Tiggers don't like honey.

e0160905_7593646.jpg



うちのTiggerの大好きな本、

”A World of Winnie-the-Pooh”。

くまのぷーさんの原作本。
ディズニーが世界のどの子供たちにも受けるようにと完全にオリジナル化させてしまったPoohたちとは全然違う、原作独特の不思議な雰囲気がものすごく魅力的。
TiggerはもちろんTiggerキャラクターが大好き。

ここ数ヶ月、Zacがうちに来ている時のベッドタイムストーリーこればかり。
しかも大好きなお話を繰り返し繰り返しリクエスト。
そのうちの一つはもちろん、
”Tigger Comes To The Forest And Has Breakfast”。
お陰で、我が家のTiggerは、お話の中に出てくるこの詩を完璧に覚えてしまった。


What shall we do about poor little Tigger?
If he never eats nothing he'll never get bigger.
He doesn't like honey and haycorns and thistles
Because of the taste and because of the bristles.
And all the good things which an animal likes
Have the wrong sort of swallow or too many spikes.


すげーーー。って、ただただ感心するだけの私。
thistlesってなに??ってレベルだもの、私なんて。
最初、Tiggerはrhymeしている単語だけ覚え始めて、それだけでもすごいすごい、なんて言っていたけど、1ヶ月もほぼ毎日のようにこの話をベッドの中で聞いていたら自然に詩全体を覚えてしまった様子。
私は、ほけ~っと隣で聞いてるだけで、話の内容もいまいち全部頭に入ってないんだよね。
自分の興味のあることに関しては、子供って本当にすごい記憶力の持ち主だなあ。
しかも、詩だけでなく、話全体も覚えてるから、PoohとTiggerの会話も最近は既に記憶してる。その記憶力、私にも分けて欲しい。

Rooも、ふにゃふにゃと独り言を言いながらもなにげにちゃんと話を聞いているみたいで、happyとかTiggerとか、自分がよく知っている単語が出てくると、「はっぴ~」「てぃが~」とちゃんと繰り返していて、とてもキュート。
たまに眠いのにベッドの上で飛び跳ねたがったりする時は、私が何度もNoと言いながら押さえつけるようにベッドに寝かすので半べそかいたりするけど、それでもZacがかまわずストーリーを読んでいるといつも最後にはあきらめて静かに寝付く。
Poohに助けられてるベッドタイム(笑)

ちなみに、Zacがいない夜は私がいつもアンパンマンの絵本を二人に読む。
Zac担当のPoohストーリーの時はTiggerはいつも興奮して、ベッドに寝そべりながらべらべらと話の内容についてZacに話しかけたがり、私とZacの二人にもういい加減に寝なさいと言われてしまうのだけど、私が読んでいる時はちゃんと黙って聞いていてくれる。
ママ一人だと僕とRooのお世話大変だからね、僕ちゃんとgood boyでしょ・・と言ってくれる、優しい子。
だからZacがいる時はしっかり者のお兄ちゃんから無邪気で甘えん坊なTiggerになれるんだよね。

そして昼間はディズニーのPoohのDVDを見るボーイズ。
二人ともほとんどのシーンで動きや台詞を覚えてしまってるぐらい何度も見てるし。(もちろんRooは音や一単語の台詞を言うだけだけど、言えてない部分もちゃんと覚えてるのがわかる)
Pooh熱はこれからもしばらく続きそう。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-11-18 07:37 | Tiggerのこと