カテゴリ:お出かけ( 46 )

秋のお散歩

話が前後しますが、10月中に遊びに行ったお散歩などの写真。

e0160905_8103166.jpg


散歩の途中で、雨が降ってきて。しかも寒くなって・・
でも、きれいな虹が見えました。

e0160905_8111142.jpg


そして、虹の写真を撮っていた1分ぐらいの間に、みるみる晴れ間がまたやってきた。
この後またすぐ暗くなっちゃうんだけど。
イギリスのお天気は、本当にくるくるとよく変わる・・・

e0160905_8134939.jpg


Tiggerはこんな格好でした♪
すっかりカントリーボーイだわねえ。



e0160905_8152810.jpg


ハロウィーンの前日、Zacの両親の家で、ボーイズ恒例のApple Bobbingに挑戦☆
Rooちゃんてば、かなり真剣でした(笑)
すきっ歯だから全然取れなかったけど(笑)

e0160905_8231236.jpg


その後、車で20分ほど走って、とある林の中まで栗拾いへ連れて行ってもらいました♪

e0160905_8252810.jpg


初めてでしたが、楽しかったです。
ボーイズが喜んでました。Rooちゃんが思いのほかはまってて、びっくり。

家に帰ってさっそくローストしたんだけど・・TiggerもRooも食べなかったわ~~
私だけもぐもぐ。おいしかったけど、残念。
来年はTiggerだけでも食べてくれるかしら。

e0160905_82721.jpg


そして、今年のうちのジャコランタン。
まあ、こんなもんですかね(笑)
なぜか後ろにはTiggerが”Wicked Jack"と名前を書いてました。なんで?

Trick or Treatには行きませんでしたが、それなりにハロウィーン気分は楽しみました☆



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-07 08:01 | お出かけ

夏よ再び

先週から、完全なる夏日に逆戻りです。
イギリス各地で30度を超えてるって・・おかしすぎる!
この時期の最高気温の記録を塗り替えたとか。

皆戸惑いつつも、また水着を引っ張り出して、海にプールに飛び込んでる写真や映像がニュースで流れて、なんだか嬉しいですけど。

Assighmentもやらなきゃだけど・・そんなこと言ってられないです、こんな天気が続いたら。
外出しなきゃ損、損、っていう、Sunshine貧乏ですから。イギリス生活(笑)



そんなわけで、土曜日は、車で30分ほど行ったところにあるForestエリアを抜けていくビーチへ。

森の中の散策は何度も来た事あるけれど、ビーチまで足を伸ばしたのは初めて。
ビーチと言っても、砂利だらけで砂浜ではないため、子供連れもいるけれど、どちらかというとおとなだけでゆっくり時間を過ごしたいグループが多かったかな。

e0160905_893629.jpg



すっごい、レアな景色を見た気分。
風がないので、海の上に少し霞がかったままの状態が続く。
空と、海の境界線が見えない。

e0160905_8103577.jpg


少し経つと、少しずつ境界がでてきた。
きれい。


ビーチから振り返ると、こんな景色。

e0160905_8144178.jpg


うーん、なんだか贅沢な気分。


この後は少し移動して、友達家族とパブで合流。
久しぶりに集合して、楽しかったです。
子供たちが遊べるスペースがあるガーデンに座っていたけど、Rooもちゃんと混じって、4人のボーイズで楽しそうに遊んでた。


日曜日は、Zacが初めてTiggerをゴルフに連れて行ったので、私はRooとまた地元のビーチへ。
また友人家族と偶然会って、笑った。
皆、こんなにゴージャスな週末に考えることは一緒(笑)


また新しい週が始まるけれど、今週もいい天気が続きますように。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-10-03 08:13 | お出かけ

Wildlife Garden

隣町にあるWildlife Gardenに遊びに行きました。

実は、ここの存在を知ったのは、ほんの半年ほど前のこと。
7年も今の町に住んでるのに、全然知らなかった・・
反対方向にわりと人気の動物園があって、そこの年間パスを毎年買ってるので、このWildlife Gardenの話を聞いても、特にすぐに行きたいと思わなかった、というのもありますが。

でも、もう夏も終わりだし、せっかくの晴天の土曜日を無駄にしたくないな・・と思って、じゃあここに行ってみようか、と気楽に決定したのだけれど。
感想: 実に楽しめました!
なんでもっと早く行かなかったのかしら・・またすぐ行きたい~(笑)

e0160905_4293325.jpg

Tigerもいたし・・しかもこんな至近距離で!
実はかなり高いところにこの場所は設置されていて、このトラくんは地面を歩いていたのだけれど、私たちの声を聞きつけたとたん駆け上がってきて。
あら~お友達になりたいのかしら?なんて一瞬でも思った私が甘かった・・・実はおなかがすいていたのか、私たちの周りをうろうろしてはガルガル・・・・っとうなっていた(汗)
襲い掛かろうとしてたのか、そういうことか・・(笑)

e0160905_4364917.jpg

Leopardもいたし・・・ (うさぎをディナーに頂いてるところ 汗)

e0160905_445182.jpg

なにより、ボーイズの心を鷲掴みにしたのは、AlligatorとCrocodile、それから5メートル強の巨大ヘビ!
かなりの迫力でした。

e0160905_457911.jpg

私的には、Redpanda(レッサーパンダ)がヒット!
キュート~~~☆

e0160905_4461051.jpg

遊具も充実していたし、満足です☆

e0160905_514945.jpg


e0160905_456449.jpg

思ったより敷地面積が小さかったことが難点ですけど。
でも年に数回程度なら、ぜひ遊びにきたいかも。

なかなか楽しめた一日でした☆


ところで、今日の記事と全然関係ないのですが。
どうも最近、exblogの記事のアップロードに時間がかかってしょうがないのですが。
サイトを時間がかかるばかりか、写真のアップもドラッグすればいいだけなのに、すぐに反映されなかったりして、ちょっと困ってます。
どうしたらいいのかしら~。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-18 04:30 | お出かけ

楽しみ方がわからない?

都会に住んでいる自閉っ子は、休日など人混みの多いところは慣れてるのかしら。
うちのボーイズはどちらも人混み苦手ですが、もちろんRooちゃんは何をしに行くのか、自分の興味のあることができるのか、がはっきりしないと、全然だめです。

それでもなんとかバギーなどで連れ出していたのが1年半前まで。
それ以降は、もうあきらめまして、普段は街中には連れて行かなくなりました。
行っても、さっと用件だけ理解してもらって、速攻で終わらせる。
でないと、お互いつらいので。
お買い物のトレーニングなどは大型スーパーで、そして休日はできることなら自然の中、あるいは動物園や子供向けの博物館など、ボーイズの興味を引くところ。
もちろんホリデーもそんな感じで・・
とやってきた数年でしたが。

今回のロンドン旅行では、Rooちゃんの好きな場所に行こうとちゃんと考慮しつつ、団体行動なので多少妥協してもらわないといけない場所や時間などもあって。
基本的には、だいたいの場所でRooちゃんなりにがんばってくれました。
London Eyeは、予想通り、はじめの10分は大号泣で。乗る前から暴れてたので、係員がRooの搭乗に難色を示したのだけれど、Zacの両親がスマートにうまくフォローしてくれて、なんとか乗れました。

しかも、私たち12人だけの貸切だったので、とりあえず泣いて泣いて、その後落ち着いてくれたらいいか、という作戦で、なんとかなりました。私がずーーっときつく抱いてあげてたのだけどね、やっぱり恐怖感が強かったらしくて、Rooちゃんの心臓がばくばくしているのがわかって、とっても申し訳なかった。
数日も前からYoutubeや写真で画像や動画を見せたり、スケジュールを見せたりしたけれど、そしてそのときはなんとなく興味深げに見てくれていたのだけれど。
やっぱり本物を目の前にしたらこうなるよね・・。

結果的にはしばらく泣いた後に落ち着いてくれたのでよかったけれど、もしかしたらそのままパニック状態が続いてもっとひどいことになっていたかもしれない。そう考えると、密室で逃げ場のない場所に泣いたままの状態でいることは、やはりリスクが高いよね・・
私とRooちゃんの二人だけだったら、絶対に無理せず乗せなかったけど。今回はみんなと乗ることになっていたし、Rooちゃんにも体験してほしかった・・との強い気持ちで決行してしまった。結果オーライで本当によかったわ。
でも、これでちょっと懲りた私には、いっそう飛行機搭乗が遠のいた気がします。とほほ。

大英博物館では、Rooちゃんは、人の多さにもかかわらず、終始ニコニコしてくれた。
前回の記事に載せた写真にあるように、骸骨の展示がえらく気に入った様子(笑)
Tiggerがどうしても見たかった展示物コーナーのために、大英博物館に行きたい!と言っていたので、弟ファミリーも参加してくれました。感謝。
おかげでTiggerは大満足でした。

それでも、せっかくみんなで歩いていても、突然噴水を見つけたらそちらに走っていって、しばらく動かなかったり、すぐに「Going home... home....」と言い出して、家に帰りたがったり。
みんなで右に行くところを左に行きたがったり、どうしても行きたくないと主張して道に座り込んだり。
まあ、自閉っ子ならこうなるでしょう、という王道の行動を見せてくれただけなんだけどね。

いつもはこれぐらいたいしたことなくて、ああまたRooちゃんのこれか・・と思うのだけど。
今回は、私は精神的にとてもつらかったです。
というのも、これは私がとっても参加したかったことばかりだったから。

いつもは、RooとTiggerのためにどこかに行って、結果多少拒否されたところで、すぐに妥協策を考えて提示すればOK。でも、このロンドン旅行は、両親と弟ファミリー、私とボーイズ+Zacという人数で、ひとつの思い出を共有したかったから、私の行きたい場所にRooにちゃんと着いてきてほしかったから。
そして、それが思ってたより重労働だった気がして。

実は、普段のRooちゃんと変わらないのだけど。いつもだったら、全然平気なのに。
今回は、
「どうしてRooはすんなりついてきてくれないんだろう・・」
「どうして私のしたいことを理解してくれないんだろう・・・」
という発想になってしまい、ネガティブな思いが膨らんできてしまったりして。
Tiggerとももっといろいろ話しながら歩きたいのに、いつもRooを横目で追いかけてないと落ち着かなくて、気が急いてしまって。
弟夫婦の子供たち、5歳の女の子と3歳の男の子とも、もっと触れ合いたかったのに、いつもRooちゃんに振り回されて、できなかった・・・
そんな風に感じてしまったりして、二日目の夕方は凹んでました。

でも、そうはいっても、実は充分一緒に入れたんだよね。
もともとほんの数日間しか一緒に入れないってわかってたから、どうしても「もっと話せたら、もっと一緒に入れたらいいね」という気持ちを、多少Rooのせいにしていたわけで。
だから、短い時間を有意義に過ごせたことに感謝して、TiggerとRooにもよくがんばったね、とねぎらってあげないといけないんだよな・・と思えたのは、もう復路の電車の中でした。

それに、本当はRooちゃんも、いとことの対面をとっても喜んでいたのです。
ロンドン2日目と3日目の朝は、どちらもホテルの部屋でいとこ二人の名前を呼びながら、早く会いたい、という気持ちを伝えてくれてました。でも、もちろん一緒にいても絡んで遊ぶことはほとんどなかったけど。
それでも、3歳の男の子のR君が時差ぼけで寝てしまったときも、常に近づいていっては寝顔を覗き込んだり、5歳の女の子のKちゃんにも笑顔を見せながらHigh 5したり。
Rooなりに、いとこのとの時間の共有を楽しんでいたのだよね。
それが見れたのは本当に嬉しい。

弟ファミリーはロンドンで3日間過ごした後、パリへと旅立ちました。
パリまで一晩でも一緒に行けたよな、と気づいたのはずっと後でした。しまった・・。


そして、2週間私の家に泊まってくれた両親も、先週の土曜日にオランダへと渡り、ただいまオランダ旅行を満喫しているところです。明日にはようやく日本へと帰国です。
私は、また私のやれることをひとつずつ毎日こなしていく生活に戻りました。

家族とまたはなれて寂しいけれど、それでも自分の生活はこれでも気に入っているので、大丈夫です、まだやれます。
やはり、あとはカレッジのコースでしょう・・・。今週の木曜日からまた始まりますが、まだ宿題終わってません・・
これアップしたらやります~




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-12 18:34 | お出かけ

London Trip

e0160905_5381562.jpg


e0160905_5433973.jpg


e0160905_5391415.jpg


e0160905_5405018.jpg


e0160905_5395840.jpg




「できることなら今すぐ家に帰りたい、いや帰らせてくれ」
という態度を20分ごとにみせるRooを連れての、コテコテのロンドン旅行でしたが。

いろいろありましたが、なんとか終わりました。
5年ぶりにやっと弟家族と再会しました。嬉。

またちょこちょこレポートしたいと思います。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-09 05:37 | お出かけ

Roo6歳の誕生日!

前記事の続きです。

実は、22日の月曜日は、Rooちゃんのお誕生日でした♪
6歳になりました!

お友達とキャラバンにステイしてたので、朝ごはんの後、チョコレートマフィンにろうそくを6つさして、みんなでバースデーソング。Rooちゃん大喜び。
ちゃんとしたケーキは家にちゃんと用意してあるので、金曜日に私の両親が日本からやってきた時にまたお祝いするつもり。

この日は、イギリス中晴天に恵まれた日でした。ラッキー!
というのも、ぜひ行ってみたい海辺の町があったから。
町と言うか、村ですけどね。小さいのだけど、夏は観光客であふれるそう。

e0160905_84736100.jpg

e0160905_8471322.jpg

こんなまっすぐな入り江沿いの道を、ひたすら歩くこと、20分ぐらいかな。
ここはいろんなボートが所狭しと停泊してます。

e0160905_8482865.jpg

着いた~~!
写真では写しきれませんが、めちゃめちゃ美しいビーチ!
さすがにこの日は人であふれかえってます。

早速子供たちは遠浅になったビーチで遊んでました。
私と友人はのんびり・・

と書いたらなんだか素晴らしいホリデーのようですがね、実はこのビーチにたどり着くまでにものすごい大変なバトル?が、Rooちゃんと私の間に起こってたのですよ・・。
私にしては、ようやくたどり着いた・・・なんて疲れたんだ・・・・もうこんな大変な思いは嫌だ・・・と、しばし呆然としていたんですけどね。とりあえず、落ち着いたわ~~、という状態でした。

e0160905_852936.jpg

その話はまた後で書くとして。
何事もなかったかのように遊びだすRoo。おいおい・・・とつっこみたかった私(汗)

たっぷり遊んで、さあ帰ります。
e0160905_854698.jpg

またまた延々と歩きますよ~、皆お疲れ~

ここで、友人家族とはお別れ。
彼らはまたキャラバンパークに戻って残りのホリデー消化、私とボーイズはここから1時間半かけて帰宅。
が、友人が「ガソリンが足りない!でも一番近くのガスりんスタンドまで15km以上だって、足りない!!」というので、無理やり5人乗りの私の車で6人乗車(違反だ)、20分車を飛ばしてガソリンゲット、そしてまた20分かけて戻ってきてさようなら~、というオチがありました。助けてあげられてよかったよ。


本当に、友人には感謝です。Rooちゃんの誕生日と重なったのは偶然、というか、この日しか予定が開いてなかったので、ZacやZacの両親がRooちゃんのお誕生日当日にお祝いできなかったのは申し訳なかったけど、私たちにとってはとってもいい思い出となりました。
特にTiggerが、本当に嬉しそうで、よかった。


・・でも、肝心要のRooちゃんが、どれだけこの一泊旅行を楽しんだか、というと。
二日とも、かなーりご機嫌斜めだったのです。
まず、出発日の前夜に、朝の4時起きしてしまったRoo。当然私も4時。
行きの車の中で寝てしまった。
これはまずい。

なにしろ、この状態でどこかに到着し、まだ寝たりない状態だったら、いつも泣いて泣いて大変なRoo。
今回もアドベンチャーサイトに到着したら、、「Nooooooo, I'm going homeeeeeee!!!」と泣いて、降りてくれなかった。
なんとかなだめすかして、このときは10分程度で切り替えできた。
その後は2時間ぐらい楽しく遊んでくれたけど、「・・I'm going home.」がまた始まってしまった。
なにしろ、寝不足で本調子ではないので、ちょっと遊んでは帰りたいといい、また気が変わってちょっと遊んでは帰りたい攻撃を繰り返すように。
なんとか気を散らしながら、皆が帰りたいと思うようになるまで時間稼ぎ・・
最後のほうは、結構切れてたRoo。

そして、ああやっとMummyの車に戻ったよ、さあ家に帰ろう・・と思っても、「今日は家に帰らないよ、友達と一緒にお泊りだよ」と言われ、「NOOOOOO!!」となる。
でも、キャラバンパークについてからは、思ったより喜んでくれた。
なんと、あれこれ持ってきたDSもDVDプレーヤーも触らずに、ひたすら森の中へでてはちょろちょろと探索(キャラバンは森の中に建ってます)、キャラバンの中で遊ぶ他の子供たちにちょっと混じったり・・・と、かなりリラックスして楽しそうだった。
夕食後にすぐ隣のアスレチック遊び場のようなところに連れて行ったら、これも興奮して参加してたし、なにより他の子供たちととっても上手に絡んでいて、ものすごくいい刺激になってるのがよくわかった。

その後の、皆でDVD鑑賞もそれなりに楽しんで。
さて、皆寝ようか・・・というところで、急に「お泊り」を実感してしまったRoo・・キックオフ。

泣いて泣いて、「Going home・・・」と言いながら、外に出ようとする。
真っ暗なので、鍵を閉めると、無理やりあけようとする。
自分の靴をはき、かばんを持って、私とTiggerの靴も持ってきて、はけと要求。
とにかく、泣いてはベッドに入るのを拒否。
もうTiggerたちと友人にはさっさと自室に引き上げてもらって、(Tiggerは友人の男の子と一緒の部屋、私とRooはリビングのソファーベッドで寝た)とにかく私はRooと二人っきりのリビングで、ひたすらRooが落ち着くのを待つ。

・・・長かった・・・・。1時間ぐらい泣いてたかな。
またテレビでDVDを見ながら、ベッドに入るのは拒否。
でも、本人は相当眠い。でもひたすら粘る。
1時間半ぐらいで、やっとベッドにちょろっと入ってくれて、またすぐ出て、その後またベッドに入って・・・すぐ寝てくれた。はああ~~~
でも、この時点で、既に11時過ぎ。朝4時から起きてるRooにとっては、遅すぎるわけで。

もちろん、次の日の朝、誕生日当日・・Rooの起きぬけ一言目は、
「Backing home・・・」でした・・・。とほほ

そして、この日も一日中、home, home, homeと言われ続け。
ビーチに行くよ!と言っても、Noばかり。
やっと到着してスコップやバケツを出そうとしたら、拒否されて持っていけず。
友達家族の前で、家に帰りたいとばかり言われる・・・。

Fish&Chipsのランチで気を取り直して、満足そうに全部食べたので、友達とこれで大丈夫ね、やっとだわ・・と話していた矢先。
ビーチまでの道は高台になっていて、Crabbing(かに釣り、でいいのかしら?)をするファミリーがずらずら。
しかも、皆かなりたくさん取れている様子。
覗くと、みな誇らしげにバケツに取れたカニを見せてくれる。

去年の夏にCornwallで私たちもCrabbingを散々やったので、TiggerもRooも興味津々。
まあ今日はできないけどね、また今度・・・と言いながら通り過ぎようとしたら。
Rooちゃんが、歩いてくれない。
「Crab, crab・・・・bucket, Crab・・・・fishing・・・・・I want crab!」と言い出した。
オー ノー・・・・・・

というわけで、ここからがバトル。
ダッシュでCrabbingのエリアに戻りたがるRooちゃんを抑える私。
全くあきらめずに全身の力をこめて、泣き叫びながら私から逃れて走りたがるRoo。
友人家族はこのビーチをとっても楽しみにしていたので、これは長期戦になりそうだ、と思った私は、彼らには咲きに行ってもらうことに。Tiggerを連れて行こうとしてくれたけど、ひょっとしたらもうビーチにはいけないかも、と思った私はTiggerは私と一緒にいてもらうことに。

・・ここでも30分以上はRooちゃん抑えてました。
Tiggerには悪かったな、私の重いリュックともう一つの荷物を持ったまま、ひたすら待っててもらう羽目に。
そして、Rooちゃんの泣き叫ぶ声はのどかな風景にこだまする~・・・。

私とTiggerは常にRooちゃんに話しかけて、なんとか気持ちを切り替えてもらおうと必死。
今はカニ釣りはしません、友達とビーチに行きます、もしどうしてもしたかったらビーチの後でしよう・・など。
なにせ、嫌がるRooちゃんを抱えることはもうできない。
本人が納得して動いてもらわないと無理。根気比べ。
こちらの言うことはわかる。ただ、本人の意志が固くて、変えられない。
なんとかして、Rooが妥協できる方法を探すしかないのだけど。

今回はつらかったなーー。Rooちゃんの2日間の疲れとフラストレーションが一気に来た。
結局、「Rooちゃんのお誕生日に、Rooちゃんを泣かせちゃだめなんじゃない?」というTiggerの言葉に折れた私。友人家族とは後で合流することに決めた。
Crabbingしないとだめか・・・ということは、一式セットを今ここで買うことになるのか・・・でもほんの15分ぐらいでRooちゃん納得してやめたがるんじゃないんだろうか、もったいない・・・なんてぐるぐる考えながらCrabbingのエリアに戻り。
そうすると、Rooちゃんようやくおとなしくなり、泣き止んだ。

ぐったりしながら店を探すが、目の前にはお土産店ばかり。多分この中で買えると思うけど・・と思いつつ、ふと思い立って、ゆ~っくりと、なにげな~~く、ビーチへと続く一本道(ほんの前までRooちゃんが泣いていた場所)の方向に歩いてみた。
Rooは大丈夫。
そのまま、Crabbingのエリアを通らずに、ちょっと遠回りしてから一本道へ入る。
泣き続けていたスポットを通り過ぎても大丈夫。
・・いけそうだな・・・
ひょっとしたら、「Crabbingのエリアに戻る」という、「ママの妥協」を理解してくれて、納得してくれたかな?

そして、そのまま、ちょっと歩いてみたら。
まだCrabbing, home・・とごちょごちょいってたけど、「Piggy back・・」に変わった。
「おんぶ」の要求です。

仕方ないので、結局いつもの手段です。
20kg近くなったRooをおんぶ。ひたすらビーチまで、30分かけておんぶ~
途中であきらめてもらおうとおろすんだけど、少し歩いて、またおんぶ・・・
ここでまた始まっても嫌なので、おんぶしては降ろしてちょっと歩いてもらって、またおんぶ・・の繰り返し。
Tiggerは、私の重いリュックをずっと背負ってくれました。
ビーチに行きたいけど、Rooちゃんが・・・という状態のとき、ちゃんと私をサポートしてくれて、全く愚痴らずに寄り添ってくれました。
本当にありがたい。Rooちゃんのことを誰よりもわかってくれて、ありがとう。

Tiggerのためにも、なんとかビーチにたどり着くことができて、本当によかった。
・・それにしても、ただでさえこんなに歩かなくちゃいけない場所で、どうしてよりによってこんなことが起きるのか。私にはただの修行だよ~~

帰り道は、アイスクリームのおかげで、余裕の一人歩きをかましてくれました。
あああ疲れた。


今回は、友人家族と一緒で本当に楽しめたけど、同時にやはり集団行動の移動はRooちゃんにとって非常に難しいことをいつも以上に実感した。
最近のRooちゃんの発話や協調性の成長は目を見張るばかりだけど、やはり自閉っ子であるのは変わらない。彼なりのこだわりや気持ちを、私たちの都合に押し付けるのは無理がある。
幸い今回は理解ある友人家族で助かったけど、今後はやはり自分たちだけで初めての場所に出ていって、もっと練習していかないとなあ・・と思う。
いつも行く場所は、大丈夫。こちらも予測ができるし、本人も割りとすぐ納得してくれる。
だけれど、新しい場所では、なかなか難しい。
楽しいお出かけやホリデーが、つらいものになっちゃうからねえ。これからも探索しようね。

さて、来週末のロンドン旅行・・・・総勢12人での会食・・・・・
Rooちゃん、またひともめありそうな予感・・・・・・・・・・


Happy Birthday, Rooちゃん!
そんな風に私をいつも試してくれるRooちゃんに、とことんついていくよ~~~
そんなこんなあっても、本当に生まれてきてくれてありがとう。
あなたはあなたのお兄ちゃんとともに、いつまでもママの宝物です☆☆





↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-08-24 09:16 | お出かけ

友達のホリデーに便乗!

↓ 私とボーイズ、Zacと4人で2年前の冬(!)にステイしたキャラバンパーク。
http://amelieuk.exblog.jp/9661362/

夏には冬の3倍の値段になってますが、先週末から香港出身の友人家族が1週間同じ場所にステイしていて。
上限6人のキャラバンに3人だけで泊まるので、よかったら一泊遊びに来て~と誘ってくれました。
そこで、日曜日一日一緒に遊んで、その日にお泊り。そして月曜日もたっぷり一緒に遊んで、便乗ホリデー、堪能してきました♪ 

一泊分支払わせて、と言ったのに、太っ腹の友人は払わせてくれず、結局ただで泊まらせてもらってしまいました~~、ありがとう!!

まず日曜日は、以前も行ったことのある、子供が大好きなアスレチック・アドベンチャーへ。
http://amelieuk.exblog.jp/10439985/

去年も行ったかな、でも去年よりもさらにパワーアップしたボーイズ、ますます果敢に色々なアスレチックに挑戦。
友人の子供たちは、12歳の男の子、Tiggerと同じ7歳の女の子。この二人とTiggerの3人は、常に一緒に行動して、あちこち楽しんでました。

e0160905_8145196.jpg

前を行くRooを追いかけて、友達の男の子が追いかけてくれてますが、

e0160905_8153714.jpg

このつり橋、こんなに高いのよ~~~~
高所恐怖症の私は、下を見ずに、とっとと渡るのみ~

e0160905_8151888.jpg

2度目の挑戦、Rooちゃん。
前回は登れなかったのにね、がんばった♪

e0160905_8174922.jpg


e0160905_818282.jpg

この滑り台は皆大好き。
Rooちゃん追いかけて、私は何回滑ったかな・・・ぜーぜー

e0160905_819087.jpg

これ結構スピードが出るので、実はあまりSwingが得意じゃないTiggerの顔は固まってます(笑)
でも友達がいたら乗れるよね。

e0160905_8202091.jpg

これ、チームプレイでDenを作ろう!という場所。
枝を適当に積み上げてDenを作るっていうだけなのに、いやいや燃えるのよ、これが。
周りのファミリーも、すごく時間かけて真剣に素晴らしいもの作ってました。

e0160905_8222227.jpg

Rooちゃん、「Eeyore's house!!」って言いながら、大喜び☆
Winnie the Poohの、Eeyore(イーヨー)の家を作ってるって。
確かにEeyoreってこんな家に住んでるよね。


これ、めっちゃ笑えた~~
小さい子向けのショーをやっていて、突然ショーに飛び込んでいってしまったRoo。
どうやら、魔法の森のアドベンチャーという設定で、子供たちが衣装を着たりして楽しんでましたが、WitchのBroom stickと帽子に釘付け!
というのも、大好きな絵本のひとつが、「Room on the broom」という、魔女の話なので。
Room on the broom・・・と、ぶつぶつ言いながら、ほうきを貸してもらってました(笑)
でも前後逆ですけど~

めちゃめちゃ遊びました。
私は疲れた・・・そしたら友人に、運動不足!って笑われた~(汗)
彼女、めちゃめちゃタフなんですよ・・・実は自分でビジネス切り回してるキャリアウーマン。

e0160905_8362488.jpg

あーー疲れた・・ちょっと飽きた・・・と、友人の男の子がipodのゲームに熱中。
TiggerとRooもやらせてもらったのだけど、Angry Birdというゲームで、初めて触ったRooちゃんが5分後に男の子のハイスコアをいきなり打破!!
みんなで大笑い~~


長くなってしまったので、月曜日分は次の記事で・・・




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-08-24 08:29 | お出かけ

本日3:00AM起床~

もちろんRooちゃんですけどね・・
4時ごろにはパッチリと目が開いてしまって、リビングルームに下りてしまい。
私はベッドにいましたけど。DVDを見たりおもちゃで遊んだり、忙しくしてた模様です・・。
6時にはにこにこでシャボン玉の容器を持ってきて「I want bubble~」と要求され。
少しやりましたけど、テレビつけてまたベッドに戻ってきた私・・まだ早いから。

ただ今午後の4時ですが、2時過ぎにRooちゃん沈没。
今夜は何時に寝てくれるのかしら~・・。

最近睡眠はかなり落ち着いていたので、久々でした。
お陰で私は一日中思考回路が停止してましたけど。



さて、最後のCornwallの写真。

e0160905_0294643.jpg


The National Seal Sanctuaryへ。
近海で保護されたアザラシたちのお世話をしています。
ペンギンもいました☆
Tiggerはもちろんだけど、Rooは多分動物の中でアザラシが一番すきなんじゃないかと思うぐらいいつも興奮するので、ここがCornwall滞在中一番ヒットだったかも・・。

餌付けのイベントで、2頭の仲のいいアザラシが順番に魚をもらっていた。
うち一頭は、まだ小さいときに母親とはぐれてしまったところを保護されたらしいが、100%blind(盲目)だとのこと。アザラシの中ではそれほど珍しくないとか・・。
その分嗅覚や聴覚が発達しているため、ちゃんと野生の群れの中でも生きていけるそうだが、それでもこの子は親とはぐれたときに保護されて本当にラッキーだったと思う。
動物界でもSpecial Needs Childは大変なのだ~


e0160905_0405996.jpg

次の日には、Mooland Parkという、遊園地と酪農場と自然公園が合体したような場所へ。遊具も大人が遊べるものまでかなり充実しており、もっと日にちがあったらもう一回行ってもよかったぐらい。

e0160905_0384925.jpg

初めて乳牛からミルクを搾取している様子を見ました。
Tiggerにはとってもいい社会勉強になったみたい。ものすごく興味津々に見てました。

e0160905_042425.jpg

Cornwallには15年前に訪れたきりだったけど、その魅力を再発見できたかな。
またチャンスがあったらぜひ訪れてみたい、と思います。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-08-16 00:11 | お出かけ

旅行中に何度もボーイズにカメラを向けて、
・・なんだか二人とも顔つきがしっかりしてきたなあ、と思ったり。
別に旅行とは関係ないんだけど、ボーっとしている間に子供って本当にさっさと成長していってしまうんだなあ。

e0160905_2354164.jpg


今年の4月にはプールに入るどころか水着を着ることも嫌がってたボーイズだったのに。
Tiggerはウェットスーツを着てボディボードに挑戦するまでに。
気温も海水温も17度、という寒さの中(笑)、初の波乗りに興奮した様子。
・・でも、今はなぜか「もうやらない」と言ってるけど。でも初挑戦したことに意義があると言うことで。


e0160905_013573.jpg


Rooも、Rock poolで遊ぶのが大好きになり、毎日少しずつ深いところまでいけるようになって、太もも半分以上のところで遊べるように。そして、あまり感覚的に好きじゃなかったドロドロの砂と水が混じった状態の場所で、よつんばいで泥遊びするまでに。すごい成長です。

↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-08-09 23:59 | お出かけ

やっと帰宅~♪

結局往復路ともに10時間以上かかりました・・・
途中一泊するプランでよかったよ・・
サマーホリデーシーズン、半端ないです。日本のお盆休みと一緒。

でも、本当に美しいところでした。

e0160905_851231.jpg



St. Agnesという、とても小さいけれど趣のある素敵なビレッジに滞在。
とにかく坂が多くて。
宿泊したChaletも、急勾配の坂の上・・・
ビーチまでは下り坂で、うきうきと小走りでいけるんだけど、遊んだ後の上り坂が・・果てしなく続く・・・・本当に始めの2日間でふくらはぎがぴくぴくしてしまったりして。運動不足。


残念ながら、お天気があまりよくなくて、しかも寒かった。
雨対策や防寒具の予備に不足があったのが残念。やはりCornwallをなめてはいけない・・
全治で合流したZacの両親にも、「フリースもってきたらよかったね」と言われたけど、サマーホリデーでビーチ三昧!のプランでフリーズなんて思いつかないから(笑)
滞在中、朝からずっと天気が良かったのはたったの1日!
後は午前中ずーっと雨だったり、一日中曇り+雨で寒かったりで、天気には恵まれなかったなあ。


うちのPCがあまり調子よくなくて、写真をブログに1枚以上アップすると固まるので、こま切れに更新するかも、です。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-08-09 08:51 | お出かけ