素人判断

結局抗生物質を飲み始め、今日で6日目。
過去10年間のイギリス生活、どんな症状でも医者に行ったところで痛み止めを処方されて終わるのが常だったので、体が反応しすぎて、思いっきり下痢(汗)
善玉菌も悪玉菌もすべて流れていってるような勢い。

たまにupset stomachとなる人もいるよ、と注意はされてたが、そんなレベルじゃないからー
で、肝心のひどい咳と鼻水などの症状は治まっているようで。それはよかった。
ということは、結局ウィルスじゃなくてなんらかのバクテリアだった、ってことで、最初から飲んでたらよかったねえ・・・医者の言う事聞かずに飲み始めとけばよかったかな。
(そういえば、Tiggerが赤ちゃんの時に39度以上の高熱が出たときも、同じクリニックの違う医者に「子供は薬に頼らず水を飲ませて安静にしていればいい」とか言われてショックだった)


そして、肋骨の痛み・・・今も続いてるのだけど。
実は前回の日記を書いた次の日、Tiger Balmを買いに走り、そのお陰かどうか、2日後にはだいぶ痛みは引いてきた。
が、その日の夕方、またひどく咳き込んでしまい、その時に、
「ぴきっ」・・・と右の肋骨あたりに何かを感じ。
その後、また「いででででーーーーー」と、ひどい痛みに悩まされることに(汗)

そしてその次の日の夕方、またも 「ぴきっ」・・
そして、その瞬間から、痛みがMAX。

その後、「肋骨 肉離れ」で検索。
で、多分だけど、
「肋骨筋剥離」
つまり、肋骨部分の肉離れじゃないかな、と自分で納得。
医者に言われた「sprain」は「捻挫」だけど、
「肉離れ」だと「have a torn [pulled] muscle」、こちらの日本語表現のほうが絶対に症状に近い。

こんなことも医者に行ってわからないのか、と思われそうだけど。
一週間に2度通ってこんなもんです。
次の日即効で、温湿布と、肋骨部分固定のために包帯を自分で薬局に買いに行きました・・。


そして、検索したその夜、金曜日のこと。
あまりにも痛みが激しく、寝れそうにない。横になると更に痛む。
これは何かで肋骨部分を固定したい、でもあいにくこの時点で家にある包帯は長さが足りない・・
ということで。

Tiger balmを塗りたくり、ガーゼのハンカチをあて、
その上に自分のパジャマのズボンを巻いた!(爆)
Zacに縛り目を作ってもらったが。
いやーー泣けた、あまりにも見苦しくて。

この日ほど日本の接骨院に通いたいーーと思ったことはないですね・・



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-04-06 05:28 | 日々のあれこれ