昨日のカレッジはつらかった・・・

昨日はカレッジでの講義の日でした。
いつもこの時間はZacに自宅に来てもらって、ボーイズと一緒にいてもらってます。
これがガールズナイトアウトだったらどんなに嬉しいかしらねえ~・・・と思いながら、カレッジに向かうのですが。


昨日はいつものTutorがセレモニー参加のためにお休みで、もう一クラスとの合同授業で。
私のいるクラスはわりと非イギリス人率も高く、リラックスした雰囲気。なかなかちゃんとしたディスカッションに発展しないのが気になるけれども、基本的にわかりやすくてやりやすい。
しかし、もう一クラスのほうは、現役TAとして仕事をしている人の比率も高く、Tutorもかなりつっこんだ話を好むので、2時間フルにディスカッション。しかも、全員イギリス人、つまり英語母国者。

もうね、脳みそがぴきぴき悲鳴をあげてましたね、昨晩は・・・。

おかげで帰宅後、夜の10時半過ぎには眠すぎてダウン。
朝まで熟睡するかと思ったけれど、明け方4時ごろにぱきっと脳が目覚めてしまい、そのまま講義の一人フィードバックが脳内で始まってしまう始末・・・。
もぞもぞ動いていたので、Rooちゃんまで起こしてしまったようで、二人で結局6時過ぎまで寝れず。
そのまま起きる羽目になってしまいました。


なんだかな~、こんなに知識豊富でやる気と自信に満ちたイギリス人の人たちでさえなかなかTAの仕事にありつけない現状なのに・・・どうやって私は将来仕事を見つけることができるんでしょうね~。
私でこそ貢献できることとは??って、考えれば考えるほど、白人イギリス人率がかなり高い今の小さな町では不利だなあ・・と実感します。
もっとMulti-culturalでESL(English as a Second Language)の人の率が高い地域に引っ越さない限り、面接にもいけないのが現状ですね。

去年からわかっていたことだけれど、もういやというほど実感したので、がっかりです。
まあ、こんなもんでしょうね~、なぜか私が仕事を探そうとすると大不況に当たってしまうという運命ですから・・・。
ま、とりあえず資格だけはきちんともらえるようにがんばるわ。
仕事にありつけなくても、このままなんとかボランティアで続けていくしかないみたいだわ~。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-26 07:13 | TAへの道