絶対にもうしない!」と強く怒っても、ふてくされるだけ。
全然楽しそうじゃなくて、こちらが悲しくなる。

結局その後はちゃんと好きな動物を見て回って、それなりに3人で楽しんで帰ることができたのだけど。
遊具もたくさんあるのに、3人で何が見たいか順番を決めてゆっくり回りたいのに・・普通にやりたいことがなかなかできない3人組。Tiggerも私も、いつもちゃんと自分たちのしたいことをできた試しがないし、Tiggerの気持ちはわかるけれど。
最近年齢的に反抗的な態度が増えてきて、独立心も半端に芽生えてるから、やっかいで。


そしてなによりも一番ショックだったこと。
Rooが5歳になったので、地元の自閉症児グループのプレイグループに登録した。地方自治体からRoo宛に予算が下りるので、そのおかげで無料で2週間に一度の土曜日、3時間預かってもらえるようになった。
先月から2回参加したが、最初は泣いてしまうRooも15分ほどすると落ち着くようで、2回ともまあ成功といえるかな。
なにより、土曜日の午前中をTiggerと二人の時間に当てられる!(Zacはだいたいこの時間はジムに行くので)
これはかなり嬉しい。いつもいつもTiggerが友達の家に遊びに行ったりしてRooと二人では出かけるけど、なかなかTiggerと二人では出かけられないから。貴重なTiggerとのデートの時間と思い、私はとても楽しみにしていた。

1度目、Rooが初めてプレイグループに行った日は、タウンセンターでTiggerの友人親子と待ち合わせして図書館やら買い物やらのんびり過ごした。楽しい3時間だった。
そこで、先週の土曜日には、ぜひTiggerと二人っきりでどこか行きたいな~と思った私。
「今日はRooちゃんがプレイグループに行くから、ママと二人っきりでどこに行きたい?何したい?」と聞くと。

Tiggerは特に嬉しそうな顔もせず、「Nothing・・・・」と。
大ショック。

ローラースケート場やら公園やらビーチやらいろいろ提案するも、全然だめ。
唯一つ彼の心を動かしたのは、「一緒にタウンセンターに行ってくれたら、ちっちゃなおもちゃを一つだけ買ってあげるよ・・」という提案。
そこでタウンセンターにぶらっとでかけ、1ポンドのシュレックのおもちゃを買い、カフェにいってケーキでも食べようか、と提案しても「家に帰りたい」と言われてしまう。
その後自転車ショップによってTiggerに合いそうなサイズの自転車を物色し、今度Zacと買いに来るということで帰宅。
家に着いた途端、いそいそとおもちゃで一人遊びを始めるTigger。
いつものパターンだよね・・ママは家事で忙しいし、Rooは一人の世界だし。

Tiggerは、もう私と一緒に何かをしたい、なんて願うことはとっくにやめちゃったんだろうなー・・と寂しく思う。
それよりも友達と共通の話題で盛り上がるほうが楽しい!と思っていることは確か。
この年齢にありがちな成長で、受け止めないといけないんだろうけど、それでも何かを満足するまで一緒にやった、という思い出があまりないままだととてもつらい。
だって、ここ数年は、Rooちゃんを追いかけてた記憶しかないんだもの。

いまさらながら、少し挽回しようとしたけど、あまり効果は期待できないのかしら。
まあ普段の生活は普通に笑いが絶えないTiggerと私なんだけどね、いろいろ外出先での思い出がもっと欲しいんだよ・・ということです。
それでも諦めずに、また2週間先の土曜日に二人で何かやりたいなあ・・・と思う。

めちゃめちゃシャイでスポーツ嫌い、人混みが苦手でスーパーヒーローが好きな6歳、そして体型はすっかり9歳児・・の彼と、何をしたらいいのやら~
ボーリングかローラースケートしたかったんだけどなー、手ひどく却下されたよ・・・しゅん。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-10-05 05:38 | Tiggerのこと