カテゴリ:友達( 3 )

嬉しい贈り物

いつもいつも何かしら送ってきてくれるJちゃんから、また小包が届いた☆

e0160905_7171687.jpg

本と雑誌、優しいお手紙。そしてボーイズにお菓子の詰め合わせ♪
はるばるアメリカから旅してきました。
Jちゃん、本当にいつもありがとう!!
ちなみに雑誌も本2冊も、とっくに読破しちゃいました。
すべてイギリスがらみの内容で、しかも興味をそそるものばかり。寝不足になりながら楽しんだよ(笑) 特に阿部菜穂子さんの「異文化で子どもが育つとき」は、過去6年私が経験したことそのままなので、非常~~にためになりました!ありがとう!
Jちゃんとイギリス南西部で出会ってからもう12年が経ってしまったのね・・早すぎ。
これからも末永く宜しくね☆


そして、日本にいる弟夫婦からも、嬉しい小包が。
2週間先にせまったTiggerへのバースデープレゼントとカード、そして私にはハードカバーの本、なんと3冊も!しかも大好きな村上春樹の書き下ろし~ありがとう!
国際郵便EMSで送ってくれたんだけど、高くついたでしょ・・・感謝です☆

しかーし、今回はRoyal Mailにクレーム。物申す。
見てください、この惨状↓

e0160905_7272175.jpg


配達してくれたのはいつも日本からの大荷物を届けてくれるおじさんなんだけど、「ごめんね、これ破れてて・・」と申し訳なさそうに渡してくれた。
けど、破れてる、で終わらせられる状態じゃないよね?しかもびしょびしょなのだ。
とにかく中身が抜けてないか、品数をチェックして、罪のないおじさんは帰っていったけど。

どうやらここ数日続いた雪やら雨の間、屋外にさらされた時間が多かったのか、配達車のトラックの中がびしょぬれだったのか、定かではないけれど、これはないよねえ。

しかもしかも・・

e0160905_7312925.jpg


かびてるよ!!!!
全くどれだけひどいんだって話。

Royal Mailめ・・写真添付でメールか手紙を郵送して本気でクレームつけようかと思ったけど、「悪天候の中スタッフは必死で頑張ってます、ご理解を・・」なんて言われて終わりそうな気がする。

なにはともあれ、弟よ、昇進おめでとう!
弟もKさんも、いつもお疲れ様☆
うちの母に子守をおしつけて、ぜひぜひ豪華なお祝いしてね。

ホリデーの行き先、イギリス旅行に決定した際には、ぜひ連絡ください~♪


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-02-04 07:37 | 友達

切なすぎる知らせ

昨晩Rooが3時半に起きた・・・
7時に眠ったが、8時に無理やり起こしてPreschoolに行かせることができた。
実は、昨晩は私は全然寝付けなかった。お陰で寝不足。

友人Aの1歳10ヶ月になる次女Sちゃんが、数日病院に入院していた。
Xrayや血液検査、超音波検査などありとあらゆる検査の結果が出た。
Acute lymphoblastic leukaemia
急性リンパ性白血病だ。

即座にケンブリッジ付近にある専門病院に移動。
Aと旦那さん、そして3歳の長女ちゃんは病院近くにフラットを借り、細密検査の結果と今後の治療法の決定を待っている。
ただ、Sちゃんの場合、既に自宅療養が可能と言われているらしい。
治療は今後最低でも2年間続く。

1歳10ヶ月の、ちいちゃな、でもとても美人の女の子。
Sちゃんが生まれてすぐからのお付き合い。
いつもにこにこと笑いかけてくれる、とてもおとなしい女の子。
抗がん剤などの投入が始まったら、痛いだろう・・苦しいだろう。
切なくて切なくて、泣けてくるけど、私が泣いてる場合じゃない。
でも、Aの気持ちを考えると、もうだめだ・・・

小児白血病の場合、長期生存率が高い。
再発の可能性はもちろんあるが、完治して大学も卒業し、社会人として生きている人は多い。
隣町に住む日本人の女性の息子さんも、数年前2歳で発病したが、今は完治して元気に学校に通っている。
Sちゃんも、200%完治できる。絶対に。

なんでもいいから、力になれるように・・長女ちゃんの学校の送り迎えや買い物ぐらいはできる。
私の助けなんていらないかもしれないけど。
こういうとき、私は強がってしまう。そうしないと折れそうだから。そして、Aもそうだ。

何もうまく書けないけど、今は見守るだけ・・
病院内で頑張ってる家族のために祈るだけ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-04-23 04:59 | 友達

癒し・・

ブログを通じて知り合ったMさんから、クリスマスカードと共に頂いた本。


e0160905_0321866.jpg

「いつまでも健康でいるための体のツボの大地図帖」
マガジンハウス






寒くて体が凝り固まっているこの時期、まさにツボの贈り物でございました。

Mさんとは一度もお会いしたことがないだけれど、ブログと通じて何度も応援メッセージをもらった。私がちょっとブログを休んでいた時に誕生日のコメントを頂いて、本当に嬉しかった。
そして更にはこんな本まで頂いてしまった。
Mさん、素敵なプレゼントありがとうございました!(感涙)


そして、昔むかし、イギリスで知り合って以来とても仲良くしてくれているSちゃん。
先日日本から届いたクリスマスカードの表紙には、かわいらしいウサギのイラストと共に

「今年もほんとにお疲れさま」

とあり、カードの内側には、

「いつもあなたががんばってたこと 知ってるよ」
「これからも応援してるからね Merry Christmas」

と印刷されたメッセージ。そしてSちゃんからの優しいコメント。

う~ん、これまた癒されました。


日本のクリスマスカードぐらいだよね、こんなこと書けるの。
でも、本当に今の私にはこれもちょうど真ん中ストライク。ツボの中のツボのメッセージでした。
sちゃん、ありがとう~


他にもプリクラつきのカードにたくさんメッセージを書いてくれた人など、日本から様々なカードを頂いた。
日本での生活はすごくストレスで、こんな状況でもイギリスでの生活のほうが性にあってる、と感じてしまう私だけれど、やはり持つべきものは遠く離れていても気心知れた日本人のお友達なのだ。
みんなありがとう!



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2008-12-20 00:28 | 友達