発話

Rooがぽろぽろと単語を発話するようになってから数ヶ月。
クリスマスあたりからいきなり意味を伴っての使用が格段に増えた。

Preschoolでもかなり頻繁に発話するようになったらしい。
毎週2,3回ほどその日の子供達の状況を連絡帳に記載してくれるのだが、
「He is vocalizing lots of words today.」
と1月の始めに書いてもらっていて、先日は、
「He is speaking awful lot」
とあり、マネージャーにも、「単語で欲しいものを話しかけてくるようになって、逆にPECSをやらせるのが難しいぐらい」と言われた。
こんな風に成長が顕著に見られると本当に嬉しい。

指差しをしながら自分の欲しいもの、おもちゃやDVDを訴える時に、「There!」と言い、私が「DVDが観たいの?」と聞くと、「でぃーびーでぃー」、そして「うぃに~ぷ~(Winnie the Pooh)」とか「Spot」とか具体的に観たいキャラクターの名前を言う。
また、私がリビングルームにいる時、PECSのストリップにあるI wantカードの次にビスケットやジュース、Winnie the Poohのカードを自分でつけて持ってきて、
「あ、うお(本人I wantと言っているつもり)、じゅ~す~」
「あ、うお、びすけっ」
「あ、うお、うぃに~ぷ~」などと言う。

そして、オウム返しがどんどん増えてきて、いくつかはその後意味を伴って定着している。
ただ、意味を理解していないが状況と関連付けて覚えている言葉もあるようで、例えば自分がうわーーと泣いている時に、「Oh dear...」「OK...」と言うようになった。
これは、Rooが泣いている時に私が「今はこれできないの、OK?」などと聞くからで、Oh dearは多分Preschoolで誰かが泣いた時にスタッフが言っているのだろう。
これらの言葉を、泣く、という行為と関連付けて覚えているのだと思う。

それはそれで興味深いことなのだけど、要求が通らなくてぎゃーーーっとRooが泣き、こちらがイライラっとしている時に「OK...Oh dear...」などと言われると、思わず笑ってしまう。
そして、私が忙しい時に何か要求してきた時、「Wait wait wait」と私が言うと、「うぇい、うぇい、うぇい」と言ったり。多分わかってない 笑

そして、先週のSTの訪問時に、誰かの気を引きたいときに肩をとんとん、と叩くことを教わった。最初はRooの手を引いて、わざとあさっての方向を見ているSTの肩を一緒に叩いて導入。するとおもしろがって、ばん!と背中を強く叩くので、その後2,3回繰り返して手を持ちながらとんとん、と優しくさせる。
すると、その後は理解したらしく、ちゃんととんとんできていた。そして数日後、家の中で私に、その次の日にはPreschoolのスタッフにもとんとんと叩いて注意を引くことに成功。
こうやっていろいろなコミュニケーションの仕方を、すこーーしずつ覚えている。


一つ一つに時間がかかるようで、実はものすごいスピードでいろいろなことを吸収しているであろうRoo。折角出てきた言葉もまた消えてしまうこともあるかもしれないが、Rooも私もお互いのペースで根気よくやっていくしかないよね。
体もどんどん大きくなって体重もしっかり増えてるし・・これからもがんばろう~ね~




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-30 20:40 | Rooのこと