アイコンタクト&ジェスチャー

自閉症の子達はアイコンタクトが乏しく、ジェスチャー・身振りを理解するのが難しい、と一般に言われているし、Rooも例外ではない。
それでも、最近は私やTigger、Zacに対して以前よりずっとアイコンタクトも体を使ってのコミュニケーションも増えてるのがわかる。
それに、指を口の前にあてて「し~っ!」とするジェスチャーもちゃんとする。
でも、やはり自分で意味を伴って使うのではなくて、誰かの模倣だったりするところがやはり自閉っ子。

昨晩、ボーイズが二人で大好きなテレビ番組を見ていた。
小さめのダンボールにモンスターの顔を書き、それを頭にかぶって「がお~~!」と叫ぶキャラクター。
早速まねをしたがるTigger。ちょうど私が2階から見つけてきたいい大きさのダンボールに顔を描きだした。なかなか上手。
それをかぶって、Rooに向かって「がお~~~!」と何度も何度もやる。
そしてRooの頭にも被せたがるが、Rooは嫌がっていた。
その後も何度もダンボールに落書きをしていたTigger、ようやく飽きてまたテレビを見始めた。
すると、今度はふんふ~ん、と鼻歌を歌いながらRooがペンを持ってきた。
そしてTiggerの落書きだらけのダンボールに、重ねてペンで落書きしていく。
Tiggerは自分はRooの名前をアルファベットで書いたりしていたが、Rooはただの殴り書き。
それでも2度ペンの色を変えつつ、落書き終了。
その後どうするのかな・・と見ていたら。
Roo、ダンボールを頭にのせて、「がお~~~~!」
おお、できたできた~!

お兄ちゃんが遊んでいた時は遠巻きにじっと見ていただけだったけど、ちゃんと観察してたのね。一緒にやるんじゃなくて、時間差でまねっこ。
それでも、Rooがちゃんと自分で観察してトライしたのがかわいかった♪

そして今朝、Rooが一番に起床。
10分後に隣のベッドで起きてきたTiggerにむかって、本名の相性で呼んだ後、
「も~に~ん。(Morning)」
と言っていた。えらいぞ。

まだまだ宇宙語ばかりの時が多いのだけれど、少しずつ少しずつ、ちゃんと意味を伴った単語を発話するようになってきている。嬉しい限り。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-04 06:36 | Rooのこと