いろいろな成長

やっぱりRooの睡眠障害はPreschoolが始まったら落ち着いてきた。
午前中Preschoolでたっぷり動いて、午後に1時間から1時間半ほど私とでかける、というリズムがいいみたい。
今のところ特に毎日の予定表など書かなくてもパニックもないし、その日の気分と天候によって行くところを決めればいいので楽。これが自分で行くところを選べるようになったらいろいろやっかいだろうな・・

PreschoolのマネジャーTraceyが、
「Roo、たくさん言葉で表現するようになってびっくりしたわ。休暇中に大きくジャンプしたみたい。」と言ってくれた。
Traceyが絵の具のセットを片付けようとしたら、「No・・・paint!」と言って、まだペイントしたいことを告げたり、他の子供達が遊んでいる場に積極的に参加したり。

先日スピーチセラピストの訪問があった際も、PECSを使っているのだが、なによりRoo本人がとても積極的で、なんというか体全体を使ってコミュニケーションしてる様子はものすごく自然だった。指示される前からちゃんと「I want spinner」「I want bubble」と言っていた。
そして昨日、RooとTiggerをつれていつもの動物園に遊びに行ったとき、Indoor playareaで遊ばせた後に「バナナ食べる?」と聞いたところ、「バナナ、バナナ!」と言い出して、PECSもないのに、
「I want banana」と言ってくれた。
ちゃんと要求ができるようになってる。半年前と比べるとすごいことだ。


ただ、もちろん自閉症っ子なりの問題もまだまだ山積み。
友達の家にちょっとだけお邪魔した時、どうもトイレに行きたそうで、でも彼女の家では行かなかった。その後家に帰って歩いて近くの公園に行く予定をしていたのだがそこにはトイレがない。そこで帰宅した際にトイレに行ってもらおうとしたのだが。
帰宅したことに怒ってパニックぎみのTantrum。
公園に行きたがってるのはわかったが、Rooは外でトイレのないところでは絶対にしたがらなくて、我慢しすぎてもらしてしまい、その後着替えを嫌がって大変だったことが以前にあった。
家でトイレを済ませてから行こうね、というのをピクチャーカードを見せながらなんとか説明したのだが、理解してくれない。というか、多分わかっているのだけど拒否。
しばらく泣き叫んだ後テレビを見てなんとか落ち着いたが、もうTiggerのお迎えの時間が迫っていたため公園は断念。
でも結局その後1時間ぐらいトイレに行かなかったから、公園にあのまま歩いていけたのだけど。行っちゃえばよかったなーーと私は後悔。
「トイレに行っておこうよ」「ううん、ないの」
「でもあの公園トイレないよ、家に帰ってくるまで我慢できる?それとも外でしてもいいよ」「うん」
っていうシンプルな会話ができたらRooにも私にも楽なのに・・・と心から思った。


彼なりのコミュニケーションの仕方を少しずつ習得している様子は本当によくわかる。
だけど、やはり年齢なりの自我に加えて、自閉症のこだわりも多分強くなっているんだと思う。いろいろなことの対処法を、こちらも少しずつ変えていかないといけないんだろうなあ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-11 18:22 | Rooのこと