カテゴリ:お出かけ( 46 )

All I want for Xmas is......

えーっと、cleanerさん (爆)
この新しいおもちゃやらなんやらが散乱した家の中をなんとかしないといけないのだ。

子供達にとってはクリスマスを楽しんで、一度におもちゃや洋服が増えて、本当に嬉しそうなのだけど。
片づけが、ねえ・・。新しいものが来たのなら、古いものを捨てていかないと、困ります・・。


さて、ようやくクリスマスフィーバーも終わり、ほっとした。
24日は友人宅にてパーティ、その夜子供達が寝てからZacに留守番を頼んで教会のMass serviceに参加した。(私はクリスチャンではないのだけど、Tiggerがカトリック系の学校に行っている為、何度かSunday Massに通ったことがある)
友人のパーティは、まさに子供達のため、という感じで、友人の男の子とうちのボーイズが歓声を上げて走り回り、うるさいのなんのって。でも汗だくになりながら笑顔がはちきれんばかりに追いかけっこをしているTiggerとRooを見れて本当に嬉しかった。

e0160905_627813.jpg

友人宅のツリー。デコレーションが華やか。


25日はZacの両親宅へ。
こちらはまさに本格的クリスマスディナーパーティなので・・・かーなり心配していた私。なんといっても、ここ数年チビっ子が一人もいなかったので、セッティングやらなにやらすべてが大人仕様・・。
それでもボーイズにはSnowmanのDVDプレゼントしてくれて皆で見たり、Rooがいろいろ探索するのを快く受け入れてくれたり、本当にお世話になりました。

e0160905_6335970.jpg


ここでは本物のクリスマスツリーです。やっぱり雰囲気が暖かい。
デコレーションも、ママさんの気合が入ってます。


そして、これもママさんによるテーブルデコレーション・・・
e0160905_6355358.jpg


・・もうautistic kidにはたまらんブツであふれかえってます(爆)
あれこれ触りたそうなRooの気を散らすのに精一杯でしたわ。

ローストターキーのディナー、本当においしかったです。
今まで何度か食べているけど、今までで一番おいしいと感じたかも。

残念ながら、大人7人と一緒にディナーテーブルに座る、ということに全く慣れていないうちのボーイズは、DVDに逃げてしまって。でもここでは子供より大人が優先なので、私達でディナータイムを楽しみ、その後飽きているボーイズの相手をする、という形になった。
・・そして、ボーイズは食事抜きになってしまったよ。いや、料理は余っていたのだけど、Tiggerは食べたがらず、Rooは座ってくれる気配がなかったので、結局自宅に戻ってから即効でカレー・・。
子供達はかわいそうだったなあ。本人達はそうは思ってないけど、私はやっぱり、子供が主体のクリスマスのほうが嬉しいしねえ。
でも、仕方ないです。それより、初めてなのに快く私達とボーイズを受け入れてくれたZacの家族に感謝しないといけないのだ。


そして今日26日のボクシングデイは、別れた旦那のFoster parents宅にてビュッフェスタイルのディナー。ママさんが昔ケータリングビジネスをしていたので、ここでも食事とデザートがすべてホームメイド、とってもおいしい。なんてラッキーな私達(笑)
ボーイズもZacの両親宅よりはリラックスしていたけど、やっぱりあまり食べないし、なにより他の人たちと一緒に食べたがらず、居間に避難。
やはり今年はボーイズと私の3人で食事をすることが多くなっていたから、どうも他の大人と食事をすることが苦手になってしまったのだな・・。なんとか改善しないとなー。
やっぱりうちに人を招待するしかないかしら。

そして、24日から3日間、毎朝3家族のために春巻きを揚げた私(笑)
どこでも大好評ですよ、私も大好きな日本の具沢山春巻き。


私もたくさんの人からいろいろプレゼントいただきました。
Jamie Oliverの本ももらいました☆ 新しいの欲しかったので嬉しいですわ。
こちらもたくさん買ったのだけど、それでもどの家族とも全く血縁関係がない私とボーイズなのに、本当によくしてもらってます。

それでも、私としては、ボーイズに25日と26日は我慢させちゃったかな・・と言う感じもあるのだけど。なにせ同世代の子供がいなかったので、Tiggerが飽きてI want go home...と何度か言ったりして。
それでもほぼ笑顔でいてくれたので、助かりました。
とてもよくしてもらったけど、やっぱりどこでも本物の家族、とはちょっと違う微妙な距離感があって、そこはどうにもならないし、私も絶対に完全にリラックスすることはないと思う。それでも私達がここイギリスで過ごすクリスマスとしては、いつも本当にもったいないくらい上出来。
まあ結果オーライ、ということでいいかなあ。


さて次はNew Yearですけど・・・花火をテレビでみて終わり、ですねえ。
あっけなくて毎年不完全燃焼ですよ、初詣行きたいなー



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-27 06:50 | お出かけ

BDパーティ

本日土曜日、5時からTiggerのクラスメートLennard君のBDパーティへ。
Lennard君のお母さんはフィリピン人、お父さんはイギリス人。
自宅開催でしかも夕方からだったので、多分夕食が出るんだろうけど、ちとうちの子供達には遅い時間だな・・と思いつつ参加。なにせ二人とも7時にはベッドに入り、7時半には寝るのでね・・。

5時過ぎに着くと、もう一人のクラスメートの女の子が来ていて、TiggerはさっそくLennard君と3人で遊ぶだす。というか、Lennard君がTiggerを追いかけるんだけど、すんごいラフプレイの彼、なんとTiggerの洋服をわしづかみにし、Tiggerの背中に何度も頭突き!
「ちょっとやめなさいよ!!」と言いたい気持ちをぐぐっとこらえて、でもさりげな~く二人を引き離してみる。しかしもちろんたいして意味を成さず、また追いかけっこが始まり、Tiggerがやられる・・・。にこにこ笑顔で頭突きされ、何もやり返さないTiggerよ、えらいけど痛かったら痛いっていいなよ・・・と、いらいらする私。
とはいっても子供の遊びだし、どちらも笑顔で楽しんでるので結局放っておいたけど。

心配だったのがRoo。初めてお邪魔するお宅だったので、車を止める時点で号泣かも・・しかも外はもう真っ暗だし土砂降りの雨だし・・と非常に心配していたのだけれど。
事前に車・友達と遊ぶ・ご飯のイラストをスケジュールのように並べ、「今から車に乗ってお兄ちゃんの友達の家に行くよ、ご飯食べるよ」などと説明してみた。視覚でのこうしたスケジュール導入は、実はあまりちゃんとやっていない。あまり反応がないので。
でも、本人がわかってないと思っても、やり続けることで反応してくれるようになる、と聞いたので、久しぶりに使用。

そうしたら、車を全くなじみのない場所に止めても、Lennard君の家に初めて入っても、Rooは全然泣かなかった。かなりびっくりした。こんなことはあまりない。
そして、お邪魔してから10分後には、Tiggerの真似をしてそこらじゅうを走り回って遊びだした。Lennard君や他の子供に押し倒されたりしながらも、なんとなくみんなの遊びに参加しているようだった。いや、Rooにとっては絶対に参加してるつもりだったんだと思う。

ちゃんとトイレにもいったし、◎だったのだけど。
6時半過ぎに他のフィリピン人の招待客がどっと訪れてきて、なんと総勢50人ほどとなった(爆)もっといたかも・・
そこで一気に熱気が上がり、私も頭がぼーっとしてきたのだが。Rooがトイレ行った後、ズポンとパンツを履くのを拒否・・・。暑いんだよね。
でも履かせないといけないし、無理やり履かせた直後、やっぱり居間で脱ぎかけた。
友人の手を借りてまた履かせたけど、もう暑くて人の多さに疲れてきた私、四の五の言って帰ってきてしまいました。
皆に「もう帰るの!パーティはこれからなのに」と言われたけど、実際Rooも眠そうだったし、私も限界・・・
7時前に家について、即効で二人をお風呂に入れたら、Rooは一人でベッドに入って2分後には寝てた(笑)

Tiggerはいつも人が多いところで怖気づくタイプなのに、今日は早くからお邪魔していたせいか、ベッドに入ってからも「まだパーティやってるのかなあ・・もっといたかったなあ・・」と言っていた。ああ悪かったなあ・・と思いつつ、でもやっぱり私だけで二人を連れて行くのはちと大変、なのだ。もうちょっと私もリラックスしたいのだけどねえ。


でも、今日は本当にRooが終始落ち着いていてびっくりさせられた。なにより、本人が積極的にTiggerや他の子たちと同じことをしたがっていたので。
そしてLennard君の両親に見送られながら玄関を出るときに、二人に向かってちゃんと手を振りながら「Bye Bye, see you soon.」と言っていた。
(発音的には、「ばいば~~い、しーゆー すーー」ってかんじだけれども 笑)

いやいや、これすごいことですから。
Rooからの、コミュニケーション働きかけ。しかも初めての場所で。
よっぽど彼の脳内にポジティブな刺激が働いたのだろう。
Bye byeも、See you soonも、以前から言えたのだけど、Zacや私の友人など、自宅で、そしてよく見知っている人にしかしないと思っていた。
でも、ちゃんと状況判断できてるんだ・・・一般化、っていうの?般化、かな?
成長の証し、と見てもいいのかしら。

疲れたけど、こんな嬉しいこともあった。
よかったよかった。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-14 08:16 | お出かけ

Zoo

午前中買い物していたら、友人のKateから電話があり、「今日は久しぶりに晴れ間が見えるから、ぜひ散歩にでも行かない?できたら動物園なんかどう?」と誘われた。
いろいろとやることはあったけど、Rooのために出かけないとな・・と思っていたところだったので、年間パスを持っている動物園に私とRoo、Kateと双子の息子君のうちの一人、Alistarとでかけた。

双子の兄弟、AlistarとGregor。二人ともTiggerとRooの友人で、Tiggerと同い年。
Gregorは体こそ小柄だけど、運動神経抜群、そしてかなり知性豊かな麺がすでに垣間見られる。
Alistarは、実は生まれてから一年間保育器で育てられた。Kateと旦那さんは、Alistarが1歳を過ぎるまで、きちんと抱っこをしてあげる時間も限られていたそう。
KateはいつもAlistarに向かって、
”You are mummy's miracle, aren't you?”
と優しく語り掛けている。
Alistarは3歳を過ぎてようやく自分の両足でしっかりと歩けるようになり、来月で5歳になる今でも言葉と身体的遅れがある。ただし、コミュニケーション能力や知力はかなりしっかりしている。
Global Delay、と診断されているのだが、Kateは診断された方法やスピーチセラピストの対応などに不満だらけ。なので、私達が一緒になると、いつもRooとAlistarの成長度合いやシステムに対する不平がトピックとなる。


日は射していたけど、きんと冷えた空気の中、4人で久しぶりに動物園を歩いてリフレッシュ。
主にアフリカ大陸に住む動物ばかりを集めた動物園で、ちゃんとライオンにキリン、シマウマ、サイ、チンパンジーなど多数飼われているのだが、残念ながらゾウがいないのよね・・・

ちなみに、動物園と言っても、こんなかんじ。

e0160905_8331191.jpg


ひたすら緑。
この囲いの中ではシマウマ、キリン、サイ、ダチョウなどが自由に歩き回っている。(真冬は皆ねぐらにこもっているが・・)


今日は、Rooが驚きの成長振りを見せてくれた。
いや、今日だけのことかもしれないのだが。
いつもは誰と一緒に行ってもすぐに自分の好きなところに走って言ってしまい、私とTiggerはひたすらRooを追いかけるだけなのだが、なんと今日はKateとAlistarと私の横について歩き、少しAlistarとの絡みもあった。(普段はこの二人、それぞれのペースで勝手に一人ずつ遊んでいる)
健常児には普通のことだけれども、Rooにとっては驚異的ともいえる行為(笑)
Kateもびっくりしていた。確かに、以前皆で来たときには私とRooはいきなり消えてしまって、動物園内ではほとんど話ができなかったしね。
でも、やっぱり自閉っ子らしく、大好きなカワウソやマングース、フラミンゴなどの前からは10分でも15分でも動かないのだけれど。なんとかひっぺがして次に進むのだが、今日はどれもすんなり、「ばいば~い」と言いながら歩き出してくれた。これもすごい成長。

もちろん、途中でぴゅ~~っと駆け出してしまうのだけれど、少し待ってると必ず振り返って私の位置を確認している。2度以上戻ってきた。
もうこれで動物園内をゆっくり友達とTiggerと一緒に回れるのかと思うとかなり嬉しい。
・・けど、まあ今日だけかもねえ・・(笑)

Kateとは、お互いの子供たちの成長を嫌と言うほど褒めあいながら、またまた有意義な時間を過ごせて楽しかった。同じような悩みを持つ同志、というような間柄の私達。
その後Rooは家の中でも始終眠そうで、Tiggerと一緒に7時にはベッドに入って寝付いてしまった。今晩はゆっくり寝れるかな。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-10 08:29 | お出かけ

Farmers' Market

今朝は車で20分ほど行った所で2週間後との土曜日に開催されるFarmers' Marketにボーイズを連れて行ってきた。
前回いつ行ったんだっけ・・・忘れてしまってるぐらい遠い昔の記憶だわ。
昨日Kaiとちょっと遠出した時に今日の開催日を目にしたので、これは行かなくちゃ・・と思っていた。

さむ~い朝だったが、かなりの人出。
田舎道に突如と現われた大型倉庫の中に所狭しと野菜に肉、パイにパン、手作りジャムやら手作りジュース、地ビールに石鹸などありとあらゆるものが売られている。ただ見て回るだけでも楽しい。
Rooは人の多さにちょっとびびりぎみだったのでバギーに座らせ、Tiggerと歩く。
今日は多少の野菜とソーセージ、パイとパンとTiggerの好きなジャムを購入予定、だった。

肉を売っていたfarmerの一人が、「これ食べてみて」とTiggerに渡してくれたのはお手製ポークソーセージ。一口食べてちょっと嫌な顔をするTiggerとRoo(汗)
実はTiggerは典型的な太っちょのイギリス産ソーセージが嫌いで、いつもフランクフルト系ばかり。Rooは大丈夫だけど、このソーセージはなぜかお気に召さなかったらしい。

しかし、その隣に位置していた、これまた肉を売っていたブースのおじさんが差し出してくれたソーセージを、Tiggerはおいしそうに食べた。
しかも、それはVenison(鹿肉)だった!驚
そして、「ママ、これ買って~」ときたもんだ。更に驚いた。

私 「えーこれVenisonっていって、鹿のお肉だよ」
Ti 「Venisonってなに?しか?」
私 「えーっと、deerだよ」
Ti 「え、なに、reindeer?」
私 「えーっと・・reindeerじゃなくて・・サンタが乗るやつじゃなくて・・えっと、普通の鹿(汗)」

なんて、全く説明できてない会話をしつつ、結局Venison購入。
・・いいお値段だったわ・・・普通のポークソーセージでよかったのにい。
”Natural Wild venison"だって。確かにおいしそうだけど、お高いわ、やっぱり。
でも、Tiggerが本当にまた食べたそうだったので、これを機会に太っちょソーセージを好きになってくれるかも、と期待をこめて買ったよ。

そしてさっそく夕飯にだしてみた。
といっても、パスタの予定だったので、パスタにゆで野菜に鹿肉ソーセージ・・・という、すごい組み合わせ。
フライパンで焼いた後、試食した際の私の感想は、やはりポークに比べるとぱさつくし、臭みもあるから、二人とも食べないかも・・。
でももう5本全部焼いちゃったし、とりあえず食べさせてみる。

ボーイズ二人ともぱくぱく食べた!えらいわ~
しかも、すごくおいしそうに食べてた。意外だなあ。
私は以前Venisonのバーガーを買ってきて、ハンバーガーを自宅で作った時、とてもおいしいと思ったけど、まさかボーイズが気に入るとは思わなかった。もともと二人ともあまり肉ばかり食べるほうじゃないし。
でも、これでスーパーで売ってるVenisonもいけるかな?それともやっぱりこのMarketのお肉が口にあっただけのことなのかしら・・。
その辺の見極めは難しいけど、でも折角だからぜひまた試してみたい。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-07 06:41 | お出かけ

秋空BBQ

今日はTiggerの親友の男の子の家でBBQをするというので、夕飯を頂いてきた。
BBQといっても、マリネしておいたチキンを焼くだけで、後は市販のクリームパイやチャーハンなど。それでもちゃんとこちらの七輪風BBQグリルを庭に持ち出して、昼過ぎから仕込み。
普通のイギリス人の家庭でBBQ、というと、夏の風物詩だけど、親友の男の子の家族は東欧諸国出身、11月でもとても暖かかった今日、近所においしそうなBBQのにおいをぷんぷん振り回しながら黙々と最高においしいチキンを焼いてくれた。
ああ、本当においしかった。やっぱりBBQはよいねえ。

お宅にお邪魔したのは2時過ぎだったけど、ちょっと、いやかなり、Rooに悪いことをしてしまった。
2時過ぎに自宅を出て、まず近所のコンビに風ショップに立ち寄り、友人宅へ差し入れするビールを購入。ボーイズはショップ前に横付けした車の中でお留守番。いつものことなので、特に問題なし。
そしてその後、車で10分弱の友人A宅へ。Aが今日誕生日だったので、先日私の誕生日にカードとプレゼントをくれたお返しに、今度は私がカードとチョコレートの詰め合わせを渡しに行った。しかーし、この友人宅には女の子が二人いて、うちのボーイズが普段遊ばないようなおもちゃがたんまりとある。これをよく知っているRoo、友人A宅のすぐ近くに車を止めて私が一人で呼び鈴を鳴らしに行ったものだから、泣き出してしまった様子。
Aと少し話してすぐ車に戻ったのだけど、そこから去り始めたところで号泣(汗)

ここでいくら「今日はAさんのお宅にはお邪魔しないで、Tiggerの親友君のおうちに行くよ~、Rooもあのお家大好きでしょ?」などと必死で説明しても、もちろんRooにはわからない。お陰で友人宅に着いて家の中に入っても、しばらく号泣・・・
ドアの前に私を連れて行っては帰ろうとせかす。もちろん説明しながらリビングルームへ誘導しても、しばらくは全然だめだった。
結局Disney Channelの登場、ということで、一件落着(笑)
いや~、わかってるつもりでもなかなかちゃんと予測するのが難しいのだ。悪いことしたな。

TiggerもRooもおいしい夕飯を頂いて、満腹になったところで帰宅。子供が小さいとなかなか夜遅くまではいられない。
Tiggerが疲れてたので、すぐお風呂にしてちょっと遊んだら二人ともいつもよりちょっと早く寝てしまった。明日は月曜日だしね、私も早く寝れるからいいか。


昨晩は風邪気味のRooが夜中に2時間半も起きてた(汗)
でもベッドに横たわったまま、にこにこと独り言を言ってる・・という(笑)
でも起きてるし、いつ階下に行きたがるかわからないし、私も起きてないといけない。って、いつも半分寝てるけど。TiggerもRooの声で起きてしまう時もあるので、できるだけ静か~にさせないといけないのだよね。お陰で3時間しか寝てない私・・。今夜はさっさと寝ます。
Roo、今夜は朝まで寝てくれるといいのだけどねー



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-11-17 06:02 | お出かけ

散歩

e0160905_771959.jpg




夏の間はいつも公園やビーチや年間パスを購入した動物園やらに行くことが多かったが、いつどこにいってもたくさんの人。
その反動からか、夏の終わりごろからボーイズ+彼氏のZacと4人ではまっているのが、緑の中をひたすら歩く!こと(笑)

今年は珍しく秋晴れの日が続いたので、10月頃は週末になると必ず1時間は散歩していた。11月中旬の今では、前日に雨が降っていなくてもぬかるんでるし芝も濡れているのだが、私とTiggerはがっつり長靴でわしわし歩く。長靴嫌いのRooは靴と靴下の先を濡らしながらもてくてく歩き続ける。ちなみにZacはジーンズが濡れても全然気にしないタイプ。

いくつか好きな場所があるのだけれど、とあるmarshesの駐車場から20分ほど歩くと、写真のbroadに着く。小川、といった雰囲気だけれど、実はちょっと下ると海へとつながるのだ。
プライベートボートを走らせている人たちに手を振りながら、来た道を戻る。これはショートコース。ロングコースは、このbroad沿いにぐるっとmarshesを一周するのだけれど、かる~く1時間半はかかる(汗)
一度挑戦したが、Rooが抱っこ~になってしまい、大変だった・・最終的に私の抱っこかZacの肩車。まあ結局ショートコースでも同じと言えば同じなんだけどね。

途中牛や馬を眺めたりしながらのんびりと歩くこの時間が皆大好き。
最近は風が冷たくて、ショートコースしか私は嫌なのだけど、TiggerとZacは物足りないみたい・・二人で行ってきてくれ。私はRooと待ってるよ。

散歩なんて、子供が生まれるまで興味なかったわ。
イギリスの自然の中に住んでいるんだなあ、と実感できて、穏やかな気持ちになれる時間。
[PR]
by amelie_uk | 2008-11-14 07:15 | お出かけ