忘れないうちに

ちょっと嬉しかったので、忘れないうちに書いておかないと。

ハーフタームで、学校は11月の1日までお休み。
今日の日曜日、寒かったけどまたいいお天気。
Zacは夜ライブに行くので、私とボーイズでおでかけしたい、さてどこ行こう・・と考えて。
うちから40分ほど車で行ったところにある、ファームとインドアプレイエリアが合体した場所に行くことにした。
1年以上ぶりだから、二人とも喜んでくれるかな?と思って。

でもでも・・もうTiggerにはちょっと向かないなあ。
子供たちも、赤ちゃんから4,5歳ぐらいまでが大半だし。
Tiggerより大きい子たちもいたけど、明らかに赤ちゃんの兄弟姉妹のつきそいって感じだった。
おかげで、到着して1時間もしないうちに「家に帰りたい」と言い出すTigger。

だけど、Rooにはちょうどいいぐらい。
動物もいるし、遊具たくさんの広いアウトドアエリアもあり、かなり大きな砂場やトラクターのおもちゃあり。
もちろんインドアの遊具(ボールプール)も大喜び。
これはかなり予想外だったのだけど・・・赤ちゃん用のおもちゃがたくさんある場所で延々遊びたがった。
だって久しぶりだもの。それに「これは赤ちゃん用だから、遊んでたら恥ずかしい」なんてちっとも思わないわけだし。
でも、1歳ぐらいの男の子がRooが遊んでいるおもちゃに触ろうとして、「No」と言いながら手を押しのけた時には、さすがに私が気まずい思いをしてしまい、なんとかRooを説得してささっと立ち去りましたが。


そして、以前は農場の納屋だった場所にある、大きな砂場で遊んでいた時。
Rooは大喜びで、砂場から離れなくて、ちょっと飽きてきたTiggerは外のClimbing frameへ。
少しして戻ってきたTiggerは、「もう飽きたから家に帰りたい」を連発。
「I want to go home」ばかりを繰り返す。
わかったからもうちょっとね、Rooの気が済んだら・・とやりすごしてたが、あまりにもしつこいのでいい加減私もイライラした矢先。

砂場で親権に一人遊びを楽しんでいたRooが、Tiggerのそばに来て袖を触り、

「〇〇(←Tiggerのニックネーム)・・・」
「Let's play with sand・・」
「Come on then・・・」

と言いながら、Tiggerの袖をひっぱって、砂場に連れて行こうとした!

これは驚きです。
もちろん、発音はいつものRooらしく、「えっつ、ぷりぃえい、うぃず、さーんど・・・・」って感じだけど。
しかも、「Come on then」で、首をくいっとまげて、まさに誘ってる態度。すごいすごい。


たくさんいろんなフレーズを言えるようになったし、要求したいことはちゃんと単語だけでも伝えられるし、テレビやDVDなどの場面や歌などの暗唱もひっきりなしだけど、それでもなかなか社会性はのびなくて。
学校のクラスでも最近は本当にいい調子だけれど、それでもクラスメートの子供たちと一緒に遊ぶことはほとんどなくて、いつも誘われるけどRooは知らん顔・・という状況ばかりらしいので。
こんな風に、自分から誰かを言葉で誘うことができるのは嬉しい。
お兄ちゃんとだったら、できるんだよね・・家でも、お兄ちゃん相手なら割と似たような誘いかけはできてたし。
でも、なんとか友達を誘えるようになったらいいなあ。




Rooちゃん、ぜひお友達も誘ってみようね。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-10-25 07:38 | Rooのこと