カテゴリ:Tiggerのこと( 41 )

今日はTiggerのBeaver scoutだったので、少し早めに夕飯を食べてたのだが。
突然Tiggerが、

「そうそう、こんどTalent showがあるの。ぼくマジックするっていったから。
 もくようびのあさにやるから、よろしくね。」

なんですと?

キミがマジック?
でもマジックなんてなんにもできないじゃない。
「だから、もくようびまでにれんしゅうするの。」

だーかーらー・・・何を練習するんだよ、何を。
私もマジックなんて全然知らないのに(爆)


よくよく聞いてみると・・
クラスから数人代表が出て、おそらく、全校生徒の前で歌唱力なりマジックなりを披露するということらしい。
先生が、「誰かTalent showで何かやってくれる人いませんか~」と問いかけ、Tiggerが、
「ぼくやります!マジックやりたい!」と言ったそうな・・・・。

これは誰??
本当に私のシャイな長男か??
私は目が点。


いや、とにかく、マジックですよ。
慌ててネットで検索すると、でてくるでてくる。
・・なんか結構はまりそうね・・。私もいろいろ覚えて誰かに披露したくなるぐらい(笑)
思わず見入ってしまった。
簡単なものは本当にやりやすそうだし、たいして道具もいらなかったりして。

とりあえずいくつかTiggerにもできそうなものをピックアップして、寝る前にちょっと練習。
なかなかいい具合なのだけど・・やはり段取りね・・。
この辺を明日特訓したいと思います。

でも・・しつこいけど、本当にTalent showに立候補したのか、Tiggerよ?
「I'm soooo excited!!」と言いながら飛び跳ねてるし。
いや、だから先に段取り覚えて・・また間違えたし・・(汗)

当日とにかくぼろの出ないようにね・・
ちゃんと「おおお~~!」と誰かに言ってもらえるといいねえ。
がんばって練習よ~~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-07 07:26 | Tiggerのこと

2週間前ぐらいだったか、ベッドタイムストーリーを終えて、ボーイズが寝付くのを待っていた時。

いつもTiggerはこのときに他愛もない話を続けようとするので、やんわりと黙らせるのが日課なのだけど・・
この日はどんな話の流れだったか、ついにきた、この質問が・・

「ママ、I don't understand・・・
 赤ちゃんって、ママの体のどこから生まれるの?」


きたきたきたーーーーっ(汗汗)
やばい・・全然答えを用意していなかった(爆)

Tigger6歳。まだまだつぶらな瞳。質問も、ものすごい無邪気な感じで。
イギリス人だったら、即効でちゃんと名前を出して教えてそのまま性教育に持っていくか、指差して「ここだよ」って言いそうなんですけど。
私は、なんだか変に躊躇してしまってね・・・困ってしまいました。

というのも、単に、いつもよりベッドタイムが遅くなった日で、「とりあえず寝てくれ」という状況だったから(笑)

普通にいろいろ教えてあげてもよかったんだけど・・とりあえず長くなりそうだからまた改めて、ということで、
「ママの体に穴が開いて、そこがどんどん大きくなって赤ちゃんが出てくるんだよ」と。
・・・これ、私の母親が私に言ってくれたまんま(爆)

「え?穴?どこらへん?」とかいう質問をのらりくらりと交わして、とりあえず寝てもらったんでした。
「後でちゃんと説明しよう」と思ってたのに、それっきりで忘れちゃってました。

まあもう6歳だし。
変にごまかしても、学校で友達から先に伝わっちゃうのも困るし。
ただ、
赤ちゃんがどこから生まれるかぐらいはちゃんと言えても、その後性教育に持っていくべきなのか?どうなんでしょう。
私としては、ちゃんと教えるべきだと思うんだけど、やはりタイミングよねえ。

そういえば、ヨーロッパ各国の中でもイギリスの親から子供に対する性教育の質はかなり劣るとか聞いたことありますが。
最近の日本事情はどうなのかな?

なんにせよ、多少心の準備はしておかないとねえ。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-06-14 06:55 | Tiggerのこと

Tigger発熱

今日はハーフタイム前の最後の金曜日なのに・・
Tiggerは昨晩からちょっと熱っぽくて、学校をお休み。
4月に今タームが始まってから、ビーバースカウトにアフタースクールフットボールクラブ、そしてPE(体育)で週一度のクラススイミングと活動的になったし、何もない日は友達をうちに呼んだり御呼ばれされたりで、毎日充実してたから、疲れちゃったんだろうね。
今週末から一週間学校がお休みになるので、しっかり充電してまた6月から夏休みまで学校を楽しもうね☆

・・と、ここまで金曜日の午後早い時間に書いて、Tiggerのお世話をしていたのだけど。
Rooのお迎えに行った3時ごろは、まだ大丈夫だった・・
5時過ぎに夕飯も、まあまあ食べたのに・・

夕飯後に、突然寒いと言ってがたがた震えだして、その後ぐんぐん熱が上がり。
なんと40度をヒットしてしまった。

実はTiggerは2歳のときに熱性けいれんを起こして、病院に3泊したことがある。
Rooは6ヶ月過ぎぐらいだったかな・・けいれんの後救急車で病院に行き、数時間目が開いてるのに私のことが見えてないし、声が聞こえてない状態だった・・本当にあの時はどうなることかと思った。
なので、Tiggerの病気で発熱が一番怖い。一気に急激にあがるので。

昼間から既に解熱用の飲み薬は飲ませていたので、また飲ませてからベッドに送った。
やはり夜中の2時過ぎまでとっても熱かったけど、土曜日の朝起きたら下がってた・・ほっ。


なので、土曜日はおとなしくしていて、今日の日曜日からようやく通常通りの生活に。
早速親友のGaby君宅にお邪魔。ママさんが元看護婦なので、「ちゃんと面倒見るから」と言ってくれた。ありがたい。
でもやっぱり体力は完全には戻ってないみたいだから、明日も少しずつ調節していくつもり。

とりあえず、元気になってくれてよかったです。学校もちょうど休みでよかった。
なにより、Rooちゃんの体力があまり余っていて・・昨晩も夜中起きてしまった。
お陰で今晩はちゃんと寝てくれそうだけど。大好きな動物園や公園に連れて行ってあげれなくて申し訳ない。でも、お兄ちゃんの病気だからね、こればっかりは仕方ないね。


明日はイギリスはバンクホリデー、祝日です。
ギリシャ出身の友人家族がランチに招待してくれたので、私も巻き寿司を持って行くつもり。
Tiggerはもう大丈夫だと思うけど、やはり外遊びで走り回るよりはこうして友人宅で遊べるほうがいいので、ありがたいお誘いです。



ビーバースカウトの宣誓を終えたので、正式なメンバーの証としてスカーフがもらえて嬉しそう☆


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-05-31 06:16 | Tiggerのこと

Beaver scout

Tiggerの習い事、いろいろ交渉してるのだけど・・
全然やる気なし。どれも嫌がって行きたがらない。
無理強いしても意味ないし、本人が自主的に通いたがってもらわないと。


Football
数回参加して(母はスポーツウェアもちゃんと揃えたのに 涙)泣きべそかいて断念

Swimming
絶対嫌、プールに行くのも嫌、スポーツセンターに行ってもプールには近寄らず
(どうも初めてプールに行った時のことがトラウマになっているらしい・・)

Karate
友達がやっていたので興味はある、時もあるが、基本的にクラスは絶対に行きたくない

Basketball
ちょっとやってみてもいいかな・・でも人数不足でクラスが成り立ってない

Tap dance
クラスメートの男の子がやってるけど、嫌

Acting club


Piano



もうなんでしょ、これは。ここまで習い事にネガティブな6歳児がいるのだろうか。
基本的に、学校以外の場所で同年代の子供達と交わるのに慣れていないため、なんというか食わず嫌い状態。
私もいろいろなだめすかしてみた時もあったけど、もういい加減イライラしてきてあきらめた。

それでも、一つだけ本人もわりとやる気が見られ(といっても50%ほど 笑)、見学に行ってもいいと言うので連れて行ったのが、Beaver scout(6歳~)だった。
2月に6歳になった直後から通い始めて数週間。二つ目のbeaver colonyにて、ようやく落ち着きそう。


Tigger、先週と今週は、なんとか1時間15分を一人で頑張った。
これは彼にとっては本当に画期的なこと。よくやった。
通い始めて3週目になるP beaver colonyは、リーダーの男性の統率力もよく、子供達もチームプレイを重視したアクティビティに積極的に参加しているので、Tiggerには参加しやすかったようだ。

Tiggerはただ単にshy、というだけでなく、例えば集団で、うわーーーっと遊びまわっているボーイズにどうしても気後れして入っていけず、立ち尽くしてしまう。1対1なら全然平気なのに。
嫌がる、というより、恐怖心のような感情が顔中に表れるので、大丈夫か?とこちらが真剣に困ってしまうほどだったりする。そして、私がいると、すぐ後ろに隠れたがった。
それでもようやく慣れてきたようで、とりあえず一安心、かな。今日はEaster関連の工作関係のアクティビティが多かった様子。よくできました☆
次回は4月13日、まだ学校は長期休み中だけど、また頑張って参加してね。

夜ベッドの中で、「今日のbeaverでは何が一番楽しかった?」と聞くと、
「ママとRooが迎えに来たとき!」だって(汗)
いやーそうじゃなくてね・・と言っても、「だって、ママとまた会えたのが本当に嬉しかったんだよ・・」と言うから、もう私は苦笑するしかないよ(笑)
それでも、ちゃんと歌は覚えてきてくれた。

Who are we?
We are the beavers, can't you see?
B-E-A, V-E-R-S,
beavers, beavers, hoola hoola HOOLA!!

ベッドの中で立ち上がって何度か歌ってくれた♪
ちゃんとやってるじゃないの~えらいえらい



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-03-31 06:52 | Tiggerのこと

World Book Day

他の学校では昨日、Tiggerの学校で本日開催されたのが、World Book Dayにちなんだイベント。
ほぼ一日中、読書をテーマに授業が進むらしい。
家から自分の好きな本を持って行き、クラスでどれぐらいこの本が好きかをプレゼンし、クラス代表に選ばれた2名が午後のアセンブリー(全校集会)で発表するとのこと。
更に、子供達が一番好きなことが、自分の好きなキャラクターに扮装して学校に行けること!
といっても別に本のキャラクターでなくても構わない、ゆるゆるな企画らしい(笑)基本的に制服じゃなくて私服でいいよ~ぐらいに私は解釈していたのだけど。
とりあえずTiggerは、クリスマスの劇の時に着た胸に黒のラインが入った白シャツに緑のズボンで、大好きなBen10風にアレンジ。

今朝Tiggerを学校に送ったら、みんなのはりきったコスチュームに圧倒された。
クマ?ウサギ?の着ぐるみあり、プリンセスや赤ずきんちゃんに不思議の国のアリス+マッドハッターあり、フットボール選手やカウボーイ、ダースベーダなどなど。
いや~さすがみんなすごいね。こういうの好きなんだな~。

しかし一番驚いたのが、Tiggerの担任の先生。
補助の先生は真っ黒な魔女スタイル。その後ろから颯爽と歩いてきた担任は、なんと・・・

e0160905_2044035.jpg

Princess Fiona~

とってもきれいな先生なのに、ちゃんと顔も胸も緑に塗ってあるし・・。ドレスもちゃんと中世のお姫様風だし、カツラにはちゃんとティアラと耳がついてるし。本格的。
子供達は校庭で整列して先生を待っていたけど、前のほうは爆笑(笑)保護者はどちらかと言うと引き気味(笑)
素晴らしいね~、やるならここまでやらないと、ってね。でも先生、本当にこれで一日中過ごすのかしら・・すごいなあ~

こういう遊び心満載のイベントはいつまでも子供達の心にいい思い出として残るよね♪


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-03-05 20:32 | Tiggerのこと

ようやく今日から学校開始。
この1週間は、Roo → Tigger → 私とおなかの調子が悪くなった・・
といってもそれ以外は元気だったので、不幸中の幸いでしたが。


e0160905_1846385.jpg


天気は悪いし寒いしで、外遊びができたのはほんの1,2回。
雪も何度かちらちらと降ったし。
後はひたすら室内のプレイエリアをはしごしてました。
二人連れて行くと一回7~8ポンドは最低かかるので、余計な出費。
去年はホリデーに行ってたのにな・・しかもそれほど寒くなくて、毎日自然の中を歩いてたのに、今年は本当にどれだけ寒いんだか。
春が待ち遠しいですが・・まだまだ先かな・・。


さて20日の土曜日、一週間遅れでTiggerのバースデーパーティ開催☆
Gymnastic Clubのパーティプランですが、総勢19人の賑やかなパーティでした。

e0160905_18482413.jpg


いや~疲れた。
4,5歳を過ぎると、親たちは子供をパーティ会場に連れてくるとささっと帰ってしまい、2時間後に迎えに来る人が多いので、実質上ホストの家族とその場に残った数人の保護者が招待された大人数の子供達を見ることになるのでね、ホストをするとどっと疲れる。
1時間のプレイタイムも付き合ったので、体がぎしぎしいってました・・運動不足・・
やっぱり食事の世話が一番てんてこ舞いです。やれジュースだソーセージだバナナだとあれこれ追加注文が子供から飛んでくるので、テーブルの周りを飛び回る私。
まだ完全ビュッフェスタイルにはできない、面倒なお年頃なので。

それでもTiggerとRooはもちろんのこと、皆大喜びで帰ってくれたので、よかったです☆

昨晩はThank you レターも準備したので夜遅く就寝したのに、Rooに朝5時前に起こされてすっかり寝不足だよ・・。

さて、あと6週間でEaster Holiday!
今週から頑張るぞ~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-02-22 18:43 | Tiggerのこと

Happy Birthday☆

e0160905_7264673.jpg

Tiggerが14日に6歳になりました♪
まだ?もう?6歳。
あっという間だったかな、やっぱり。

MarioのDSケーキでお祝いして、プレゼントもMarioの服にDS、ランチボックスにフィギア。
それから本人リクエストのレゴToy Story。
6月公開のToy Story3が待ち遠しいTigger。Rooとともに二人とも最近Toy Story大好きなので、二人が遊べるいいプレゼントでした。

でも、ふとキッチンから戻るといつもRooにばらばらにされてるんだけど(涙)
「これは分解しなければならない」という自閉脳からの指令を忠実に実行するRoo・・
ものすごい普通に真剣な顔してばらばらにした後、すぐまた組み立てろと要求。
ならばらすんじゃない~~~!って言ったところで、だめよねえ。


14日は、お昼過ぎからTiggerの友達3人+ママ友一人をピックアップして、隣町のプレイエリアへ。
もう2組のママ友+子供が来てくれる筈だったけど、どちらも兄弟姉妹が具合悪くなってしまい、残念。
e0160905_729108.jpg

皆楽しそうに遊んでます♪
私はママ友のMariaとおしゃべり。
Zacも同じスペースにあるIndoor football pitchで、ボーイズ相手にfootballしてくれた。
驚いたのが、Rooがなかなかセンスあるキックを見せて、張り切って参加していたこと。
普段広い公園などでfootballをするとどうしても遊具や他のことに気を取られて全然参加しないのに、pitch内だとちゃんとそれが何をするところかわかってるみたいで。
ゴールポストに向かってボールを蹴ったり、Zacからボールを取ろうとしたり(ただし手で 笑)、頑張ってた♪

e0160905_7305235.jpg

大好きなMr. Menの乗り物もあって、Rooも大喜び。2時間以上たっぷり遊んで帰宅。

その後も別れた旦那のfoster familyパパさんや他の友達のママさんもプレゼントを持ってきてくれたりして、とても充実した誕生日となった。

終始嬉しそうだったTiggerでした☆
さて、後は20日にまたパーティよね。これも楽しみ~、お金は飛んでいくけど。


6年前、キミがこの世に生まれたとき・・・
初めてキミを抱きながら、出血多量で気を失いかけた私でした(汗) その後緊急輸血してもらって生き返ったよ。この時の医者がひどい縫合をしてくれたお陰で、2週間以上も歩くがつらくてつらくて。要は糸がつれてたという。笑えない。
最初の一年はわけもわからずただやみくもにお世話していたような気がするけど、そして夜泣きには泣かされ続けたけど、今となっては本当にいい思い出です。
私を選んで生まれてきてくれてありがとう!キミがいてくれるお陰で、ママは頑張れるのです。
これからも、一緒にできるだけ笑って歩いていこうね。


えーっと、バレンタイン(汗)
はい、Zacにはカードと「LOVE」マグカップを。
ZacからはカードとちっちゃなTeddy Bearのぬいぐるみを。(赤いバラがいいっていったのに、ちっ)
今年は大好きなパブに食事しに行く予定だったけどできなかったね。
でもTiggerの誕生日に免じて許しておくれ。パブでの食事はイベントに関係なくまたすぐ行きましょう~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-02-16 07:09 | Tiggerのこと

ミイラが見たい!

地域によって時期が多少異なるが、私たちが住む地域は全学校が2週間後にハーフタームとなり、また1週間のお休みとなる。
1月のターム開始からハーフタームまでのまでの前半戦、TiggerのクラスYear1のテーマは、ずばり
「Superhero」☆
BatmanやらSpidermanやら、いろいろなヒーローものについて話をしたり、絵を描いたり、DVDをクラスで見たり。なぜか、Scooby DooのDVDも見たそうな。Superheroか?

でも、それ以来、今までたいして興味もなかったScooby Dooが突然好きになったTigger。
おっと、それと最近はようやくポケモンにも興味を持ち始めたようで。Ben10が薄れましたね。

Scooby Dooって、私もテレビのアニメーションはちゃんと見たことがなかったのだけど、ゴーストとか、mummy(ミイラ)とか頻繁に出てくるのね(笑)
それで、今日はScooby Dooのイラストを見ながら、Tiggerが、「mummyが見てみたいな~」と言い出した。

「ママ、本物のmummyを見たことあるよ。」というと、びっくりして、「どこで?どこで?ぼくも見れる?」と聞いてきた。
「ロンドンの、British Museumというところで、本物のミイラが見られるよ~~」と言うと、本気で行きたがり、「今度の土曜日に行く!連れてって!」と(汗)
「体中包帯巻いてるんだよね、それで寝てるんだけど、(両手を前に出して)うわ~~~って言いながら襲ってくるんだよね♪」なんて言いながらRooに襲い掛かってた(笑)

えーと、気軽にロンドンに一日旅行に行ける場所に住んでるわけじゃないのよね・・
朝6時出発の夜11時帰宅なんて、5歳児と4歳児にはきついわよね。
でも、ハーフタームとか長期休暇中なら頑張れるかな?
ということで、ロンドンミイラ半日観光・決行の日取り決めるかな??


でも、とりあえず、本物のミイラを見た瞬間、Tiggerはびびって逃げ出すだろうな・・・・
あれってなかなかリアルだし。ってリアルなんだけど。匂いもあるし・・

後1,2年してからのほうがいいかも?
ロンドンオリンピックのときに便乗して見に行くとか。
それとも、Tiggerの意思を尊重して、嫌がるかもしれないけどとにかく行こうかな?

Rooちゃんは、即効逃走するだろうな(笑)


まずはお試しで、ネットでぞくぞくヒットしたミイラの写真&イラストをTiggerに少し見せて、反応を見てからにします♪



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-02-01 08:00 | Tiggerのこと

頑張ったNativity play

昨日無事にTiggerの学校にて、Nativity playが行われました。
午後1時半と6時と、一日に2回も。一家族4枚までチケット購入可能。(一枚一ポンド)
多くの親御さんたちは祖父母や親戚、近い友人を招待したり。でも2回とも見る親も多い。
私も今回1回目はZacのお母さんと。
そして別れた旦那用に夜のチケットを取っていたのだけど、ロンドンに住んでいたStep fatherが亡くなり、消沈している兄弟を慰めに行かないといけないので、やむなく欠席。Zacも誘ったのだけど、どちらかというと私の家でRooと留守番をしているほうがいいというので、ラッキーにも今年は私も2回見ることができた。

一度3時過ぎに皆家に帰りその後また5時半に学校に戻る、という過酷スケジュール。
なにしろReception class, Year1, Year2と3学年参加なのだけど、4歳から7歳まで。イギリスではこれぐらいの年齢の子供達の多くは7時就寝。Tiggerも8時前にはベッドに入ってないと翌日の朝早く起きれない。
なので最初の公演は皆緊張しながらも元気にこなしていたが、夜の公演は集中力がとぎれたり、あくびする子連発(笑)まあ仕方ないよね、かなり無理の多いスケジュールだと思う。

でも、本当に子供達はたくさんの歌を振りつきで歌い、ちゃんと劇の段取りも台詞も覚え、一丸となって45分ほどの劇をきちんとこなしてました。けなげだったな~~、こちらは目がうるうるです。
Tiggerも、ちゃんと2回とも緊張しながらもはっきりと台詞が言えました☆ よくやった!
夜の部ではだらけて振りをちゃんとしない子が多い中、Tiggerは最初から最後まで立派にやり通してました。まあナレーター役の子たちはステージの前にずっと座っていて、しかもTiggerはど真ん中だったので・・やるしかないって感じだったけど(笑)
でも公演終了後、私の後ろに座っていたおばあちゃんに呼び止められて、「You did very very well!」ってたくさん褒められてました。嬉しかったね。

Zacのママさんも、とっても喜んでくれました。前から見たいと言ってくれてたのでよかった。その後家に招待して、RooをW校まで迎えに行ってくれたZacと合流。Zacはこの日のためにわざわざ午後の仕事を有休を取ってまで協力してくれた。
・・こちらでは年に数回ほど「Private and personal」な有休を取れるらしく。Privateなので理由も申請しなくていいらしい。前回Zacがこれを申請したとき、ボスの女性に、「えっと、理由は?」と聞かれ、「Privateですよ~」と冗談交じりに言ったところ、「ああそうだったわね(笑)」と言われたとか。
もちろん仕事の状況にもよるけど。さすが欧州だわ・・と思ったり。

e0160905_21383864.jpg


皆とってもかわいかったな~♪
忙しかったけど、充実していた一日でした。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-12-12 21:27 | Tiggerのこと

ちょっと早かった・・

最近、正式に「義務教育は6歳からスタートするべき、現状の4歳では早すぎる」というレビューが発表され、ラジオの討論番組などでもそれぞれの分野の教育専門家たちが後押しするようなコメントを強く訴えてる。
まあね・・4歳児を見てたらわかるじゃないですか。まだまだ遊びを通じて社会性を身につける必要がある時期。泥んこになって友達と駆け回って、社会性や協調性、そして忍耐力を身につけて欲しい。まだ机にかじりついて毎日国語と算数の勉強をするべきではないのは明らかです。

そして、このレビューが発表されて数日後、2011年から親は4歳になった子供をReception classに行かせるか、フルタイムのナーサリーに行かせるか、選択できるようになる、と政府からの決定が。
(ちなみに現状ではナーサリーは2時間半のパートタイム)

More choice on school start age

この決定は、夏生まれの子供達には朗報だろう。こちらでは夏生まれは日本で言う早生まれにあたり、4歳と数週間でいきなりフルタイムのReception classに送られる子供達。Rooもその一人で、かなりのdisadvantageだ。

・・・あああ、2011年か・・・。TiggerもRooも、ちょっとずれてたな。
Tiggerは2月生まれだからちょうど中間なんだけど、もしこの制度が導入されてたら、私はきっと後1,2タームはフルタイムのナーサリーに行かせたと思う。日本の幼稚園に近い内容だから。
Rooに関して言えば、完全に1年は遅らせることができた。それをとってもやりたかった、今年・・・制度が整っておらず、泣く泣く小学校に入学申し込みをしなければいけなかったのだから。


現状では、多くの小学校で、夏生まれの子供達はReception classに入学する時期を1,2ターム遅らせる、というのが普通なのだけど、これもなかなか厳しい。
というのも、1月から3月生まれの子供達は、通常9月スタートのReception classを1タームずらして1月からスタートし、夏休みまでの2タームだけ参加する場合が多い。(地域によって差があるが、うちのCounty(州)ではそれが普通)
そして4月から8月生まれの子供達は4月からのタームにスタートするため、次の9月までほんの1タームだけフルタイムのReception classに通って、次の9月からは、3タームReception classに在籍してフルタイムでやってきた、ほぼ一年差のある子供達と一緒にいきなりYear1になるのだ。
結局はYear1でcatch upしなければならないわけで、今の制度では、夏生まれの子供達は、4歳になってすぐに早めに入学させても苦労するし、遅らせて入学させてもReception classに変わるfollow upのクラスなどが存在しないため、結局5歳になる時期にいきなりのステップアップで苦労するはめになる。
だって、4歳と5歳の差は大きいよね。
なので、私はこの「ナーサリーフルタイム制」に大いに賛成したい。例え、いわゆる「お勉強」の時間が少なくても、その代わりになる集団でのアクティビティが多く、規律を守り友達と一日過ごすという生活習慣がつきやすいだろう。

1年間の子供の格差が縮まってくるのが、だいたい6歳ぐらいからだそうで、それで義務教育を6歳からスタートさせるのがいい、とは納得いく。小学校は6歳からという点、それに日本の幼稚園・保育園制度・・私はとても素晴らしい制度だと思います。
ちょっと集団生活を強要しすぎるきらいがあるのが難点だと思うけどね・・
それでもきめ細かい情操教育、とってもTiggerに必要だったもの。
たまに、「日本の幼稚園に行ってたら、Tiggerはどんな感じだったんだろうな・・」と想像します。が、結局今と同じなような気がするけど(笑)
それにRooも一年遅らせられたらきっと本人にももっと余裕ができる。
イギリスでEarly educationを自分の子供を通して体験した私はそう思う。

それでも、Tiggerの学校選び、そしてRooの現状ともに私はかなり満足してる、と言えるのでいいでしょう。TiggerとRooが自分たちのベストの状態で学校生活を送っていけるように応援したいです。
ま、二人ともなんとか頑張ってるので、今までどおりサポートしていくだけですが。

おっと、Rooちゃんは月・火・水のPreschoolは笑顔で通うのだけど、いまだに木・金とSpecial Needs schoolのナーサリーに行く朝には、車の中でぽろぽろと涙を流して悲しみます。そして、「Preschool・・・」と私に訴えながらまた涙・・。
行けば行ったで、一泣きして落ち着いて遊びだすらしいけど。車の中での10分間が、いつも私の心をきゅきゅーーと締め付けますのよ。ううーん、ごめんよ~なんて。
今週はハーフタームで、学校はすべてお休み。1週間たくさん遊んで、また元気に学校に行こうね、とTiggerと言っているけど・・Rooちゃんはまた泣いちゃうだろうなあ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-10-24 06:49 | Tiggerのこと