初めての面接・・そして合格!

なんと、とんとん拍子にことが進んで、うちの町内の小学校での仕事の面接に受かってしまった!!

といっても、Teaching Assistantではなく、Mid-day supervisor という仕事です。

日本の小学校にもこの仕事はあるんでしょうか・・・ランチタイムとその後の休憩時間に子供たちのActivitiesを管理するのがメインです。
だいたいどこの学校でもランチは学校のホールで食べるのだけど、生徒全員は入りきらないので前半は小さい学年の子、後半は大きい子、と別れていて、ランチタイムには食事のマナーをメインに監視しながら、子供たちの指導。
そして、その後は校庭、あるいは教室内で、休憩時間のActivitiesの指導。子供たちをグループごとにいろいろなActivitiesに誘ったり、皆が楽しく参加しているか、いじめられたり、普段と様子の違う子はいないか、チェックして指導する仕事です。

Teaching Assistantより、全然責任感の軽い仕事で、まずはなんとしても学校で働いて経験を積みたい、と思っている私には最適の仕事だと思います☆
なにより、毎日たったの90分の仕事だし、長期休みはもちろんお休み♪
お金にはならないけど、ボーイズが休みの時には家にいられるし、文句なしの仕事です!

2週間前ぐらいに募集を見つけて、先週の金曜日締め切りに間に合うように書類を提出し、
今週の月曜日に「面接に来て来て下さい」と言われ、今日行ってきました。
Head teacher(校長)とFinancial managerの二人との面接。
緊張でどうにかなるかと思いましたが、とってもリラックスした雰囲気の中、できるだけ言いたいことは言えました。そして、本日4時過ぎに結果を電話します、と言われ、どきどきして待っていたら、Headから「Good newsです、ぜひうちの学校で働いてください」と言ってもらえました~~♪

こ~んなイギリスの田舎町で、学校の9割が地元の白人の生徒たちの中で、正式にSchool staffに選んでもらえて・・・嬉しいよう~~~~
Teaching Assistantではないけれど、もしこの仕事で認められたら、TAとして将来仕事の応募があったときにApplyしやすい、というメリットもあるし。実際にMid-day supervisorからTAになった人はとっても多いので、期待も大です。

4月からの仕事のはずが、州のCRBチェック(過去の犯罪歴の有無を証明する書類で、学校勤務には必須)も済んでいるので、Headから「いつからでも働いてもらってかまいません」と言ってもらえました♪
なので、2月の後半ぐらいから働こうかと思ってます。

とっても嬉しいです。週に7.5時間しか働かないけど、学校での正式な仕事の始まりとしては十分かも・・
どきどきするけど、とにかく楽しみです☆

ちなみに、ランチの指導ですが。
食べ物を残す子供たちに無理強いすることは厳禁!なのです・・・
食事のマナーは指摘するけれど、たとえば嫌いなものを食べない子や、デザートだけ食べて後は何も食べなかったりする子に「ちゃんと食べなさい」と強要することはできないそうだ・・・・
なんで?なんで?? たとえ本人が嫌がっても、栄養のバランスを考えてきちんといろいろ食べられるようにするのが指導なんじゃないの??と思うのは、日本人だから。
イギリスでは、学校での食事を子供に無理強いすると、親からものすごいクレームがきたりします・・・
子供の健康より、それぞれの家庭での食生活の習慣を重視。まったくもってイギリスらしいです。

がんばるぞ~~☆



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-01-26 07:39 | TAへの道