無事でした!!

今朝明け方5時ごろ、電話が鳴って。日本の母より、涙ながらのメッセージでした。
「姉と連絡取れました・・・」と!
家族4人無事のようです。本当に本当によかった。
心配してコメントくださったくまこさん、2keizさん、Sachi、どうもありがとう!

あちこちで、人探しの手伝いをしようと、ウェブサイトをきっと徹夜で開発管理してくれている会社・自治体・あるいはボランティアなどの人たちがいるのですね、救助や必要物資の配布、救急医療に飛び回っている人だけでなく。今回、色々調べれば調べるほど、被災者の情報を刻々とアップしているところ、津波後の航空写真を公開しているところ、各県の避難所情報など、次々とヒットします。
それが、どれだけ一人の人を探す手がかりになるかは状況次第ですが、それでも探しているほうとしては心強い限りです。ありがとう。

母は、叔母の地元のHPに掲載されていた津波後の気仙沼の航空写真をにらみながら、記憶を頼りに叔母の家を見つけ出したそうです。倒壊せずに残っていたのを発見し、きっと生きてる!と信じ始めたそうです。
きっとNTTの無料電話回線からか携帯からか、連絡が来たのでしょう。安心しました・・・。
ここでも、毎日被災者のためにがんばってくれている人たちの力を感じました。本当にありがとう。

ただ、せっかく地震や津波から逃れられたのに、餓死したり凍死する人たちも出ていると言うことで、悔しい限りです・・・放射能汚染が激しい地区には自衛隊も救助に来られず、食料もガソリンもなく孤立状態だ、逃げたくても逃げられない・・という地元の方からの叫び・・・・つらすぎます。

義援金は、多分続々と世界中から集まっていることでしょう、きっと既に膨大な金額になってるはずです。
どうか、今この瞬間に生死の狭間にいる人たちを救うために、その義援金を使って何か、早急に、援助を急いでください。お願いします・・・・




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-03-17 21:23