カテゴリ:未分類( 4 )

もう終わり

早いもので、日本滞在もあと少しです。
あっという間でしたが、楽しめて本当によかった。
Tiggerが、イギリスではなかなかできない体験をたくさんしていて、カルチャーショックをとてもいい意味で体験しているのが嬉しい。
思いきって、来てよかったです。
Rooちゃんを置いて来てしまったけれど…Tiggerの感受性に与えた影響は大きいと信じてます。

両親も年取りました…。
今度はいつあえるかな。
弟家族には、本当にお世話になりっぱなしです。
今度まとめて恩返ししないと。
友達にも、3日で7人に会えました♬
嬉しかったなーーー
またすぐ会いたいです。

さて、Rooちゃんの待つあの国に帰る心の準備を少しずつしなくちゃね。







↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2013-08-04 21:28

無事でした!!

今朝明け方5時ごろ、電話が鳴って。日本の母より、涙ながらのメッセージでした。
「姉と連絡取れました・・・」と!
家族4人無事のようです。本当に本当によかった。
心配してコメントくださったくまこさん、2keizさん、Sachi、どうもありがとう!

あちこちで、人探しの手伝いをしようと、ウェブサイトをきっと徹夜で開発管理してくれている会社・自治体・あるいはボランティアなどの人たちがいるのですね、救助や必要物資の配布、救急医療に飛び回っている人だけでなく。今回、色々調べれば調べるほど、被災者の情報を刻々とアップしているところ、津波後の航空写真を公開しているところ、各県の避難所情報など、次々とヒットします。
それが、どれだけ一人の人を探す手がかりになるかは状況次第ですが、それでも探しているほうとしては心強い限りです。ありがとう。

母は、叔母の地元のHPに掲載されていた津波後の気仙沼の航空写真をにらみながら、記憶を頼りに叔母の家を見つけ出したそうです。倒壊せずに残っていたのを発見し、きっと生きてる!と信じ始めたそうです。
きっとNTTの無料電話回線からか携帯からか、連絡が来たのでしょう。安心しました・・・。
ここでも、毎日被災者のためにがんばってくれている人たちの力を感じました。本当にありがとう。

ただ、せっかく地震や津波から逃れられたのに、餓死したり凍死する人たちも出ていると言うことで、悔しい限りです・・・放射能汚染が激しい地区には自衛隊も救助に来られず、食料もガソリンもなく孤立状態だ、逃げたくても逃げられない・・という地元の方からの叫び・・・・つらすぎます。

義援金は、多分続々と世界中から集まっていることでしょう、きっと既に膨大な金額になってるはずです。
どうか、今この瞬間に生死の狭間にいる人たちを救うために、その義援金を使って何か、早急に、援助を急いでください。お願いします・・・・




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-03-17 21:23

先週の土曜日、初めて・・・

Pantomimeを観ました♪
うちの町にあるこじんまりとしたシアターにて。

日本で言うパントマイムとは全く違うものです。どう違うか、Wikiから抜粋;
「パントマイム」
台詞ではなく身体や表情で表現する演劇の形態。

大道芸(ストリートパフォーマンス)としても多く見られる表現方法で、実際には無い壁や扉、階段、エスカレータ、ロープ、風船などがあたかもその場に存在するかのように身振り手振りのパフォーマンスで表現する。単にマイムともいうことがある。

では「Pantomime」とは?
Pantomime (informally, panto) (not to be confused with a mime artist, referring to a theatrical performer of mime) is a musical-comedy theatrical production traditionally found in Great Britain, Canada, Jamaica, Australia, South Africa, New Zealand, Zimbabwe, Ireland, Gibraltar and Malta, and is usually performed during the Christmas and New Year season.

Traditionally performed at Christmas, with family audiences consisting mainly of children and parents, British pantomime is now a popular form of theatre, incorporating song, dance, buffoonery, slapstick, cross-dressing, in-jokes, audience participation, and mild sexual innuendo. There are a number of traditional story-lines, and there is also a fairly well-defined set of performance conventions.


そう、大人も子供も楽しめる「musical-comedy theatrical production」なのです。
今回演目は「美女と野獣」でしたが、でも話の筋は大して重要ではなく、かなーーりはしょったほとんど意味のないストーリの合間にこれでもかと日本で言うコントや漫才スタイルのお笑いショー。観客との掛け合いも普通で、アドリブもかなり多い。このお笑い部分を担当するのがPantomime dameと呼ばれる役で、だいたい男の人が女性役になるのだが、奇抜な衣装を何種類も衣装換えしながら登場し、話術だけでなくどたばたコメディー的な笑いで持ってひたすら観客を笑わせる。

こんな説明されてもわけわからないでしょうが、一番わかりやすいイメージで言うと・・・
「8時だよ!全員集合!!」です♪
・・ああ、これまたわかる世代にしかわからない例えですみません 笑
あ、でも吉本新喜劇とかも近いかな。

要は、大人も子供も存分に楽しめる体を張った笑いが中心で、目の前でいろいろなシーンが再現されてはすぐに次の場面に移っていく。着替えや場面の差し替えもかなりハイペースで、5分から10分おきには新しい場面になる。演目に沿った歌やダンスがあるのだが、皆がもっとも楽しみにしているのはDameやコメディ役者によるコントやギャグの応酬。

んで、一番わかりやすいDameのイメージが・・・バカ殿 (爆)
志村けんが、あのような奇抜な衣装を着て、殿ではなくて姫役を演じている、というのが一番わかりやすいかも。

なんていうか、ゆったりといすに座って、ただひたすら笑っていればいい、という観劇スタイル。まさにドリフや吉本のお笑いを生で観ている感じ(笑)

よくPantomimeのことを知らないで、Zacのお母さんに連れて行ってもらったのだけど、いやいや楽しめました。特にDameが最高だった。最後は泣き笑いになってしまった。
こんなに笑ってる自分に驚いたぐらい。
私がここまで楽しんだのがZacにとっては意外だった様子。

上演時間、休憩含め2時間半。
私とZacのお母さんが大笑いしている間。
往復にかかる時間も含めてほぼ4時間近く、Zacが一人でうちのボーイズの世話をしていてくれた。ありがたやありがたや。
本当はZacのお母さんの提案で、私とTiggerが一緒に行くはずだったのだけど。去年のハーフターム中に同じシアターでZacと一緒に初めて映画を観たTigger、暗い館内にちょっとびびってしまって、以来「絶対行かない」の一点張り。仕方なく今回はTiggerの観劇デビューはおあずけ。Tiggerより小さい子もたーくさんいたのにねえ。

まさか4時間近くもボーイズの面倒を見る羽目になるとは思ってなかったZac、どうもお疲れ様でした・・感謝。でも、本当に楽しませてもらったなー♪
できたら今年のクリスマス近辺に、Tiggerを今度こそ連れて行きたいわ。





↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-27 07:07

Kiddie xmas party

友人Sarahが自宅で子供達のためにXmasパーティを開催してくれた。
食事はSarahに頼まれたものを持ち寄り、そしてFather Christmasが来るので自分の子供用にプレゼント持参。
ちなみに頼まれた食材→プチトマト、きゅうり、ブレッドスティック(笑)
手間かからず。こんなんでいいんすか?でもどうせパーティの間子供達はカップケーキとかポテトチップスぐらいしか食べないし、こんなもんでOKなのだ。大人用には手作りピザはキッシュなどSarahが用意してくれた。

お邪魔して30分、泣き続けたRoo・・久しぶりに訪れた家だったので。
とりあえず落ち着くまで待つ。SarahがRooのために子供部屋を使わせてくれたので、おもちゃで落ち着いた。
その後はクリスマスツリーに飾りを目をつぶりながらつけるゲームやらビンゴやら。そして食事タイムにまたプレイタイム。
大人たちも適当におしゃべり、子供達もあちこち走り回って、楽しそう。
TiggerもRooも、最終的には楽しく参加できた。

e0160905_0324173.jpg



そして、いよいよFather Christmasの登場。
てっきりSarahの旦那さんかと思ったら、会社の友人に頼んだそうで、この人がめちゃめちゃFather Christmasになりきってくれた。

e0160905_0312743.jpg


チビっ子は泣いてたけど(笑)まあお約束。

こんな風に自宅開催だと皆リラックスして楽しく過ごせていいねえ。
私もパーティができるくらい広い家に住みたいものだわ。

2時間たっぷり遊んで帰ってきた。その後別れた旦那のFoster parentsの家へちょっとお邪魔。ここでも少し遊んでもらって帰宅。

明日も私とTiggerの親友宅にてEvening party。
ルーマニア出身の友人はオーソドックスなので、しきたりとして24日は肉を食べないとか。midnightを過ぎて25日になると、もう食べ放題だそうな。明日はベジタブル春巻き作っていく予定。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-24 00:37