自閉っ子と結婚式・・大丈夫??

去年の3月に従兄弟がパリで結婚式を挙げたので、ユーロスターで駆けつけたのが懐かしい。
お嫁さんの海外挙式希望+私とボーイズが参列できるようにヨーロッパで、ということで、わざわざパリにやってきて挙式してくれた、と言う経緯があったので、本当に嬉しかった。
だってRooちゃん今だに飛行機搭乗拒否ですからね、日本帰国が難しいのです。
でも多分今年か来年にはTiggerと二人で一週間ぐらい帰る予定してます。だってTiggerは日本に行きたくて仕方ないから。Rooちゃんは前旦那に任せるしかないかな・・。

あの時の、パリでのいろいろは、去年の日記に書いてありますが。
まあいろいろありましたからね 汗
本当に親しい家族のみの夕食会でよかった・・・・・と心底ほっとしましたよ。

挙式自体はなんとかやり過ごしたけれど、教会の後ろ~のほうに常にいました・・。
そしてお嫁さんのご家族はパリには参列しなかったために(数ヵ月後に日本で披露宴を行う予定だった)、家族全体の写真は撮らなかったので、Rooちゃんはなんとか持ちました。


さて、この5月に、Zacの弟が結婚します。
お嫁さんになる彼女、Sちゃんとは2年ほど付き合っていて、既に二人は一緒に住んでいます。
彼女はとてもかわいらしい人で、服飾系の仕事をしていて、絵心もあり、なかなかのアーティスト肌。
なので、自分のウェディングの準備も「完璧に」しているわけです。(本人談)
ドレスにも挙式場所にもこだわり、テーブルの上に置くゲストの名前カードも、Zacのお父さんが全員分完成させた後に、まさかのダメだしにて、すべてやり直し!!!
と、Zacのお父さんはぼやいてましたが、そうはいっても彼女が主役ですから、これは気に入るようにやってあげないといけませんからね。


e0160905_833864.jpg


e0160905_825152.jpg



挙式と披露宴を行うホテルからお借りしました。
素敵なところでしょ。

・・・でも、そんな、完璧なウェディングになる予定のところに
Rooを連れて行っていいのか???

いや、もう結構です、と言いたいところなんですけど、Zacの両親が・・・
熱心に熱心になんとかボーイズを参加させたい!と意気込みを見せてくれてるのです・・・・

ありがたいんですけど。でもね、この結婚式、アダルトオンリーなんですよ!
子供はお断りだそうです・・・いまどきそんな・・と思ってしまいますが。
参加者で子供がいる人は家族か友達に預けてこないといけないらしくて。
その理由が、Zacのお母さん曰く、
「子供がたくさん参加してくると、全く違った結婚式になってしまうでしょう。」
・・おポッシュだわ。

でもZacのお母さんは、Sちゃんの二人の甥っ子くんと、TiggerとRooだけ特別に参加できるのよ、と言ってくれている。つまり、100人ほどの参加者の中で、子供達はたったの4人。
・・ありがたいんだけど。でも、Sちゃんの甥っ子くんはまだ2歳と4歳で、うちのボーイズと遊んだりは無理。
そして、Rooちゃんですよ。知らない人たちだらけだったら、絶対に、
「I'm going home!!!」
が出てしまうよ。もうどうしましょう。


・・こんなかんじで、実はもう1年前から決まっていたこの結婚式には、挙式にだけ参加させてもらってReception(披露宴)は遠慮することにしていた。なにせZacはBest Manだし、ご両親にとっては初めての息子の結婚式になるので、RooとTiggerは必然的に私と一緒にいる時間が多くなるはず。そして、食事の時に席を立ったりしちゃうだろうし・・・私がRooを追いかけると、Tiggerもきっとついてきちゃうだろうし・・・
なんていうか、とにかく目立ちたくないし・・。
でも、絶対に、目立つから。
なにより、「Going home! Mummy's car!」なんて立て続けに言われちゃったら、もう私耐えられないし・・・・

と、確信があったので、言いづらかったけど、Zacの両親にその旨を告げたのが今年の初めだったかな。
でも、やっぱりせっかくだからReceptionは出てちょうだい、途中で帰ってもいいから、と言われていて。
それでも渋っていたら、Zacのママさんたら、
「じゃあ、皆で一度式場となるホテルに行きましょうよ!Rooちゃんも一度行った場所ならきっと落ち着いていられるかもしれないわ」
なんて提案してくれてですね・・・それで、先週の日曜日、行ってきましたよ・・・。

長くなっちゃったので、続きは今度・・







↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2013-03-27 08:24 | Rooのこと