昨晩から発熱

昨日はTiggerの親友Gaby君が発熱。
Tiggerは、「クラスで8人もお休みしてるの」と言っていた。
この時期やっぱり体調を崩す子達が続出・・

嫌な予感がしたが、やはり。
昨晩からTiggerが発熱、今日は学校お休み。
でも昨日、TiggerがYear2の男の子のランチボックスを間違えて持って帰ってきてしまったので、それを返してTiggerのものを受け取りに今朝は一度学校へ出向いた。

先生に今日お休みすることを伝えたところ、
「ゆっくり完治するまで自宅療養してください、
なんせ今週は一度も全員出席の日がないですから・・
下痢や嘔吐を訴える子供もいます。」とな・・
そういえば、Tiggerの担任の先生も2日間お休みしてる様子。

なにしろ、この街にも新型インフルエンザにかかった人が多数いるらしく。
気は抜けません。

それにしても・・学校からプリントで、新型インフルエンザについてのレポートなどももらうんですけど、
そしてうがいや手洗いを徹底的にするように、ともちろん書いてあるけど。
Tiggerの学校ではどうも徹底されてない様子でね・・
何しろ手洗い場がトイレにしかないし。
日本の小学校のように手洗い場が別にあるといいのに。
トイレでうがいなんてして欲しくないしさ。

Rooも数日間鼻水だらだらしてます。幸い熱はまだ出てないけど・・
私ものどが痛くて、昨日は風邪薬を飲んで寝た。
急にまた寒くなったし、気をつけないとね。

そんなわけで、今日はTiggerとのんびり、です。それもまたいいか。
これからお昼に日本のうどんを作って二人で食べます♪

皆さんもご自愛くださいね~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-24 19:17 | Tiggerのこと

性格複雑化

つい誘惑に駆られ、ヨコブログにしちゃいました。
基本ミーハーです。
最初は読みづらいかもしれませんが・・
でも自分の更新記事が横並びで見れるのが新鮮です。
飽きたらすぐやめますので 笑



e0160905_1893584.jpg


私、自分が内向的な性格なので、Tiggerのことはとてもよくわかる。
Tiggerは、私にとても似た性格のよう。
友達のバースデーパーティに招かれても、最近は絶対に友達に混じって踊ったりゲームをすることがなくなってしまった。大人が周りで見てる中で、恥ずかしい様子。
友達が誘いに来ても、No・・と言って、私の横に座ってる。
パーティでなくても、まず初めての場所ではとてもおとなしい。
無鉄砲さがなくなったかな。周りを観察して、自分の居心地のいい居場所を探すように。

親友のGabyが家に遊びに来て、自分がどうしても貸したくないBen10の人形を、こっそり隠して、
「あれ、なくなっちゃった・・」と言っていた。
Gabyは信じてたけど、ママはだまされないわよ。だって少し前に見たもの。
そして、案の定、Gabyが帰ってしばらくしたら、どこからともなく見つけてきたし 笑
「自分で隠さなかった?」と言っても、「No」。
「うそはいけないよ」と言っても、「No, I didn't do it.」
・・うーん、私は実際に隠したところを見ていないので今回は保留するよりなし・・
でも絶対に確信犯なのだ。

いろんなことで、少しずつ、でも確実に少年への道を進んでいるのがわかる。
ただねー、やっぱりもっといろんなことに好奇心を持ってほしいのだよ。
私がわりと「いや、やりたくない」というタイプだったので。
そして、今のTiggerは、まさにそれ。
あれもこれも興味を持ってくれたら、できる範囲で挑戦させてあげたいのだけどなあ。

まあ、Tiggerには彼なりのペースがあるので、無理強いはしないけど。
もうちょっと勇気出してみようよ・・と思うことが多々あるのは、きっと親の欲目か。


ま、きっとこんな記事も、10年後読み返したら笑っちゃうんだろうな、
だってきっとその頃には友達と外出ばかりで家には寄り付かなくなりだろうから 笑



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-22 18:22 | Tiggerのこと

やはり本人次第か

今週も、月曜日から水曜日まで古巣のPreschoolに通った後、本日木曜日はSpecial Needs Schoolへ。そうすると、やっぱりPreschoolに行かない、ということにちょっと抵抗があって、朝はナーサリーに入って泣き出してしまった。
学校の写真を見せてたので、車の中でも学校の外でも大丈夫だったのに。
毎週木曜日はしばらく泣いちゃうかな・・
家の中には週間スケジュール表を作り、曜日の下に学校の写真も貼ったけど、やはりまだぴんとこないしね。

Special Needs Schoolは生徒8人まで、スタッフは3人。
Preschoolも、今タームは静かで、毎日10人前後しかいない様子。
9月から始業式なので、何人も小学校や小学校付属のナーサリーへと移っていったため。

Tiggerの学校に行くたびに、Rooちゃんと夏休み前まで一緒にPreschoolに通っていた子供達がReceptionクラスに通っているのを見る。Rooちゃんがいなくて、やはりさみしいのだけど。もしRooちゃんがこの学校に楽しく通ってくれたらなあ・・と、思ってしまうけど。
それでも、同時に、やっぱりこの学校に無理して通わせなくてよかった、とも思うのだ。
Rooちゃんにしたら、絶対にストレスを感じる場所になってしまっていたと思う。


普通学校とSpecial Needs Schoolと二つ同時に通わせて、わかってきたことがある。
私が普段仲良くしている友人と子供達の中にはRooちゃん以外に自閉症の子がいなくて、皆Rooちゃんの特別な部分をちゃんと理解して優しくしてくれていた。
(Tiggerのクラスメートの弟や、RooのPreschoolのクラスメートに自閉っ子はいたので、ママさんたちと立ち話はするが、一緒にどこかに出かけたりすることはないので)
どこかへ遊びに出かけても、Rooだけが違う方向に走って行ったりするのを皆が待っていてくれたり。
それが今まで普通の状態だったので、こうした理解者が少しでも多く周囲にいる環境で学校生活を送っていくんだろうと思っていたし、普通学校で1対1のサポートを受けつつRooが過ごしやすい環境を模索していくこと、というのが、Rooにとって最善なのだろうと自然に思っていた。

だが、Special Needs Schoolには、当然のようにいろいろな障害を持った人たちがいて、一人ひとり全く異なるヘルプが必要なわけで。ナーサリーでも小学校の部でも、彼らの学校生活をサポートするスタッフはまさにプロフェッショナルだな、と感心する毎日。
IEP(Individual Educational Plan)はどこの学校でも同じわけだから、普通学校のクラスでの1対1のサポートの方が先生ともサポーターの人とも密に関われる分Rooにとってもいいだろう、というのは私の単なる予想、希望であって、Roo本人がその状況をどう感じるかは全く別物。
Special Needs Schoolでの学校生活では、クラス内での集団作業・行動が少ないし、自分がやりたいことだけをやりたい、というRooを少しずつ周囲に協調させていく作業はむしろやりやすいのかもしれない。

というのも、Rooは周囲の人たち(学校では子供達)をしっかり観察しているのだけど、やはり基本的には彼らに同調することはないから。集団生活で伸びる協調性とは違うものがRooには必要なわけで。
なので、もちろん今までの希望通り普通学校との掛け持ちはしばらく続けるのだけど、一方でSpecial Needs Schoolでフルタイムへの移行も積極的に考えるようになった。
Rooちゃんにとって最善な道、というのは、ひょっとしたら周りの大人たちの希望とは違うものなのかもしれないなあ・・と。いろいろ心配してくれたり、意見をくれる人もいるのだけど、やっぱりRooちゃんをしっかり見ていないといけないのだよね。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-17 20:42 | Rooのこと

・・ああ、寒い・・昨晩ヒーティングを入れてしまった家庭もあったはず。
うちは我慢したけどねえ、今から使ってたら冬越せないよ。
今日はどんより曇り空。洗濯物も外に干せず。
ああ、またこの季節がやってきてしまった・・せめて、からっと晴れた秋空希望。


昨日Speech Therapistの訪問があって、以前から予告してくれていた通り、コミュニケーションボードを作ってきてくれた。といっても、これから絵の修正多々ありなのだけど。

e0160905_21435643.jpg

こんなかんじ。(もちろん音は出ません、絵を指差すだけ)
PECSよりも応用が利くので、これから徐々に絵カードを増やしてもらって、学校でもこちらで対応するようになる予定。本日一回目の導入だったけど、やはりPECSで慣れているので、すぐやり方を覚えてくれた。こちらもなんなく習得できそう。
そのうち、"I see ~.”とか、"I want (to) go (to) ~." そして"I don't want (to) ~."等の表現を覚えられるようになる、のかしら・・?うーん、道のりは遠そうだ。
ゆっくり様子を見つつ、学校とリンクしてやっていこうと思います。


先週の土曜日はとってもいい天気だったのに、日曜日は曇り空。
それでもめげずに、久しぶりのMarshes walk。
今回はいつもとはちょっと違う場所へ。

e0160905_2152348.jpg

ずんずん歩いていっても平気。
細い道が一本あるだけだし~

e0160905_21531098.jpg

水辺発見。でもMarshだけあって、足元がゆるいので、すぐ退散。

e0160905_1222249.jpg

ここは州の保護区域に指定されていて、夏場はいろいろな昆虫を採ろう!というイベント盛りだくさん。
2年前ぐらいにボーイズと参加したけど、このときは二人ともちびっ子だったので、大変だった。
今年の夏は参加しなかったなあ。忘れてた。来年はぜひ。

雨もちょっと降ってきたし、あまり天気が優れない日曜日だったけど、このお散歩はリフレッシュできました。


この週末、PCデスクの椅子が壊れてしまった(泣)
今はダイニングチェアーで代用してるけど、不便なので早速買ってこないと。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-15 21:53 | Rooのこと

さらば2009夏

e0160905_6472923.jpg


あまりにも短かった夏・・
夏休みの最後に撮った写真を見ると、もう日差しの強さが全然違うし。

↓いろいろ写真アップしてます☆
(長い記事になっちゃいました・・)

暑い!と感じたのもつかの間で・・・
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-08 06:56 | 日々のあれこれ

RooちゃんのSpecial Needs Schoolでの二日目・・
行きの車の中でドキドキしながら写真を見せても平気。
学校のナーサリーに入ると、私の手をほどきながらにこにことおもちゃに駆けていった。
私も先生方も、「あら、Rooちゃん・・おはよう・・」と、びっくりしつつ冷静なそぶり(笑)

あっという間に、Settled inしてしまった。驚
基本的に自分が楽しめるとわかっているものに囲まれていれば平気なんだろうなあ。
私としては、本当に安心した。

この日、迎えにいったときに先生と話して思わず苦笑いしたこと。
Preschoolで、皆が輪になって歌を歌う時間はいつも一人遊びに逃げているRoo。
それでもいくつかの歌はちゃんと覚えていて、家の中では一人で歌ってるのだけど。
遠巻きに見ながらにこにこするけど、ずっと一緒には座らないよ、という態度。
これは1,2歳の頃のプレイグループでも一緒だった。

・・んで、これをナーサリーでもやってるらしい。
自閉症の子達でもちゃんと輪になっているなかで、Rooちゃんだけ迷走(爆)
お迎えのときにも、他の子たちがドアのそばで待機している中、Rooちゃんだけまだ遊んでるし。
とーってもRooちゃんらしいなあ~、と思わずにいられなかった。
どうも彼は、自閉傾向だけでなく、性格的にも絶対に一人狼なのだな・・(笑)

さて、今週の木曜日、次の登校日には試練がありそうで。
この日はスイミングがスタートするのだと言う・・。
Rooちゃんはプール大嫌いなのだ。
以前2,3度挑戦して、玉砕。すっかり恐怖症、毛嫌いさせてしまったらしい・・・

お風呂は大好きだけど、どうして濡れている服を着続けないといけないのか理解できない!
脱がさせてくれ!それに室内って言うのも嫌だ!
・・という、Rooちゃんの心の叫びが聞こえるような・・・


先生は「着替えや入水が無理なら、窓越しに見ててくれたらいいから」と言ってくれたが、それも拒否して泣きそうな予感・・。前回の学校訪問でそうだったので。
さてどうなるかしら・・。


そして本日から、よーーうやく、Tiggerの学校が始まった・・長かったわ~

実は夏休みの間ずーーっと、「I don't want go to school」と言い続けてたTigger(汗)
何を言っても「No, I hate school, I am not going!!」しか言わない・・
最初にはなだめすかしてたけど、最終的にはいらいらして、もういい加減にしなさい!なんて怒ってしまった私。
そんなわけで、昨晩から緊張して私が夜中に起きてしまったり。

そして今朝。
起きてるのにベッドに隠れようとしたり、無駄な抵抗をしながらも、落ちついた様子のTigger。
普通に朝食を食べ、Ben10を見てから学校へ。
そして校庭で友達と遊び、笑顔で教室へ・・。

なーんだ、杞憂に終わったじゃないの。
あっさりと終了した初日、肩透かしでした。

去年は・・まずは制服を着たがらないTiggerをなだめすかし、いきたくない~~とごねるのを無理やり車に乗せ、学校でしくしくと泣かれた。
そしてその10分後、RooをPreschoolに連れて行ってギャン泣きされ・・。
TiggerとRooが二人で学校に行きたがらなかった朝もあったなあ。

なんだか、子供の成長に、嬉しいのだけど、いまいち私がついていけてない気がする(笑)


もうすっかり秋模様のイギリス。
夏はすっかり去ってしまった・・こちらもあっさりと。
すでに心は来年の春夏へと飛ぶのだけど、その前にクリスマスを乗り越えねば・・



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-08 06:11 | 学校

初日はがんばりました

今日はRooちゃん、今月から週二日通うことになるSpecial Needs Schoolへの初登校日でした。


前日に学校からいただいた学校内や建物の写真を見せて、「明日はこの学校に行くのよ~」と言ってみる。
写真を見て、前回嫌がったことを思い出したら・・とひやひやしたけど、普通にちゃんと全部の写真を見ていた。多分あまりぴんとこなかったか。
でも、今朝車の中でもう一度見せ、今からここに行くと言うと、自分の手でしっかり持って、じっくり見ていた。これはいけるかも??と期待しながら学校の前へ車を止める。そこでも大丈夫☆

が、やはりナーサリーの教室に入るドアの前で、思い出した様子。べそをかきだした。
おもちゃで遊び始めるけど、頭の中で静かにパニックになっているのがよくわかる(笑)
そして、私の手をがしっ!と握って話さない。置いてかないで~~、と言っている・・

先生と少し話して、「それではお母さん、キスをしてさよならしてください」と言われ、
Rooちゃんに「キス・・」と言うと、半べそで、いつものように、ちゅ~~っとキスをしてくれた。
そして、「バイバイ」というと、本泣きになり、腕にしがみついてきた。

「ママはまた後で迎えに来るよ、それまでバイバイね」と言いながら、Tiggerの手を繋いで入り口に移動。Rooはギャン泣きになってる(汗)
ここでつい笑ってしまったのだけど、やっぱりRooの運動神経は素晴らしい。先生に抱きしめられて抑えられてるのに、なぜかするりっとうまく抜け出して、また先生がつかみかかるのをよけながら私のほうに猛ダッシュかけてくる。しかも3回成功してた(爆)
ラグビーとかフットボールとか、できたらものすごくいい選手になりそうなのにねえ。

そして、学校の外に出ても、聞こえてくるRooの泣き叫ぶ声・・
Tiggerと二人で、「あああ、まだ聞こえるね~、大丈夫かなあ~」などと言いながら買い物へ。

心配だったけど、30分後に先生から電話があり。
私たちが去ってから数分で、すっかり落ち着いた、とのこと。
そして機嫌よくおもちゃで遊び始めたとか。とても切り替えがうまく言ったよう。
ママとのseparationの瞬間がつらいだけで、いなくなったらあきらめて自分で切り替えることができるんだろう。一年間Preschoolに通ったお陰かな。

ただ、ランチを学校で食べるのが初めてだったので。
お弁当を持たせたけど、多分あまり食べてこないだろうな・・という予感は当たり。
でもバナナやソーセージなど、大好物はちゃんと食べてたので、まあこれから少しずつ、ですかね。


お迎えの時間でも、機嫌よく遊んでてほっとした。
ちゃんと自分からPECSのカードを使用しながら、「I want paint」と要求を伝え、絵の具遊びをさせてもらったらしい。

上出来です、Rooちゃん。
明日もまた遊びにくるんだけど・・今度は全然泣かないでバイバイできるかしら。
それとも、車の中で泣き始めて、学校の前で車から降りてくれなかったり?それが一番大変なのだけど~・・


ということで、初日は結果オーライ、でした。
明日はどうなることやら・・・

ちなみに、家の中で、あまりにしつこくTiggerに「Rooちゃん大丈夫かなあ・・」と聞くので、Tiggerにあきれられた私。
「ママー、stop saying that.. Roo is fine!」って、ため息混じりに諭されたのでした(汗)



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2009-09-04 06:47 | 学校