クリスマスまでにはなんとか・・・

クリスマスまでに後二つAssignmentを仕上げないといけないので・・。
今から年末にかけて、かなりハードスケジュールになりそうです。
クリスマスショッピングに行く暇がないかも・・・・

といいながら、実はここ1週間の間に45分ほど離れた都会まで2回も出かけるチャンスがあって、しっかり自分の洋服だけ調達してきました(笑)
あ、でもこまごまとしたプレゼントも買えました。満足。
他の人たちへのプレゼントはネットでショッピングになりそうかな。

Rooちゃんは先週の木曜日の夜に、寝ながらいきなり吐き、その後朝までずっと一時間に一回ぐらい起きては腹痛を訴えてました。かわいそうだったな・・・。
4時ぐらいかな、「tummy(おなかの意味)...help....」と何度も言うので、こちらもかなりつらくなり、「朝になったらDoctorに連れて行ってあげるから、ちょっと寝よう」と言うと、「Doctor...help...」と泣きながら訴える。
とってもつらそうで変わってあげたかったけど、もう私も限界だったので、
「そうはいっても、今は何もできないのよ~、ママは今は何もできないの」
と英語で言った途端、

「....... try .......」  と言われた(爆)

いやあねえ~・・自閉っ子だからって見くびってはいけないのです、こんな状態でもちゃんとわかってるのね。


翌朝、早速医者に連れて行って、胃腸炎の薬を処方してもらって。
この薬を手に入れるまですったもんだもあったんですけどね。
実は3軒もPharmacyを回ったのにないといわれ、実はこの薬はストックには普通ないものだったで。最後に行ったPharmacyの薬剤師さんに、「同じ効果を期待できるほかの薬に変えないと今日中には手に入らない」と言われ、もう疲れ限界のぐずぐずRooちゃんをおんぶして、また医者に戻って処方箋を書き直してもらって・・・なんて、ぐったりの午前中を過ごす羽目に。

それでも昼寝をたっぷりして、結局この日もかなり吐いたけど、夜にはだいぶよくなりました。
その夜からは全然吐かず。苦労して手に入れた薬が効いたようで、ようやく安心。

それにしても。
この日のGP訪問も、前日に行われたSpecial Needs SchoolでのParent interviewでも、Rooちゃんはやはり変化に弱いので、いつもとのスケジュールの違いに対応しきれず、とってもつらそうだった・・・。
ちゃんと見通しは立ててるんだけど、そして本人もわかってるんだけど。
Parent interviewは4時半からだったので、TiggerとRooを連れて行くしかなくて。Rooちゃんは特に一度自宅にバスで戻ってきてからまた学校に戻る、というのがつらかったようで。前の日から何度もスケジュールは確認してわかっているけれど、いざ学校にその日2度目に到着した途端号泣・・・・
結局私が先生と話している間の20分は、最初は号泣、そのうち落ち着いてきたけれど結局帰りたいモードは変わらず。
金曜日の午前中も、医者に行くのもちゃんと納得していて、ちゃんと待合室に座ってるんだけど、医者に呼ばれた途端号泣・・・。そして、おなかを見せたりするのも拒否。これが大事なのにねえ・・。先生もお手上げ。難しいです。

いろいろまだ書きたいけれど、Assignmentに戻ります~、しばらく写真もアップせずにシンプルにいきますわ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-21 07:56 | Rooのこと