久しぶりに・・


e0160905_7374334.jpg


晴れ間が、ちら~っと。
寒くて雨が冷たくて暗い冬。ちょっとでも晴れると気分が全然違うのだ。


今夜、Zacと二人で外出できた。
といっても、ほんの2時間ほどだけど・・
別れた旦那が、仕事の後に寄って、ボーイズと遊んでいた間だけ。
それでももう2ヶ月近く外出できてなくて、それも皆別れた旦那がちゃんと約束を守らなかったりしたせいなので、私とZacのイライラ度がマックスだったのだよね。
今回もドタキャンされるかと思ったけど、今日は大丈夫でした。

うちから歩いて20分ほどのところにある、小さいけどモダンなインテリアが美しいホテルの1階にあるワインバー。ここに、キリン一番搾りのdraft beerがあるのだ。
すっかり忘れていたけど先日ふと思い出して、今日は無性に一番搾りの生が飲みたくて、Zacと出かけていった。
うーん、一番搾りって、こんな味だったっけ・・・すっかり忘れてしまってるけど、やっぱり飲み口は軽い。ちゃんと冷えていておいしい♪
軽く1パイントはいけそうなところを、ハーフパイントでぐぐっと我慢した・・が、考えたら今夜はZacが車で送ってくれてたんだから1パイント飲めばよかった(笑)

が、いい気分で帰宅したら、ベッドタイムを過ぎてるのにボーイズはまだリビングを走り回り、部屋はおもちゃだらけ。仕方なく別れた旦那が帰った後、寝かしつけと後片付け(怒)
次回は絶対に10時過ぎまで外出できるように交渉しよう。それぐらいの時間だと、ボーイズも別れた旦那に促されてちゃんと寝るので。

不思議な印象かもしれないが、ボーイズが小さいのとRooの自閉症のこともあって、このスタイルが多分一番やりやすい。
去年2度ほど週末に別れた旦那と当時の彼女の家にボーイズが泊まりに行ったが、ボーイズは本当によくやってくれたと思う。でもボーイズへのプレッシャーも多いし、なにより別れた旦那がちゃんとケアしてくれているのか全然わからないので、私としてはあまり嬉しくなかった。
子供と別れてもちゃんと自分のために週末を過ごせる、と実感したのは収穫だったけど(笑)


両親が一緒に住まなくなってしまっても、子供にとっていつまでも父親は父親。
私達が会えばまだいろいろ些細なことで言い合ったりすることもあるけど、子供とは定期的に会うべきだ、と私は考えているし、イギリスではよくあること。
日本で両親が別居・離婚した際、子供は親の都合でどちらか片方とコンタクトを失うことがやっぱり普通なのだろうか・・それはとても子供にとってつらいだろうけど、事情はいろいろあるよね。
以前はボーイズに醜い口げんかなども聞かせてしまったこともあったし、それでもちゃんと現実を受け止めてくれているボーイズ、辛い思いをさせてないといいのだけど。

自閉症のRooも、彼なりにいろいろわかっている様子。こちらがそう思いたいだけなのかもしれないが。
今ではZacのほうに慣れてしまったが、父親の訪問にも、多少距離をとりつつ、ちゃんと手をとって要求をするし、一緒に何かしようとしているのがわかる。
残念ながら昔言っていた「パパ」という言葉はすっかり消えてしまったけど、それは父親の自業自得だわ(爆)

ベッドタイムにまだ走り回っていたボーイズ、とりあえず嬉しそうでよかった。
今週末は友人と動物園へ、そしてZacと4人で隣町にある水族館にいけるかな?
Rooはこの水族館が嫌いなので、私と二人でビーチで待ってるかなあ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-30 07:28 | お出かけ