カテゴリ:Tiggerのこと( 41 )

うさぎくん

最近Rooに関する話が続いたけど、Tiggerも相変わらず元気です。
さすがにEaster休み明けの最初の週だったので、今日は朝から眠そうだった・・。


先日、夕飯の後、「果物食べる?バナナとりんごとどっちがいい?」
と聞いたら、

「えーっと、 レタスとマヨネーズ♪」(爆)

レタスが食後のデザート??

まあ、あげましたけど。
日本のマヨネーズと一緒に。山盛り。
ぽりぽりおいしそうに食べてたわ。


好きな食べ物は?と私が聞いた時にも、
「えっと、ブロッコリーとレタス」って答えてたな・・・・
あなたのママはどんなお料理するの??って思わずつっこみたくなるよね・・

まあ、「マクドナルド!」って言われるより全然いいけどさ。
イギリス人の子供、普通に言うからね~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-04-25 07:11 | Tiggerのこと

But he doesn't understand..

自閉っ子の兄として、Tiggerには試練がいっぱい。
なんていうと、いろいろブルーになってしまうこともあるのだけど。
とりあえず、微笑ましい??兄弟のやりとりから。


いつもTVのまん前にずんっと立ちんぼしたがるRoo。
おもちゃで遊んでいるかと思えば、いつの間にかふらふら~っとTVに吸い寄せられているかのようにまん前で立ち尽くしている感じ。
そうすると、
「Roo, I can't see!!!」とTiggerの叫び声。
言ってもすぐにはどいてくれないRoo。
Tiggerは後ろからRooに近づいていって、むんずと両肩をつかんで5歳児なりの威厳で持って無理やり座らせる(笑)

そのやり方が荒っぽい時は注意していたけど、ちゃんとソファーに座って見ているTiggerの肩を持ってあげたいので、最近はわりと黙認。Rooも泣き叫ぶわけでもなく、ちゃんとおとなしく座る。
が、5分後にはまたTVの前で立ちんぼ・・・
また振り出しに戻る、というのが数回繰り返される。

たまに私がキッチンにいたりするとTiggerが「見えない~~!」と叫び、
Rooが「きゃああああ~~!」と叫んでいるパターンとなり、
「二人ともうるさ~~~~い!」と私の怒鳴り声でますますうるさくなるリビング・・・(爆)


先日、Tiggerが真剣に見入っている番組の最中のこと。
Tiggerのすぐ後ろでぬいぐるみくんたちと一人遊びをしていたRoo。
宇宙語でぬいぐるみに話しかけながら楽しそう・・と見ていたら、

Tiggerがおもむろに自分の右手でRooの口を覆った。
「Roo, I can't hear....」と言いながら(笑)
もちろんRooはすぐにまた独り言を言い始めたので、Tiggerがきい~~となりながら私に訴える。
TVの音量をアップ・・・それでもRooちゃん確かにうるさい~
Tiggerはちょっとかわいそうだけど、いつもこんな状態でTVを楽しんでます☆

もういろいろとRooの状態についてわかってきているTigger、先日も私の友人が遊びに来ていたときにRooをTVの前からひっぺがし、「あら~優しくしてあげないと」と言われた時に、
「But he doesn't understand.」と言っていた。
それでいいのだよ。
言ってもわからないから、視覚に訴えるか、体を動かしてあげないといけないんだよね。

「さあ歯を磨いて寝よう」と、歯ブラシカードとベッドの絵を用意していたら、Tiggerが、
「ぼくがやってあげえるよ~」と、そそくさとRooに絵カードを見せに行き、
「Roo, 2階に行こうよ~」と頑張って誘ってくれていたり。
「Rooちゃんの好きなプルートとモンキーのぬいぐるみとアンパンマンの毛布、ぼくが持っていってあげる」と、両手いっぱいにぬいぐるみと毛布を持ちながらゆっくり階段を登ってきたり。
Rooにいらいらさせられながらも、私を助けてくれる。
(まあ自分の気が乗ったとき限定ですが。それでも助かります)

二人で、なかよくくすくす笑っていたり、RooがTiggerのひざまくらを要求したり。
あああ~☆と私がとろけそうな兄弟愛を見せてくれることも多く。
和みます~

ただ、ちょっとTiggerがかわいそうなのが、TiggerはRooと遊ぶ気満々でも、Rooがその気にならなかった時。なかなか難しいよね。
Tiggerも、Rooのことについては体験学習中です。
それでも、週末などにTiggerの友達と一緒に遊びに行くと、やっぱり普通の会話をしながら思いっきり遊べるのが嬉しそう。その時はちょっとだけRooがさみしそう?に見えるから不思議。


そういえば、以前図書館で借りた本。

e0160905_7164380.jpg

「My Brother is Different: A Book for Young Children Who Have a Brother or Sister with Autism」( by Louise Gorrod and Beccy Carver)

自閉症児を兄弟に持つ子向けの絵本があって、一度Tiggerに借りて読んであげた。
私の弟は、こんな困ったことや、あんな困ったこともするの、だって・・・
「He is autisitc.」と説明する表現もあって、とてもわかりやすくていい本だった。
Tiggerはまだピンときていなかったようだったけど、またぜひ借りるか買うかして読んであげたい。


いいこともつらいことも、いろんなことをお互いを通じて体験して、今以上に仲のいい兄弟でいてくれるといいなあ。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-03-31 07:11 | Tiggerのこと

Happy Birthday Tigger☆

Rooの学校のことはまた次回書きたいと思います。
じゅんこちゃん、くまこさん、コメントありがとう!数日後時間のあるときにゆっくりお返事させてください。

14日のバレンタインデーはTiggerの誕生日。
大きなIndoor playareaでお友達を招待してパーティ。
20人のお友達が参加してくれました。

いつもは私と遊びたがるTiggerも、この日はクラスメートや昔からの友達に囲まれて、終始にこにこ。2時間のパーティの間、私はほとんどTiggerがどこで遊んでいるのかわからなかったぐらい。
Rooもこの場所が大好きなので、大きな滑り台などに何度も挑戦しては大喜び。

e0160905_19551081.jpg

1時間半近く遊んだ後はディナータイム。
健康的とは程遠いメニューだけれど、子供達は大好き。


左から、イタリアンのNicoloくん、フィリピーノのChristianくん、Tigger。

e0160905_19583648.jpg

このお姉さん、と言っても多分15,6歳なのだけど、この方が今回のTiggerのパーティホステスさんで、食事の用意や子供達の相手などをしてくれた。

たくさん遊んで、ケーキも食べて、皆がハッピーに過ごせた2時間ちょっと。
けんかも怪我もなく、皆と過ごせて本当によかった。
なによりTiggerが一番嬉しそうだったので、開催してよかったわ。



プレゼントの山に大喜びだったわねー。
5歳の誕生日おめでとう!
そして、生まれてきてくれてありがとう☆


ところで、ブログを通じて知り合ったKちゃんが、8年も前に誰かのためにと買っておいた大事なWinnie the PoohのカードをTiggerに送ってくれました。
Kちゃん、どうもありがとう!カードについてたバッジ、Tiggerは一日中つけてました。
今でも大事にとってあります。本当にありがとう。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-02-16 20:00 | Tiggerのこと

楽しそうに

Tiggerの学校生活についてちょっと心配していたけど、最近はクラスの友達とちゃんと遊んでいる様子が本人からも伝わってくる。
結局はTiggerの性格から不安感を自分であおってしまっているようだけど、クラス内で浮いているようなことはなさそうだし、周りの友達も今まで通りTiggerに接しているので、本人の気持ち次第で楽しくもなるしつまらなくもなるのだよね。
とにかく、にこにこ笑って登校して、帰ってきてからもその日に誰とどんな遊びをしたか教えてくれる間は心配ないのだ、と思う。


本人はもうすぐやってくる誕生日のことで頭がいっぱい(笑)
楽しみにしているパーティは土曜日のお昼。みんなでたくさん遊ぼうね。


CatholicのVoluntary-aided schoolなので、この時期はEasterの本当の意味について毎日教えてもらっているらしく、
「ジーザスは十字架にはりつけられたんでしょ、そしてわるいひとたちがもやしたの」と話してくる。(もちろん英語だが)
そして洗面台に水をはって聖水にみたてて、十字をきる様子をRooに教えたり。
彼は将来Catholicの洗礼を自分から受けたがるようになるのかな。私は自分がCatholicになることはないと思うが、Tiggerがそう希望するならちゃんと理解できるように勉強はしたい、と思う。

e0160905_716980.jpg

ちゃんと宿題もやってますよ。
終わった途端にいつも「Can I go now?」ってにっこり聞かれるけど。


実は、今日Tiggerの学校のSenco/Special Needs担当の先生と、Rooについて話をしてきた。
Rooの学校決定についていろいろ今まで迷っていて、人の意見に左右されたりしたが、今日のミーティングで頭の中のもやが多少すっきり、とした気がする。安心した。
それについては次回書きたいと思います・・昨晩Rooが2時間半も夜中に起きて独り言オンパレードだったので(汗)、今日はもう寝ないと・・・体が持たないっす。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-02-12 07:17 | Tiggerのこと

子供に関する悩みは尽きないのが鉄則だけど。
もやもや~~っと全体像がつかめないことに関する悩みが一番厄介だと思う。


Rooに関しては、自閉症、というテーマに基づいているので、わりと解決しやすい。
周囲にたくさんアドバイスをお願いできるし、いろいろな人と話せば話すほど動きやすくなる。
しかし、Tiggerの場合、一人目というのもあるけれど、彼のシャイでちょっと不器用な性格から来る悩みが大半なので・・・非常~に悩まされるのだ。

Tiggerは、あまり学校が好きじゃないみたい。
今では朝泣くこともないし、普通に登校するが、それは行かなくちゃいけないものと認識しているからであって、まだ5歳前なのにちっとも友達に会うのが楽しそうじゃない。
逆に、クラスの中に入ってクラスメートが遊びまわっている様子を見た途端、尻込みしてしまい、「うちにかえりたいよ・・」と言い出す。誰よりも頭一つ分大きいのになあ。
なんというか、毎日学校と言う課題をこなしてる、という様子。
いるだけで、いっぱいいっぱいなんだろうな・・・と思い、切なくなる。

クラスメートのバースデーパーティが立て続けになった今月、必ず行く前に嫌がった。
そして参加している最中も、緊張していて、ゲームにも参加したりしなかったり。
友達はみんないい子達で、全然Tiggerに嫌がらせをしたりしないのだけど。
数人の子達が、わーーっと遊んでいるところに、屈託なく入っていけないのだ。
ナーバスな表情で、ちょっと遠巻きに見てるだけ。そして親友のGaby君のところに逃げる。

何度か学校の先生に相談したのだけど。
学校では、他の生徒とちゃんと交わってるし、問題ない、という回答。
He is very quiet. と言われたのだが、いやいやそんな評価は以前は頂いたことないですから。
一度、Tiggerが忘れ物をしたので、始業後に教室に入る機会があった。
30人の子供が輪になって先生が子供達に話しかけ、数人の子供が答えているのだが、Tiggerの表情がとても印象的だった・・・うまく表現できないが、母親にはわかる、
「僕はとりあえず周囲の出方を観察してから・・・」という感情、ね(笑)でてました。
学校では本来の自分が出し切れていなくて、いつでも自分を制しているのだと思う。
ああ、まだ5歳にもなってないのに・・・周りが気になるのだよねえ。
ごめんね、ママの子だわ。

Tiggerは、おしゃべりなのだ。
周りの男の子達はなんとかレンジャーごっこ、と称して取っ組み合いの遊びをするのに、そういった体を使った遊びが好きじゃない。
どちらかというと、一対一でひたすらしゃべるのが好きなタイプ。
なので、みんながいっせいに外に出て騒ぎ出すチャンス、の休憩時間が嫌いだといつも言う。

それに、日本名のファーストネームを、学年が上の生徒にからかわれているらしい。
音の良く似たほかの単語で呼ばれているのだ。
それはTiggerだけでなくて、他の友達2人と合計3人で。
そして3人ともAsian lookingなのだけど・・・気のせいかしら~、ただ単にこちらの気にしすぎかしら~・・・ま、よしましょう。
これも、先生に話をしたのに、軽くいなされておしまい。
かなーーり不完全燃焼。
他にも違う名前で呼ばれている子供の母親と話をしたので、またしっかり報告するつもりだが。

こんな調子で、家に帰ってくるとちょっとRooにあたるようになったTigger。
学校で、本人が知らずに感じているストレスを発散させるかのように、Rooに乱暴につかみかかったり。
昨晩は、寝ぼけながら誰かをパンチしようとしていた・・・。子供の世界も大変なのだ。

もちろんママはいつでもTiggerの味方だぞー
いろいろな感情と戦いつつ、まっすぐ成長していってくれ。
学校は大変なことも多いけど、絶対に楽しいこともこれからどんどん増えてくるはず。
勉強でも友人関係でも、もっと自信をつけることができるはず。
がんばるのだぞ、Tigger!



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-24 07:54 | Tiggerのこと

おもしろすぎです

Tiggerが寝る前に「3匹のこぶた」の絵本を読んであげようとしたら、
「ぼくこのおはなしいえるの」と言って、自分でちゃんとストーリーに沿って話してくれた。
しかも2回も。1回目は私に、2回目はRooに。
でも英語だったけどさ・・・


その後真っ暗にした部屋の中で、ベッドに横になってから。

「ママ、I can't sleep...because I feel something..
 My brain is up to something...

 My brain is thinking too much, so I can't sleep..
 I don't know what it is, but my brain knows.」


頭が冴えて眠れない~ってところかな?笑




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-22 06:27 | Tiggerのこと

いろいろ、いろいろと書きたいことはあるのに、時間が全然ないなあ。

本日の夕飯。チキンと野菜のクリーム煮。
あれ、Roo確かデイリープロダクト控えてるはずだよね・・でも今日はあげてしまった(爆)
なんていい加減な母親なんだか。
でも、ミルクもチーズもヨーグルトも食べなくなったのだけど、大好きで毎日食べるフランクフルトに結局カゼイン入ってるのよね・・・そんなわけで完全カゼインフリーではないのです。

そして夕飯時、Tiggerがチキンを食べながら、ふと手を止めて私に聞いてきた。
Tigger 「このチキンは、dieしたの?Farmerがcutしたの?」
     (動詞が英語の場合が多い・・)
私   「うん、もう死んでるよ。
     Farmerが、TiggerやRooのためにお肉を小分けにして、
     スーパーに送ってくれるんだよ。それでTiggerのお腹に入って、
     Tiggerは大きくなるんだよ。」
Tigger 「え、こうやって?(と言いながら、チキンを柵の中に追い込むジェスチャー)」
私   「そうだね」
Tigger 「そうしてkillするの?」
私   「そう、殺す、というと言葉が悪いけど、
     チキンはそうして命をTiggerにくれて、      
     Tiggerはそれを食べて大きくなるんだよ。ありがとう、ってしないと」

おお、ここまで結構いい感じで答えられてる?と思ったのだが。


Tigger 「え、でもchickいるでしょ。
     Chickは、ママのチキンがいなくなると泣いちゃうでしょ。
     だから、チキンをchickのところに戻してあげないと。」
私   「(・・困った・・)えっと、でもchickはきっと友達とか兄弟がいるよ・・・」
Tigger 「でも、ママがいないとさみしいでしょ。かわいそうでしょ。
     Oops, the farmers are in trouble ~~」

そうきたか・・・

私    「そう、じゃあTiggerはチキン食べられなくなるよ。
      それでもいいの?」
Tigger  (スプーンの上のチキンをまじまじと見ながら)
     「・・うん、たべない。
      チキンとchick、いっしょがいいの。」

そうか・・・ベジタリアン宣言か??

私    「じゃあ・・牛さんやぶたさん、羊さんはどうするの?」
Tigger  「(すごく驚いて)ええ、牛さんとかぶたさんもなの??」

そうだよ、ビーフは牛さんでポークはぶたさんだって、いつも言ってるじゃないですか。


学校で食べ物について勉強したのかと思いきや、そういうわけでもなく。
この後、それなら卵を産むチキンの話やら、チキンのどこの部分を今食べてるのかとか、いろいろ話をしながら、結局クリーム煮完食 (爆)
笑えたのが、「チキンだけど・・これfakeのチキンでしょ?だってbeak(くちばし)ないもの」だって。なので、これまた説明。

いやいや、Tiggerなりの素朴な疑問だったんだけど。
いきなりだったもんで、全然うまく説明できなかったような気がする。
もっと説得力のある説明ができても良かったんだけど。
チキンファクトリーの様子など目撃したら、この子は確実にベジタリアンになりそうな勢いだわね。でも食いしん坊の腹ペコ大魔王なので、やはり誘惑には負けるんだろうけど。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-01-16 08:15 | Tiggerのこと

Local Hero

そういえばTiggerってば、24日から数人にジョークで”You are our local hero!”と言われてる。

その理由は、毎週金曜日発行のlocal newspaperのフロントページに、でかでかと彼の写真が載ったから!
しかも今週はクリスマスのため前倒しで24日のイブに発行された今年最終版。
今でもそのへんの店によると、Tiggerの顔があるし(笑)
毎日発行の新聞じゃなくて良かった~。

というのも、クリスマスのイメージとして、Tiggerの学校で行われたNativity playの時の写真が掲載されたから。
青い衣装を着たTiggerの両脇に二人のクラスメートの男の子、この3人が並んで手を合わせている写真が、"These excited young faces sum up perfectly the magic of Christmas."だそうな(笑)
3人ともTown peopleで、舞台に立っていた時間も他の子供より少なかったのだけど、こんな大きな写真が新聞の一面に載って、かなりもうけものだったかもねえ。

e0160905_22173926.jpg



よく見ると、向かって左側に立っているGabriel君は生粋のイギリス人。
中央のTiggerはイギリスと日本のミックスで、写真の顔はどうみてもオリエンタル。
右側のもう一人のGabriel君はTiggerの親友でルーマニアとフィリピンのミックス。
この3人が衣装を着てカメラを向いている写真は、この小さな町にもここ数年で顕著に見られる国際化の波が見えて、確かに印象的、かも??

うふふ、折角だから日本の両親にも新聞一部送るつもり。
先月クラスの集合写真が同じ新聞に掲載されたばかりなので、ほんの数週間の間に2回も顔写真が載ってラッキーだったわね。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-27 22:08 | Tiggerのこと

もう負けたよ

結局3日3晩熱が続いたTigger。
昨晩と一昨日の夜から明け方までは、今まで一番ひどかったかも・・
いきなり泣きながら飛び起きて、「ママー、Someone is tickling me!!」とか言われた時には本気で困った 笑
今日GPに行ったけどPractice Nurseの診察で、でもちゃんと尿チェックもしてくれて異常なしだったのはいいが、肝心の熱ざましの薬を処方してもらえず、薬局で自腹で買え、と。
ま、こんなものよ。


昨日の昼、ソファーに寝っころがって、寒くて熱い~と言うTiggerのために、彼の大好きな「Kung Fu Panda」のDVDをセット。
つい自分が映画を見るときの癖で、Set upからSubtitlesへいって英語を選んでいた。
(英語の台詞に英語の字幕。これTVドラマなど見るときでもよくセットしてます、かなりストーリーの理解に助かるんです・・読み続けるの疲れるけど)


Tigger;「ママ、What are you doing?」

私;  「え、Subtitle つけてるの。」

Tigger; 「ママ、Why do you need the subtitle for??」




・・ええ、ええ、確かにキミにはいらないわよねえ、すっかりエゲレス人ですからっ。
なんか、すごーーく悔しいけど、もうすっかり負けてるのは自覚済み。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-19 00:06 | Tiggerのこと

Tiggers don't like honey.

e0160905_7593646.jpg



うちのTiggerの大好きな本、

”A World of Winnie-the-Pooh”。

くまのぷーさんの原作本。
ディズニーが世界のどの子供たちにも受けるようにと完全にオリジナル化させてしまったPoohたちとは全然違う、原作独特の不思議な雰囲気がものすごく魅力的。
TiggerはもちろんTiggerキャラクターが大好き。

ここ数ヶ月、Zacがうちに来ている時のベッドタイムストーリーこればかり。
しかも大好きなお話を繰り返し繰り返しリクエスト。
そのうちの一つはもちろん、
”Tigger Comes To The Forest And Has Breakfast”。
お陰で、我が家のTiggerは、お話の中に出てくるこの詩を完璧に覚えてしまった。


What shall we do about poor little Tigger?
If he never eats nothing he'll never get bigger.
He doesn't like honey and haycorns and thistles
Because of the taste and because of the bristles.
And all the good things which an animal likes
Have the wrong sort of swallow or too many spikes.


すげーーー。って、ただただ感心するだけの私。
thistlesってなに??ってレベルだもの、私なんて。
最初、Tiggerはrhymeしている単語だけ覚え始めて、それだけでもすごいすごい、なんて言っていたけど、1ヶ月もほぼ毎日のようにこの話をベッドの中で聞いていたら自然に詩全体を覚えてしまった様子。
私は、ほけ~っと隣で聞いてるだけで、話の内容もいまいち全部頭に入ってないんだよね。
自分の興味のあることに関しては、子供って本当にすごい記憶力の持ち主だなあ。
しかも、詩だけでなく、話全体も覚えてるから、PoohとTiggerの会話も最近は既に記憶してる。その記憶力、私にも分けて欲しい。

Rooも、ふにゃふにゃと独り言を言いながらもなにげにちゃんと話を聞いているみたいで、happyとかTiggerとか、自分がよく知っている単語が出てくると、「はっぴ~」「てぃが~」とちゃんと繰り返していて、とてもキュート。
たまに眠いのにベッドの上で飛び跳ねたがったりする時は、私が何度もNoと言いながら押さえつけるようにベッドに寝かすので半べそかいたりするけど、それでもZacがかまわずストーリーを読んでいるといつも最後にはあきらめて静かに寝付く。
Poohに助けられてるベッドタイム(笑)

ちなみに、Zacがいない夜は私がいつもアンパンマンの絵本を二人に読む。
Zac担当のPoohストーリーの時はTiggerはいつも興奮して、ベッドに寝そべりながらべらべらと話の内容についてZacに話しかけたがり、私とZacの二人にもういい加減に寝なさいと言われてしまうのだけど、私が読んでいる時はちゃんと黙って聞いていてくれる。
ママ一人だと僕とRooのお世話大変だからね、僕ちゃんとgood boyでしょ・・と言ってくれる、優しい子。
だからZacがいる時はしっかり者のお兄ちゃんから無邪気で甘えん坊なTiggerになれるんだよね。

そして昼間はディズニーのPoohのDVDを見るボーイズ。
二人ともほとんどのシーンで動きや台詞を覚えてしまってるぐらい何度も見てるし。(もちろんRooは音や一単語の台詞を言うだけだけど、言えてない部分もちゃんと覚えてるのがわかる)
Pooh熱はこれからもしばらく続きそう。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-11-18 07:37 | Tiggerのこと