少しずつ・・

最近だいぶPECS(Picture Exchange Communication System)の使用量が増えてきたRoo。
なかなかスピーチがはかどらないRooにとって、PECSは強い味方。
Preschoolでもスタッフが力を入れてくれて毎日10回以上は使用するようになったらしい。

PECSの使用については、まず一枚ずつのカードを相手に渡すことから練習するのだが、わりとすぐにそのスキルを身につけたRoo、夏前に始めたPECSのカード内容が物足りなくなるぐらいだった。そこで、カード内容を充実させるとともに、前回のST(スピーチセラピスト)訪問からセンテンスカードに挑戦することになった。
センテンスカードとは、ただ単に、"I want”という概念をあらわす、四角いものをとろうとしている手の絵の次に自分の欲しいカードをはりつけて、二枚のカードを一度に相手に渡す、というだけなのだけど、今まではCommunication bookから一枚ずつ直接はがしてそのまま相手に渡していた動作がいきなり、
1 欲しいカードをC bookから探す
2 ”I want”カードの横に自分の欲しいもののカードを貼りつける
3 その2枚のカードが貼ってあるボードごと相手に渡す
という段階を経ることになるので、3歳児にとってはかなり大きな変化。

それでも、たった一度トライしただけで、あっけなく習得してしまったRoo。STも、「こんな短時間で習得した子供は初めてよ」とびっくりしていた。でかした、Roo。
以来、いつもしつこく”I want”カードの横にカードを付けさせ、私が「I want...」と言うと、Rooは即座に「ばぼ~(bubble)」とか「じゅ~す~」と言っていた。
おお、ちゃんとI wantの次に自分のしたい・ほしいアイテムを言う、というシステムがわかってるのか、とわかってびっくりした。
もしわかってなかったら、私が「I want... bubble.」と言うまでbubbleとリピートできないはずだから。これはなかなかいいスタートだ、と思っていた。

そうしたら、ここ数日、私が”I want...”と言い出すと、「あ、うぉ・・・」とRooが言うようになった。
「あ、うぉ、じゅ~す~。」
「あ、うぉ、え~あぷれ~ん(aeroplane)。」
おおお、えらいぞ、Roo!

今まで1単語以上使用して言えたのは、I knowとかThere you areとかGood nightとか、expressionまたはフレーズとして覚えているものだけ。まあそれでもすごいと思ったけど、今度はちゃんとセンテンスで言えるようになって、ものすごい成長を見た気がした。
ちゃんと意味理解も伴っている様子なのが嬉しい。

1から10まで英語で数えたり、ShapesやColoursを言えたりもするのだが。
会話はまだまだ全然成り立たないオウム返しレベル。それでも少しずつ前に進んでいる。
このまま少しずつだけど、Rooの独特の習得スピードで言葉をもっと自由に操ることができるようになるといい。がんばれRoo。
[PR]
by amelie_uk | 2008-11-19 08:03 | Rooのこと