カテゴリ:Rooのこと( 84 )

自閉的に変化(笑)


e0160905_782613.jpg


Rooは、すべて一列に並べるということはあまりしたことないのだけれど。
おもちゃくんたちがテレビを見れるポジションでこんな風に並べます(笑)
作ってる最中に、いきなり反対方向に変わってたりしてて、笑える。

「ねえねえ、皆テレビ見てるの?それともどこか行くの?」と、先日聞いてみたのですよ。
英語でね、「Where are they going?」と聞いた後に、Rooが反応しやすいように「They are going to...」って言ってみたら。

「Going to Dragon Land!」って、Rooちゃん言ってました☆

どうやらDragonに皆で会いに行くらしいですよ。ある意味なかなか想像力あるじゃないですか(笑)


そういえば、先日ビーチで散々穴を掘らされたときにも、

「Let's find a treasure box!」
って何度も言ってました。
きっとどこかで見たテレビやDVDのシーンと重ねてるんだろうけど、それでも嬉しいし、かわいいです♪



さて、Dragon Landへ毎日のように通っていた動物やら恐竜が・・・

e0160905_716542.jpg


なぜか、ここ数日からAssembly(集会)開いてるのです☆☆
うーん、これは変型技ですわ。
おもしろいです~

さて、これは何なんでしょうかね、Dragon Landに行く前のミーティングでしょうか、また聞いてみないと(笑)






↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-10-28 07:17 | Rooのこと

前歯が抜けた☆


夏休み前の写真かな。

この時、10枚ぐらい二人の写真を撮ったんだけど、なぜか全部Rooはカメラ目線で満面の笑み!
モデル気分だったんでしょうかね~(笑)

2週間ぐらい前から、上の左の前歯がぐらぐらしていて、もうすぐ抜けるな~と思っていたところ。
昨晩、ついに抜けた!
というか、あまりにもぐらぐらしてたので、私がえいっと引っ張ったら抜けた~♪
これで3本目。上の歯が抜けたのは初めて。

前歯抜けたRooちゃんの顔が・・キュートな顔に笑える歯抜け状態で・・
なんだかミスマッチで、見るたびに笑ってしまいます☆ 

早く生えてこないかな~、と思う反面、ああ、どんどんこうして大きくなっていってしまうのね~・・と思っちゃったりして。
Tiggerのときは私もエキサイティングな気持ちのほうが大きかったけど。
下の子は、いつまでもこのままでいてほしいかな・・なんてね。
上の子は、どんどん頼もしく成長するのが本当に楽しみで、下の子はキュートなままで、いつまでも抱っこできて・・なんて、親の勝手な気持ちです。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-23 06:37 | Rooのこと

1,2ヶ月ぐらい前からなんですが。


「What's your name?」とRooに聞くと、

「〇〇」と自分のファーストネームを言うようになった♪


Rooちゃんにとって、これはすごいことですよ~~~~


ちなみに、「How old are you?」の質問には、当然ながらオウム返し。

地元のM小学校と、支援学校のW校の両方の先生に聞いたけど、特に最近練習したと言うことはなかったらしい。まあ、Rooちゃんは自分の名前はちゃんとわかってたし、自分が写っている動画や写真を見て自分の名前を言ってたし。
「Who are you?」とRooちゃんを指差しながら聞くと、自分の名前を言う、というのは、もう1年以上前からできてたのは、前にも書いたけど。
でも、What is your name?には、以前は答えられなかったのを覚えている。

きっと何かのきっかけで、What's your name?の質問と名前がリンクしたのかな。
それか、「name」という概念を理解できるようになったんだろう。


もし迷子になったりした時に、せめて名前だけでも言えたら本当に助かるだろうから。
なので、たまに私が思いついた時に、週に何回かこの質問をしてました。


そうしたら、2週間ぐらい前ぐらいから、なんと、突然、

「〇〇 ▲▲▲」とフルネームで答えるように!!!

もうびっくりしすぎて。
2,3回確認したけど、毎回ちゃんとフルネームを言ってた・・。


どこで覚えたんだろう・・・学校でもないみたいだし・・・
学校での毎朝の出欠取りも、フルネームでは呼ばないし。
不思議だ・・・


じゃあ、今度は年齢?と思って、年齢と言う概念を理解はしてなくてもQとAをコンビで覚えさせて見ようとしてるけど、まだ完璧には行きませんね~。
それじゃあ、次はママの名前かな?
「マミー」も、実は名前があるって、わかってるかな?

あ、でもいろんな人が周りで私の名前を呼んでるから、本当はわかってるのかもしれない・・なんて。
うーん、自閉っ子は本当に不思議だ。可能性の神秘。


なんて、「お名前は?」の質問一つに感動を覚えられる、お得さ(笑)




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-26 08:50 | Rooのこと

Rooが週3回通う特別支援校(W校)のクラスの先生は以前から
「Rooちゃん用のCommunication Bookを学校側から作成しますね」
と言ってくれていた。
今までは3歳の誕生日過ぎから5歳になるまで担当してくれたスピーチセラピストのAさんが作成してくれたものを使っていたが、家や外出時における日常生活で必要な最低限のイラストが主で、学校の勉強に応用できたるものではなかったので。
もちろん学校作成である以上、学校の所有物になるわけで、家に毎日持って帰ってこれるけど、ちゃんと「大事に使用します」と指定用紙に署名させられたのでした。

e0160905_743089.jpg

ぶ厚いです~~


アルファベッドに数字、科目の名前など、今までなかったカテゴリーもさらに増えて、かなり広範囲にわたって網羅されているのが嬉しいのだけど、やっぱり外出時に持ち歩くには不便な大きさなので、外では使えないな・・。やはり学校内でのVisual helpが主目的です。

e0160905_7464574.jpg

こんな感じ。イラストもかなり見やすい。
3歳で始めた初代PECS Bookはマジックテープでカードが保管されていて、Rooは一枚ずつばりばりとはがしながらボードにつけて、私たちに提示してたんだっけ。懐かしい。
それに比べれば、ここまで成長したか・・と、ちょっと感慨深い。


e0160905_7471589.jpg

「World」
ほう、世界について学びますか。Rooちゃん、そんな概念理解できるんでしょうか・・
とりあえず、国旗がずら~っと並んでます。

e0160905_752444.jpg

もちろん、Englandとユニオンジャックは最初に。そりゃそうだ。
日本国旗も最初に持ってきてくれるかと思ったけど。国籍は・・まだ理解しないか。
ま、アルファベット順でいいです。



e0160905_7541720.jpg


って、日本ないし!!!



即効、次の日にクラス担任、Jenny宛に連絡帳に記入。

「日本の国旗がないんですけど??ジャマイカにジャージーがあって、なんでジャパンがないんですか?」

中国、韓国、台湾、タイ、それに香港まであるんですよ。
そこで・・・ちょーっとだけ心配になったので、もう一つ書いてみた。


「まさか、私が日本出身って、知らなかったわけじゃ・・ないですよね・・(ジョークです)」



Jennyの返信:



「おお!それで、私の車を見て、『日本車乗ってるんですね!』っておっしゃったんですね、今わかりました☆」


・・知らなかったのね(号泣)


いやいや、ちゃんとW校の書類には母の国籍書いてあるし。
Rooの国籍が二つあることも、mixだとも書いてあるし。
第一、去年は数ヶ月間私が毎回送り迎えをしていたし、二人でRooに関するミーティングも何度もしてるし、

なんていったって、自分の生徒の母親が見るからにイギリス人でない限り、ちゃんと国籍ぐらいは把握しようと思うはずですけど・・・・・・・
ま、こちらの特別支援学校では、子供の特性がわかれば別に親の国籍なんてたいしたことないか。
うーん、こんなところもイギリス的・・なのか??


とりあえず、中国出身と思われていたと思われます。まあいいです。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-05 08:07 | Rooのこと

切ない水曜日

水曜日の朝はいつもちょっと切ない。
月・火と地元小学校に半日通ってご機嫌のRooを、スクールバスに乗り込ませないといけないから。
この日も地元M校に行くと思っているであろうRooちゃんに、
「今日はバスに乗るんだよ、W校に行くんだよ」と言いながら外に連れ出す。

スケジュールを見せながら「今日はW校(特別支援学校)だよ」とはまだ言えない。
瞬間に「No, M school.....」と言いながら泣き出すに決まってるので。

バスに乗ることは拒否しないRooちゃん。
でも、バスのステップに足をかけた瞬間から泣いてしまう。

それでも、騒ぎ出したり嫌がったりしない。
どうせ連れて行かれるのはわかってるから、抵抗しない。
ただ、さめざめとバスの座席に座って泣いてるんだよね・・・・
ああー 切ない。


何度も書いてますが。どうしてそんなに地元M校が好きなんだろう。
W校のスタッフも、Rooにとってもよくしてくれているし、毎週クッキングやスイミングの授業もあり、Rooも喜んで参加しているとのこと。
そう、W校に一度行ってしまえば、ちゃんと楽しんで帰ってくるのに。

それでも、地元M校の1 to 1サポートをしてくれる先生の名前を言いながら、毎日M校に行きたいと主張してくる。先生が好き、クラスの雰囲気が好き、友達?とRoo本人がどこまで思っているかわからないけど、時々Rooの名前を呼びながら話しかけてくれるクラスメートが好き、とにかくM校の全部が好き。
そんな感じがひしひしとRooちゃんの表情から伝わってくるんだよねえ・・・。

でも、M校は相変わらずで、拒否はしないが、超がつくほどの慎重さで。
クラスメート全員がランチを食べて3時まで学校にいる中、Rooちゃんは相変わらず半日のみ。
去年のミーティングでW校にプッシュされ、ようやく先週の月曜日から12時下校が、学校でランチを食べて、1時下校に変わったところ。
しかも、火曜日は変わらず12時下校・・・。

先生方はRooがランチに残ることについてめちゃめちゃ心配していたが、結局1 to 1サポートの先生が自分のランチ休憩を1時からにずらしてくれて、先週初めてランチに参加。
Rooちゃんは普通にちゃんとできた。
そして、午後の授業にも出たがり、教室からなかなか出てこなかった。
そして次の日の火曜日、私が12時に迎えに行くと、私を認識しながらもランチホールの前でクラスメートを見ていた。一緒に食べたかったんだろう。

「Rooが残りたがってますね」と先生に言っても、
「そうですね、でも少しずつ様子を見ながらやりましょう・・とりあえず今までどおりで。」と言われた。
Rooはやる気満々なのになあ。学校側の言い分もわかるけど。

Rooは、M校にとって、そんなに大変な子なんだろうか。
M校でいきなり爆走したり、他の子を傷つけたりしたことはないのに。
週二日、フルタイムでRooを預かる点に関して、まるで腫れ物に触るかのような対応で。
Health & Safetyの問題があるので、確かに慎重すぎることに関して全く文句は言えないのだけど。

でもRooが在籍するReception classは4,5歳の子供のクラスなわけで、午後の授業は基本遊びが中心だから、それほどRooがおかしなことになるはずもなく。むしろ、今のこの時期に午後のクラスに参加できないほうがかわいそうなのに。
なんだかなあ。
ちょっと悲しくなってしまった私でした。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-01-26 22:59 | Rooのこと

Rooの手作りパンケーキ

Jamie Oliverの本に載っていたパンケーキのレシピ。

小麦粉 ティーカップ1杯分
牛乳  ティーカップ一杯分
卵    1個

これだけ。

以上を混ぜ合わせ(小麦粉を振るいもしない)、フライパンにバターを溶かして焼くだけ。
Cream of tartar(ふくらし粉)も砂糖もなし。
かなりベーシックな味になることは想像できますが、もちろんイギリスらしく熱々のパンケーキにクリームやらハチミツ、そして好みでヨーグルトにフルーツなどをてんこ盛りにトッピングして食べるのがいいらしいです。

一度このレシピで作ってみたら、やっぱり私には物足りなくて。
甘いトッピングが増えてしまうので、いつも作っているScottish drop pancakeのレシピ通り、Caster sugarとふくらし粉とバニラエッセンスを足すレシピのほうが好きです。


日本のホットケーキと比べるとこれも恐ろしいくらいぺったんこで素朴すぎるくらいの味ですが、逆にこの味に慣れてしまった今、たまに実家から送られてきた日本のホットケーキミックスを使ってホットケーキを作ると、その味の違いに戸惑ってしまいます。


さて、クリスマス直前に、Jamie Oliverのちょっと変わったクリスマス料理の特集番組をやっていて。
実際に作るかどうかはともかく、アイデアはとっても面白かった。
番組の進行役は、なんとJamieの4人の子供さんのうち、上の二人の娘さん。DaiseyちゃんとPoppyちゃん、だったかな。多分7,8歳ぐらいの年子ちゃん。
もうこんなに大きくなっちゃったのね~と近所か親戚のおばちゃん状態で見てましたけど(笑)
で、Jamieが、娘ちゃん二人にこのパンケーキを作らせたんですよ。もちろんフライパンで焼くのはJamieだったけど。準備は娘ちゃんたちだけで。
あちこち粉だらけにして、でも次女の娘ちゃんがしっかりやってました。
あ、そっか、子供に全部やらせてみよう♪と思って。
次の日の朝、早速パンケーキ大好きなTiggerにお願いすることに。


準備をしてたら、ふらっとキッチンにやってきたRooちゃん。
「Rooちゃん、今からパンケーキ作るよ~、手伝ってくれる?」と言ったら、
「フラワー(flour)・・ミルク・・・」と言い出した。

そういえば、Rooも今年の初めぐらいにナーサリーでパンケーキを作ったんだっけ。
それから、Cbeebiesのウェブサイトか何かで、パンケーキの作り方のアニメを見てたこともあったっけ。


ということで、Rooちゃんに試しに手伝ってもらうことに。
ティーカップに小麦粉を入れたり、ミルクを注いだり、卵を割りいれるのを見ててみらったり。
ハンドミキサーもちょっと持たせてみた。
Rooちゃん、大喜び。
そして出来上がったパンケーキをTiggerと一緒にぱくぱくとってもおいしそうに食べてくれた。
うんうん、大成功☆


・・と、ここまでが一日目。
次の日、朝からRooちゃんの「パンケーキ!」要求が・・・。
そして、自分で、フラワー・・ミルク・・エッグ・・・と言いながら、それらがおいてある場所(戸棚と冷蔵庫)からとろうとする。さらには「ティ~・・」と言いながら、ティーカップも取ってきた(汗)

えっと、違うもの作ってるんですけど・・・でもRooちゃんが止まらないので、あせりながらとりあえず準備。
手伝おうとすると、「No--、Roo!」と言われる。
「自分でやるの!」ってことですか。

結局、卵以外の材料をボールに入れるのも、
e0160905_8435113.jpg


ハンドミキサーも、全部やってくれた♪
e0160905_8445153.jpg


ちゃんと砂糖とCream of Tartarも忘れずに要求してくれたし。
すばらしい~。
ということで、ほくほく焼いて、またがっつり食べました。

e0160905_8452655.jpg

おいしいね~~
Rooちゃん、得意料理ができたよ!!(笑)



・・そして、数時間後に、まさかのパンケーキ要求再び(爆)
もう今日は終わり!と言ったが、Rooちゃんの意思は固く・・。
あきらめさせるよりやってしまったほうが早いしストレスも少ない・・・ということで、夕食の準備をしながらまたもやパンケーキだ~~・・(今度は半分の量で)


もちろん、次の日も朝もパンケーキ・・・・でした。
まさかの4連続。さすが自閉っ子。
だから、上の写真の洋服がね、違うのよ(笑)

そして、昨日も作りましたが・・昨日はなんと、作っただけで食べてくれなかった!
味には飽きたけど作りたいってね。
それはいいけど、食べる方の身にもなっておくれ。

まあ、Tiggerは大好きだからいいけど、でも食パンもあるのだよ・・・。
小麦粉とミルクがえらい勢いでなくなってますよ~

粉も乳製品も、あなたの対敵ではないですか・・
粉はあまり制限できてないけど、乳製品は加工品に入っている以外はほとんど食べてないのに、いきなりのミルク大量摂取です(笑)
ほどほどにお願いしますよ~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-12-29 08:30 | Rooのこと

忘れないうちに

ちょっと嬉しかったので、忘れないうちに書いておかないと。

ハーフタームで、学校は11月の1日までお休み。
今日の日曜日、寒かったけどまたいいお天気。
Zacは夜ライブに行くので、私とボーイズでおでかけしたい、さてどこ行こう・・と考えて。
うちから40分ほど車で行ったところにある、ファームとインドアプレイエリアが合体した場所に行くことにした。
1年以上ぶりだから、二人とも喜んでくれるかな?と思って。

でもでも・・もうTiggerにはちょっと向かないなあ。
子供たちも、赤ちゃんから4,5歳ぐらいまでが大半だし。
Tiggerより大きい子たちもいたけど、明らかに赤ちゃんの兄弟姉妹のつきそいって感じだった。
おかげで、到着して1時間もしないうちに「家に帰りたい」と言い出すTigger。

だけど、Rooにはちょうどいいぐらい。
動物もいるし、遊具たくさんの広いアウトドアエリアもあり、かなり大きな砂場やトラクターのおもちゃあり。
もちろんインドアの遊具(ボールプール)も大喜び。
これはかなり予想外だったのだけど・・・赤ちゃん用のおもちゃがたくさんある場所で延々遊びたがった。
だって久しぶりだもの。それに「これは赤ちゃん用だから、遊んでたら恥ずかしい」なんてちっとも思わないわけだし。
でも、1歳ぐらいの男の子がRooが遊んでいるおもちゃに触ろうとして、「No」と言いながら手を押しのけた時には、さすがに私が気まずい思いをしてしまい、なんとかRooを説得してささっと立ち去りましたが。


そして、以前は農場の納屋だった場所にある、大きな砂場で遊んでいた時。
Rooは大喜びで、砂場から離れなくて、ちょっと飽きてきたTiggerは外のClimbing frameへ。
少しして戻ってきたTiggerは、「もう飽きたから家に帰りたい」を連発。
「I want to go home」ばかりを繰り返す。
わかったからもうちょっとね、Rooの気が済んだら・・とやりすごしてたが、あまりにもしつこいのでいい加減私もイライラした矢先。

砂場で親権に一人遊びを楽しんでいたRooが、Tiggerのそばに来て袖を触り、

「〇〇(←Tiggerのニックネーム)・・・」
「Let's play with sand・・」
「Come on then・・・」

と言いながら、Tiggerの袖をひっぱって、砂場に連れて行こうとした!

これは驚きです。
もちろん、発音はいつものRooらしく、「えっつ、ぷりぃえい、うぃず、さーんど・・・・」って感じだけど。
しかも、「Come on then」で、首をくいっとまげて、まさに誘ってる態度。すごいすごい。


たくさんいろんなフレーズを言えるようになったし、要求したいことはちゃんと単語だけでも伝えられるし、テレビやDVDなどの場面や歌などの暗唱もひっきりなしだけど、それでもなかなか社会性はのびなくて。
学校のクラスでも最近は本当にいい調子だけれど、それでもクラスメートの子供たちと一緒に遊ぶことはほとんどなくて、いつも誘われるけどRooは知らん顔・・という状況ばかりらしいので。
こんな風に、自分から誰かを言葉で誘うことができるのは嬉しい。
お兄ちゃんとだったら、できるんだよね・・家でも、お兄ちゃん相手なら割と似たような誘いかけはできてたし。
でも、なんとか友達を誘えるようになったらいいなあ。




Rooちゃん、ぜひお友達も誘ってみようね。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-10-25 07:38 | Rooのこと

秋晴れの日曜日

e0160905_6293114.jpg


とってもすがすがしい秋晴れ。
久しぶりに4人でお散歩に行けました。

写真だとわかりませんが・・実は牛の落し物だらけの中を忍者のごとくひょひょいとすり抜けると言う、ある意味スリル満点のお散歩でしたけど。

e0160905_6311915.jpg


午前中は、私初めてジャコランタン作ってみました♪
昨日パンプキンを買ってきたら、Rooが
「はろうぃ~~~ん!!」と大興奮。
はさみを自分で持ってきて、
「scissors.....cut!」と要求。(いや、ナイフがいるんだけど)
ちょっと待ってね、もう少ししたらね、と言ってたのだけど、今日も朝からパンプキンの周りをぴょんぴょんしながらまたはさみを持ってきて、自分で切ろうとしてたので、じゃあ今からやるか~ということで。

TiggerとRooにも少し手伝ってもらって。結構すぐできました。
いや~ネットで検索すると本当にいろんな画像が。すごい凝ってるのもあったり。

e0160905_6325822.jpg


Zacの両親宅に持っていって、キャンドルを入れてみたけど。
あれ、なんかおかしいよね・・・鼻ないよ(汗)
この写真の後、家に帰ってから鼻くりぬきました~ははは。
誰からも突っ込まれなかったので、皆気づかなかったわね、おほほ。



e0160905_639551.jpg


もうすぐ夏時間も終わり。
もっともっと寒くなる前に、つかの間の秋を楽しまないとね。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-10-18 06:39 | Rooのこと

今晩はかなり疲れてたのか、あまりご飯も食べずにすぐ寝てしまったRoo。
今週は天気も悪かったし、疲れがたまってたかな・・

木・金曜日はSpecial Needs Schoolに行くRoo。
昨日の木曜日、迎えに行ったら口元に2本の傷が・・。血がまだちょっと出てる。
もう既に学校を出ていたので、連絡帳をチェックしたら、「アクシデントでほかの生徒の爪でひっかかれてしまいました。Rooちゃんはとっても我慢強かったです」と書いてあった。
でも私が触ろうとしたら即座にものすごく嫌がる。痛かったことを思い出しちゃうのかな。
泣いたかな?話ができないから聞けないのがもどかしい。

でも今日は泣くこともなくちゃんとまた学校に行ってくれたのでよかった。
先生も朝謝ってくれたし、こちらは気にしてないと伝えておいた。


前タームまでナーサリーでは泣き続けたので、どうなることかと思ったけど。
Special Needs SchoolのYear1クラスにはすっかり慣れた様子のRoo。
それでも、今でも木・金の朝に、私ときちんとアイコンタクトを取りながら、「I want to M school...」と言ってくるのだよね・・。
やっぱり今でもM校のほうが好きなんだろう。

M schoolとは、月~水まで午前中だけ通っている地元普通小学校。
ここのナーサリーでは、本当にたくさん刺激を受けたRooちゃん。今ではReception classにあがって、いろいろRooちゃんの中ではついていけなくてつらい部分もあるだろうけど、補助の先生と一緒に頑張っている。
楽しく通ってくれるのが一番・・と思いつつも、普通クラスに在籍している様子を見ると、やっぱりRooちゃんだけが浮いているわけで。
ほかの子供たちがきちんと先生の指導の下一つのアクティビティをしていても、Rooちゃんは勝手気ままにおもちゃで遊んでたり、補助の先生と少し課題をやってたり。
先生の話では、周りの子供たちに迷惑をかけることなくちゃんとやってますよ、とのことだけど、やっぱりRooちゃんのautisticの部分ばかりが目立ってしまうのも現実。

そして、いくつかある課題。
まず、なぜかM校ではトイレに行けない!
ナーサリーでは教室内にトイレがあったので問題なかったが、Reception classの隣にある全校生徒が使うトイレに入れない・・・。
ナーサリーに在籍中は学校内をうろうろしながらトイレにも普通に入ってはあちこち見て歩いてたのに。
トイレの前の長い廊下も苦手で、朝と帰りには、わーーーーー・・・と言いながらダッシュをかけてしまう。そしてトイレの前にきたらきゃーーーーーっと叫びながら教室へ・・・(汗汗)
または、教室を出て、叫びながら廊下を走り、正面玄関前の水槽へ行ってしまう。
しかも、これを授業中にも何度かやってしまうらしい。

「Fish tank、行きません」などのカードの提示をすると、ちゃんと「No fish tank...」とつぶやくRoo。
それでも、授業がつらくなったり、トイレに行きたくなったりする後半には、何度も廊下を走って行ってしまうらしい。
それじゃあ、せめてなんとかトイレには行けるようにしないと後半落ち着かないかも、と、先生方が少しずつ策を練って誘っているのだけど。

トイレが嫌な理由がしばらくわからなくて、先生方とスピーチセラピストで足跡を教室からトイレまでつけてみて誘導したり、トイレの写真をスケジュールの横においたりしてくれたんだけど、うまくいかず。
トイレが嫌なのか、トイレに行くときにすこし歩かなくてはいけない廊下の部分が嫌なのか?
なにしろ自閉傾向だけでなく、性格的にとっても頑固なRooなので、言われるほど嫌になってしまってるのかも。
でも、きっとこれかな?と思うことが一つあって。
ひょっとしたら、ハンドドライヤーの音がだめなのかも?
外出先でトイレに行くと、ハンドドライヤーを嫌がるようになったので。
実はM校のトイレにハンドドライヤーがあるとは知らなかった私。先週初めてその音を聞いて気がついた。
なので、Amazonで早速イヤーマフを購入してみました。
といっても、自閉症児用のではなくて、DIY用のなんだけどね(爆)
とりあえず、どんな反応が出るかわからないので、初めはこれでお試し。

今まではイヤーマフが必要なほどの聴覚過敏の症状がなかったので、あえて使わずにきたのだけど、やむなく。ヘッドホンが大好きなので、遊びでつけたがってしまわないように気をつけないと。
いや、それよりも、もしかしたらイヤーマフをつけていたとしても、ほかの生徒がいたらまたおびえてトイレに行かないかも・・・そうなるともう致命的。

いろいろ先生方と知恵を出し合ってあれこれ試しているけれど、なにせRooちゃんのような自閉症児に対応できるスペースの確保も十分な教材の準備などもなかなかできない状態。
それでも私の熱意を汲み取って、一生懸命やってくれている先生方。
本当にありがたいけれど、ここでうまくRooちゃんと他の生徒たちとの調和ができなければ、やはりこのままこの学校に居続けるのは難しくなるだろう。
できることはなんでもやってあげたい、それでも学校側にはもちろん限界があるわけで。
なんとなく後ろ向き、というか、上限が見えてきたかな・・と思わずにはいられません。

いやいや、トイレだけの問題ではないのですけどね。
Reception classで他の子供たちが学ぶべきカリキュラムの内、どこまでRooが習得できるか・・と見ると、まずほとんど無理。
確かにアルファベット一文字の音はそれぞれわかっているけど、その情報を元に単語が読めるようになるのか、または書けるようになるのか・・無理無理。
cat・ dog・ matなどだったら単語で読めるものもあるけれど、音で呼んでいるのではなく、視覚的に覚えている様子。
Numeracy(算数)やほかの科目についても同様。
RooちゃんにはIEPがあるわけだから、クラスの皆と同じカリキュラムをこなす必要はないのはもちろん承知だけれど、それでもあまりにも差が出る場合には同じクラス内に居るのが難しくなるのは当たり前のことで。


トイレに行けないけど、長い廊下が怖くて叫んじゃうけど、それでもM校が大好きなRooちゃんの気持ちを尊重してあげたいけど・・いったいどこまでいけるか?なかなか難しいところです。


とりあえず、少しずつ、少しずつね・・。
来週はトイレに行けるかしら??


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-10-02 06:54 | Rooのこと

誕生日は過ぎたのに・・

e0160905_1926893.jpg


おめでとう~Rooちゃん☆


・・というのは、8月に終わったんだけど。
Rooちゃんがこのケーキを切らせてくれなかったので、しばらくキッチンに隠してました。
でも見つかっちゃって。またまた「ばーすでー、きゃんどるー、」としつこい要求にZacがギブアップ(笑)
3回もまたふ~ふ~とロウソクを吹き消してご満悦。

でもケーキがあれば食べたいTigger。そりゃそうだ。
それでもちゃんとRooの意思を尊重して我慢してくれたので、今度はTiggerの要求をかなえる番かな、ということで。
賞味期限が9月の12日だったので、ぎりぎりにこっそりTiggerと私で一緒に食べましたよ。

でも、本当に嬉しそうな表情のRooちゃん。
毎日が誕生日だったらいいのにな~~と思ってるんだろうね(笑)



Rooちゃん、学校がんばってます。
毎朝泣かずにちゃんと二つの学校に通えるように。
しかも、普通小学校のほうではRooちゃん担当のMrs. Ellisととってもいい関係を築いているようで。
課題、といえるほどのものではないけど、一緒にペイントしたり動物の鳴き声を聞いて「I hear 〇〇」と答えるゲームなど、One to oneのセッションもきちんとやり遂げるし。

どうやら、うちの子は二人とも外面がいい!!
Tiggerなんて、まさに外では優等生、家に帰ってくると駄々っ子だもの。
二人とも学校では言われたことをきちんとやるタイプ。Rooちゃんはもちろんできないことや拒否もあるけど、基本的に一日の流れには素直に従ってやり遂げるらしい。
その分二人とも家ではだらだら~~、好きなことだけしたい~~、という感じで、宿題をやらせたりご飯の時間にちゃんと席についてもらうなど小さいことを何度も言わないといけないので私がイライラ・・・・。

誰かに似てるな・・そう、私だ(爆)
こりゃ仕方ないな~・・・



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-23 19:31 | Rooのこと