Zoo

午前中買い物していたら、友人のKateから電話があり、「今日は久しぶりに晴れ間が見えるから、ぜひ散歩にでも行かない?できたら動物園なんかどう?」と誘われた。
いろいろとやることはあったけど、Rooのために出かけないとな・・と思っていたところだったので、年間パスを持っている動物園に私とRoo、Kateと双子の息子君のうちの一人、Alistarとでかけた。

双子の兄弟、AlistarとGregor。二人ともTiggerとRooの友人で、Tiggerと同い年。
Gregorは体こそ小柄だけど、運動神経抜群、そしてかなり知性豊かな麺がすでに垣間見られる。
Alistarは、実は生まれてから一年間保育器で育てられた。Kateと旦那さんは、Alistarが1歳を過ぎるまで、きちんと抱っこをしてあげる時間も限られていたそう。
KateはいつもAlistarに向かって、
”You are mummy's miracle, aren't you?”
と優しく語り掛けている。
Alistarは3歳を過ぎてようやく自分の両足でしっかりと歩けるようになり、来月で5歳になる今でも言葉と身体的遅れがある。ただし、コミュニケーション能力や知力はかなりしっかりしている。
Global Delay、と診断されているのだが、Kateは診断された方法やスピーチセラピストの対応などに不満だらけ。なので、私達が一緒になると、いつもRooとAlistarの成長度合いやシステムに対する不平がトピックとなる。


日は射していたけど、きんと冷えた空気の中、4人で久しぶりに動物園を歩いてリフレッシュ。
主にアフリカ大陸に住む動物ばかりを集めた動物園で、ちゃんとライオンにキリン、シマウマ、サイ、チンパンジーなど多数飼われているのだが、残念ながらゾウがいないのよね・・・

ちなみに、動物園と言っても、こんなかんじ。

e0160905_8331191.jpg


ひたすら緑。
この囲いの中ではシマウマ、キリン、サイ、ダチョウなどが自由に歩き回っている。(真冬は皆ねぐらにこもっているが・・)


今日は、Rooが驚きの成長振りを見せてくれた。
いや、今日だけのことかもしれないのだが。
いつもは誰と一緒に行ってもすぐに自分の好きなところに走って言ってしまい、私とTiggerはひたすらRooを追いかけるだけなのだが、なんと今日はKateとAlistarと私の横について歩き、少しAlistarとの絡みもあった。(普段はこの二人、それぞれのペースで勝手に一人ずつ遊んでいる)
健常児には普通のことだけれども、Rooにとっては驚異的ともいえる行為(笑)
Kateもびっくりしていた。確かに、以前皆で来たときには私とRooはいきなり消えてしまって、動物園内ではほとんど話ができなかったしね。
でも、やっぱり自閉っ子らしく、大好きなカワウソやマングース、フラミンゴなどの前からは10分でも15分でも動かないのだけれど。なんとかひっぺがして次に進むのだが、今日はどれもすんなり、「ばいば~い」と言いながら歩き出してくれた。これもすごい成長。

もちろん、途中でぴゅ~~っと駆け出してしまうのだけれど、少し待ってると必ず振り返って私の位置を確認している。2度以上戻ってきた。
もうこれで動物園内をゆっくり友達とTiggerと一緒に回れるのかと思うとかなり嬉しい。
・・けど、まあ今日だけかもねえ・・(笑)

Kateとは、お互いの子供たちの成長を嫌と言うほど褒めあいながら、またまた有意義な時間を過ごせて楽しかった。同じような悩みを持つ同志、というような間柄の私達。
その後Rooは家の中でも始終眠そうで、Tiggerと一緒に7時にはベッドに入って寝付いてしまった。今晩はゆっくり寝れるかな。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-10 08:29 | お出かけ