明日から10日ほどイギリス西南に位置するCornwallまでホリデーに行って来ます。
車での長旅なので、往復路共に途中ホテルで一泊する予定。
この時期Cornwallはホリデー客でかなり賑やかなはずなので・・渋滞にはまらないといいのだけど。まあ避けられないかな・・

さて、Tiggerのことは全然心配してないけど、Rooの反応やいかに。
去年の早春のホリデーは結果オーライ、成功に終わったのだけど、今回は更に長く車内にいること、そして日にちも長いので。
でも宿泊するホリデービレッジがまさにビーチのすぐ側らしいので、きっと気に入ってくれると思いますが。
楽しい旅になるといいなあ♪

e0160905_55350100.jpg


8月中旬頃にまた更新したいと思います☆


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-30 05:52 | お出かけ

Toy Story 3

Tiggerの友達親子と私・Tigger・Roo・Zacの6人で、待望の「Toy Story3」を観て来ました☆

いや~~よかったです。
泣けましたねえ。
ラストはもちろん、途中でも・・ううう・・って2回ほど(笑)
Tiggerは私がちょっと話しかけても耳に入らないぐらい、終始真剣に見てました。
また見るのが待ちきれないって。・・ま、クリスマスにはDVDになってる気も・・

ところで、前回の「Fantastic Mr. Fox」で映画館デビューしたRoo。
予告と広告部分含めなんとか1時間弱もったので、きっと今回は大好きなToy storyシリーズだから、多分いけるんじゃないか、と少々楽観ぎみに挑んだのだけど・・。
結局同じく1時間弱で、本人耐えきれず、Zacと退室・・・あああああ残念。

やっぱり、自分の家でリラックスして見る、という環境がいいんだろうなあ。
前回はそれでも映画館の暗い雰囲気に興味深深だったけど、今回はもっと周囲を観察する力がついてきたのがあだになり、がんばって耐えているのだけど「I'm going home....」がまたでてしまい。
なんとかなだめつつ1時間弱もったかな・・というところでした。
途中でRooと一緒に帰ってくれたZacよ、ありがとう~
・・でも、「最後まで見たかったでしょ?」と後で聞いたら、「いや別に、本当にどうでもよかった」と言ってたので。ちょっと気が楽ですわ(笑)

ま、もう無理はせずに、どんなにお気に入りのキャラクターの新作が公開されたとしても、おとなしくDVD発売を待つことにしよう。
映画館はもっと大きくなってからまた挑戦だわね。

とりあえず、Tiggerと一緒に楽しめてよかった。
次はShrekの新作を見たいと・・そういえば、公開中だわね・・。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-26 07:57 | お出かけ

よくがんばったで賞☆

夏休みに入りました~♪
最初っから飛ばしすぎて、ただ今ちょっと息切れ中(笑)
でも天気がいいのに家の中にいるとボーイズに悪い気がするし、なによりRooが飽きてるのがわかるので、家事はいつもにも増して手抜きでとりあえず外に出てみたり・・してます。

なので、ちょっと遅くなっちゃったけど。
22日の木曜日、Tiggerの学校で学年終了日のアセンブリー(全校集会)があった。
・・なにげに、これがYear6の生徒たちの卒業式でもあるんだけど・・・いやはや、国が違うとここまで違うものか・・と思うくらいあっさりしたもの。というか、式らしきものは皆無でした(笑)

保護者も参加できるのだけど。去年はRooが午後に家にいたので参加できなかったので、今年参加できるのをとても楽しみにしていた私。アセンブリーの内容は皆勤賞や各学年混合のグループ対決の結果発表など、表彰がメインの様子だった。
そして、どうやら本日の一大イベント。各学年それぞれ30人一クラスしかないのだが、各クラスから3人ずつがこの1年の功績をたたえる賞をもらえうらしい。4,5歳児のReception classの発表が終わって、TiggerのいるYear1のクラス。

Tiggerったら、しっかり選ばれました!♪
その名も、「Prize for always working to the best of his ability in all subjects」

いうなれば、努力賞ですか(笑)
いかにもTiggerらしい賞です。
本人とってもびっくりした顔してたけど。
でも嬉しそうに賞状、ではなくて、図書カードの入った封筒でしたけど、もらってました。
おめでとう~~~☆☆

お勉強ができる、できない、はまだまだ未開発だし、正直たいして気にしないけど。
日々ちゃんと努力してます、というのは最高の賛辞だと思います。
これからもこの調子で楽しくいろいろな知識を吸収していってくれたらいいと思います!

Tigger、楽しい夏休みにしようね♪



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-26 07:50 | Tiggerのこと

おもしろ発話集

Rooちゃん・・いつの間にそんなこと言えるの?って感じの発話がでてきて。
毎日ぽろぽろっとくるので、楽しみ。


☆明け方4時ごろ急に寝ぼけながら泣き出して、「My nose......」
よく見たら、鼻水が詰まったのか、ぐずぐずいっている。
でも鼻のかみ方が判らないので、私が薄暗い部屋の中でふき取るにも限界が・・
その後はしっかり起きてしまって、遊びだした。

☆同じように、朝の5時頃。
これまたいきなり泣き出して、「Ohhh, night....night time...」
日が長いために、寝るときも夜中に目が覚めたときも部屋が真っ暗でないのが気に入らないらしい(笑)そっちのほうがいいじゃないか。
これで、また起きてしまったり。
素晴らしい発話でけどね・・できたら朝まできちんと熟睡してくれ。

☆自分の気に入っているおもちゃをクリアボックスの中に見つけたとき、指差して、
「Oh look! there is ___.」

☆DVDプレイヤーでDVDを見ているときに動かなくなり、半泣きで、
「It's broken....What happened....」

☆おもちゃのバットを手にして、「Bat!」と言い、きょろきょろしながら、
「Where's my ball...」

☆庭でTiggerとおもちゃの水鉄砲で遊びながら、
「More water....mummy....」

などなど。もっと思い出したら追加しますが。
「My nose」と「My ball」と言ったことが、本当に驚いた。
ちゃんとわかって「my」って使ってるんだろうか、それともフレーズで覚えてるのか・・
でも使い方は完璧。不思議だ・・

こちらの指示も、今までよりは理解している様子が見える。
けれど、もちろん完全に無視されている、というか、全然反応がないときもやっぱり多い。
それでも、これだけ発話が出てきていることは嬉しい限り。

さて、9月からの新しい学校生活に向けて、言葉だけじゃなくて生活面でどれだけ夏休み中に調整できるか・・課題は多いけれど、がんばらないとなあ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-21 21:26 | Rooのこと



書いてなかったけど、1ヶ月ぐらい前に上の前歯2本が続けて抜けたTigger。
自分が同じ状態だった頃を覚えてるけど、なんだかお間抜けな笑顔がキュートだなあ。


明日はいよいよ終了式・・なのはいいけれど、これから3食作るのか・・と思うと・・。
日本ではもう夏休みが始まってるのかな、日本のママさんたちの一日のやりくりを参考にさせてもらおう♪
・・自分どうやって去年の夏休み過ごしたのか忘れちゃってるし(笑)


そうはいっても楽しみな夏休み☆
もうちょっとこの外出に最適な気候が続きますように♪



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-21 21:02 | Tiggerのこと

来週金曜日から夏休み☆

RooもTiggerも、後4日学校に行けば夏休みです♪
そして木曜日の最後の日は、午後からアセンブリーがあり、一年間頑張った子達にいくつか賞が贈られるそう。そして保護者も参加できるそうなので、去年逃したけど今年はぜひ見学しに行くつもり。

今週は次々とTiggerの学校、そしてRooのM校・W校から通信簿と言えるAnnual Reportが届いた。二人ともかなりいい成果を残したようで、なによりです。
まあ、こちらのReportは記述式なので(Tiggerは今年から記述に加えて各科目でA-E評価もあり)、いいことのオンパレード☆ 
いや、今後もっと力を入れる部分も書いてくれると助かるんだけど・・と思いつつ、まあ褒めて伸ばす式でいいのかな。

ホリデーまであと2週間、そして日本の両親が遊びに来る日までほぼ一ヶ月。
おっと、ホリデー中にはZacの誕生日、そして両親滞在中にRooの誕生日・・と、8月はイベントがたくさんで楽しみです♪


e0160905_691929.jpg

左がTiggerのスクールシューズ、UKキッズサイズ3。
右が私のサンダル、UK女性サイズ・4。
・・Tiggerの靴はけたわ~(爆)つま先は当たるけどね。
ちなみにTiggerもまだぶかぶかみたい。でもサイズ2.5だと、痛いそうな・・



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-17 05:54 | 学校

やってきてよかった・・

Special Needs School・W校ナーサリーにて、AlisonとParents meetingがあった。
Rooの一年間の成長をレポートでもらい、内容には満足。
去年の9月から週2回フルタイムで通い始め、本当にいろいろとRooの中で葛藤があっただろうけど、最近は泣きもせずすんなり入室し、アクティビティにもほぼ参加。元気にやっているようで、一安心。

前回、地元小学校M校の校長やナーサリーの先生も参加してくれたAnnual review meetingの様子も記事にしたが、その時に9月以降もDual school placementをお願いした時に、どうもAlisonは諸手を挙げて賛成してくれているという印象がなかったので、「W校では、他にDual school placementの子供達は少ないのですか」と尋ねてみた。

すると、意外なAlisonの返事が。
9月以降、W校ナーサリーには新入生が6人入ってくることになっているのだが、全員がDual school placementを行うことになるという。
月~水はW校のナーサリー、そして木・金はそれぞれの生徒の地元のPreschoolやナーサリーに参加。木・金曜日はW校のナーサリーは完全にクローズ、そしてAlisonはじめヘルプのスタッフが生徒たちの学校に出向いてアドバイスをしたり、今までより詳細なAssessmentを実行できるようにするとか。

それは・・私がぜひRooに、と思って、今まで一人で頑張ってきたこと!
思わず鼻息が荒くなる私(笑)
Alisonに、「それは羨ましい!ぜひそのシステムに参加したかった~」と言ってみたところ、
Alisonの返事が・・

「Well, because Roo is the success story!」だそうだ♪

いえ~い、この一年半ほど、へこたれつつも、やってきた努力が実った瞬間☆


W校にフルタイムで参加させるのがいいという専門家の意見を無視し、
地元の普通校のナーサリー入学をパートタイムで希望したけど、
一つ目の学校(Tiggerの学校)ではナーサリーではなくReception classからのスタートであったために「大丈夫ですよ」と太鼓判を押された後に「やはりRooに必要なFacilityがないので・・」と断られ、
二つ目の学校でもHeadteacherに会いに行き、学校中を案内してもらい、「うちは全くASDの子供達を断りません」と言われつつ、Advisory teacherの余計な一言「もう1ターム待ったほうがいい」に従ったために定員オーバーになってしまい入れず、
ようやく3つ目の、M校付属ナーサリーに入れてもらうためにまたHeadteacherに熱い手紙を書いて、ようやく駆け込みで入れてもらったのだよ。

ああ、こうやって書くと、本当にいろいろあったなあ・・・・(遠い目)


でもでも、M校ナーサリーに半年通った成果。
驚くほど、言葉でのコミュニケーションが発達した。
W校でもM校でも、皆と一緒にアクティビティをしたり、順番待ちをしたり、おもちゃをシェアしたり・・と、Social skillを少しずつ身に着けていたけれど、言葉で伝える力はM校にて確実に発達したのがよくわかる。
最近の連絡帳には、Carynから、「Excellent communication skill!」とほぼ毎回書いてもらえるようになった。

だからM校がW校よりいい、というのではなく、それぞれ別々にRooにいい影響を与えているわけで。おそらくW校では、Rooはもっとグループワークに参加している様子だが、特に発話やコミュニケーションを必要とするのではない。
しかし、W校での成果は、我慢強くなったこと、フルタイムで6時間参加できるようになったこと、プールに入れるようになったこと、ICT suite(コンピュータールーム)にて45分のセッションに参加できるようになったこと、などなど・・挙げればきりがないほどたくさん思い浮かぶ。

二つのナーサリーに通わせるなんて、自閉症のRooには大変だ・・・とは、いろんなところで湾曲的にアドバイスされたこともあったけど、同時に、「いや、Rooなら大丈夫でしょ」と根拠もなく自信たっぷりに後押ししてくれる人もたくさんいて(笑)、その意見に能天気に励まされながら頑張ってきたので・・・
Rooの一年下になるSpecial Needs childrenが、地元のPreschoolやナーサリーに通えるチャンスが自動的に与えられるなんて、それは私にとって本当にいいニュースなのだ☆


どんな子供達も、地元のコミュニティで皆で面倒を見て、教育していくのが当たり前なんだから、そこにSpecial Needs childrenが加わるのも当然。
もちろん学校側は、今までに例のない子供達の世話に始めは戸惑うだろうけど、スペシャリスト達のアドバイスを受けながらぜひとも他の子供達との交流を作ってあげて欲しい。

とっても嬉しいニュースでした。
9月からとりあえず1年間トライアル期間としてチャレンジするらしいが、ぜひとも2年目、3年目へとつながりますように。
まあ・・現実は、増えない予算との兼ね合いやAlison本人が学校内での仕事量が膨大すぎてこなしきれていないので、なんとか減らしたい方向で提案しているんだろうとも推測できるけど・・それでも、それで実現できるのであれば、万々歳です☆

うまくいくといいなあ・・
おっとその前に、Rooちゃん本人も、M校Reception classへの移動をスムーズにできるようにしなくては・・。
実は本日はRooちゃんのMoving up dayで、初めて最初からReception classにて参加したのだけど・・ちゃんと写真等で予告しておいたにもかかわらず、プチパニックだったよ、やはり(汗)
9月以降、大丈夫かしら~・・。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-13 07:09 | Rooのこと

Talent showでmagic?の続き

遅くなっちゃったけど、前記事の続き。
結論から言うと、Tiggerは二日間もマジックをがんばりました☆

先週の木曜日の朝、先生に問い合わせたところ、木曜日に各クラス内で候補者が発表し、担任により4組ほどが選ばれ、金曜日に全校生徒の前で披露する、ということだった。
まあクラス内でもちゃんと発表したらすごいな・・と思ってたけど。
なんと、本選に選ばれたらしい!すごい~~~

ただ、木曜日の放課後に先生と本人から聞いたところによると。
「Tiggerは本当によくがんばりました。クラスの前に出て、マジックを終わるまでに、とっても時間がかかったのだけど、やり遂げました」と。
・・そうなのだ、彼にとっては、大勢の前に立って何かをする、発言するなんて、一大事だもの。

そして、本人も、
「マジックやったよ・・でもみんなぼくのせつめいがわからなかったみたい」って。
聞けば、マジックに必要な説明部分をほとんどすっとばしたらしい(笑)
忘れないように紙に書いてあげて、忘れちゃったらこれ読めば大丈夫だよって言ったけど、読むのは嫌だったみたいね。

ちなみに、どんなマジックかと言うと、観客の中から一人を選び、彼・彼女の誕生日を当てる、というもの。
家で二人でやってみたら、Tiggerはさくさくとできたのだけどね、やっぱり説明部分が難しかったか・・。

というのも、クラス内ではどの子がいつぐらいの誕生日かだいたい皆覚えてるので、数を書いてもらおうか、と私が変更しちゃったんだよね。でも誕生日のほうが絶対にわかりやすかった・・だから、クラスメートじゃなくて先生に聞くようにすればよかったんだわ。
これは私の大失敗。

とにかく、たどたどしくもクラスで頑張って、その頑張りを汲み取ってくれた担任の先生から金曜日の本番出場を言い渡され・・・
「明日がっこういかない・・いきたくない・・」と寝る前に言い出した(汗)
なんとかなだめて、金曜日の朝も背中を押したのだけど、まあできなくても仕方ないし、本人が嫌がれば無理強いはしません、と先生も言ってくれた。

でも、Tiggerはちゃんとやったらしい。
また同じクラスメートを選んだようだけど(笑)
しかもまた説明をすっ飛ばしたから、全校生徒の頭にはてなマークがついたかも・・・(笑)


それでもいいのいいの、みんなの前に出て何か発表する度胸があっただけで。
本当に良くやったよ、Tigger。
ママは感動したよ~~~


・・やっぱり木曜日の夜に、「明日できたら、Toy StoryのSlinky dogのおもちゃあげるよ・・」と約束したのが効いたらしい(爆)
少し前に買っておいて、まだボーイズに渡してなくて。こんなときもあろうかと取って置いたのがよかった♪ 
おもちゃ欲しさに頑張ったか。Tiggerらしいわ~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-11 05:29 | Tiggerのこと

今日はTiggerのBeaver scoutだったので、少し早めに夕飯を食べてたのだが。
突然Tiggerが、

「そうそう、こんどTalent showがあるの。ぼくマジックするっていったから。
 もくようびのあさにやるから、よろしくね。」

なんですと?

キミがマジック?
でもマジックなんてなんにもできないじゃない。
「だから、もくようびまでにれんしゅうするの。」

だーかーらー・・・何を練習するんだよ、何を。
私もマジックなんて全然知らないのに(爆)


よくよく聞いてみると・・
クラスから数人代表が出て、おそらく、全校生徒の前で歌唱力なりマジックなりを披露するということらしい。
先生が、「誰かTalent showで何かやってくれる人いませんか~」と問いかけ、Tiggerが、
「ぼくやります!マジックやりたい!」と言ったそうな・・・・。

これは誰??
本当に私のシャイな長男か??
私は目が点。


いや、とにかく、マジックですよ。
慌ててネットで検索すると、でてくるでてくる。
・・なんか結構はまりそうね・・。私もいろいろ覚えて誰かに披露したくなるぐらい(笑)
思わず見入ってしまった。
簡単なものは本当にやりやすそうだし、たいして道具もいらなかったりして。

とりあえずいくつかTiggerにもできそうなものをピックアップして、寝る前にちょっと練習。
なかなかいい具合なのだけど・・やはり段取りね・・。
この辺を明日特訓したいと思います。

でも・・しつこいけど、本当にTalent showに立候補したのか、Tiggerよ?
「I'm soooo excited!!」と言いながら飛び跳ねてるし。
いや、だから先に段取り覚えて・・また間違えたし・・(汗)

当日とにかくぼろの出ないようにね・・
ちゃんと「おおお~~!」と誰かに言ってもらえるといいねえ。
がんばって練習よ~~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-07 07:26 | Tiggerのこと

'Leave me alone'と 'Don't do it'

Rooちゃんの発話がかなり面白いことになっている最近。
ベッドで鼻歌を歌いながらおもちゃで遊んでいたかと思うと、急に横にいた私の目を覗き込みながら真剣な顔で、
「I want... Thomas book.」

機関車トーマスの本・・と言われても。
脈絡もなくいきなり言われて、どの本かわからなくて戸惑うのだけど、必死で本棚にあるいくつかのトーマス本の中からお目当ての本を探さないといけないっていう・・。かなり面倒。

そして、最近になって。
2階のボーイズの部屋で遊んでいるときに私が部屋に入ろうとすると、「ああーー」と言いながら私を手で追い出そうとしたことが増えたので、ああ一人で遊びたいんだな、じゃあこういうときにはこう言ったらいいよ・・ということで、
「Leave me alone」という表現を教えた。

そうしたら、ものすごく嬉しがって、
「りーぶ み、ありょ~~ん」
って、何度も笑顔で!言ってくるように。

そこで、Reinforceも兼ねて、遊んでみる。
私がドアをノック。返事を待たずにドアを開けると、Rooが笑顔で、
「りーぶ み ありょ~~ん!」とドアを閉める。
そこでまた私がドアをノック、の繰り返し。何度も何度も喜んでRooがやる。
そして、5回ぐらい遊んだ後、隣の部屋で用事をしていたら、

なんと、Rooが閉めてある子供部屋のドア越しに、
「マミー・・・マミー・・・・」と呼んできた!!!
驚き~~~

もっとやってくれ~と言いたかったようで。
ドア越しに呼びかけられた嬉しさで、10回ぐらいやっちゃいました。
思わぬ収穫でした。



そしていつの間にか一般化できてるように・・
Rooちゃんが庭で遊んでいる時に私が庭に出ようとすると、ドアを閉めにきて、
「りーぶ み ありょ~~ん!」(笑顔付)

トイレを終えてベッドに入ったのに、またトイレに行きたがり、ついていこうとするとこれまたドアを閉めながら、
「りーぶ み ありょ~~ん!」(これまた笑顔付)

おおすごい・・ちゃんと言えてる・・と思いながらも、
いい加減にしなさ~~ぃ!! と言いたくなる私(疲)



そして、地元小学校でも、クラスメートが周りで遊びだしたときに「No」と言いながら拒否をしたり、クッキングの時間にアイシングをビスケットに塗るのを「あああーーー」と言いながら拒否したりしてたので、
「Don't do it.」というフレーズも教えてみた。

ぬいぐるみを山積みにして遊んでるときに、「Can I have Tigger? Can I have Pocoyo?」などと言いながらぬいぐるみをいくつか取る振りをして、Rooに「Don't do it!」と何度も何度も言わせたら、すぐ覚えてくれて、promptなしでも言える様に。
そして、ナーサリーでも使い出したらしい。

うーん、やっぱりいつも言いたくて言えなかった気持ちって、こうしたちょっと拒絶の表現なんだな。自閉っ子らしい。


「I see the lion.」「I see the apple.」
という「I see...」の表現も、スピーチセラピストとのレッスンを重ねてかなり言えるようになったけど、定着度から言えば、やはり上の二つの表現のほうが断然早い、ということで、
やはり・・「言わされる」表現よりも、「言いたい」表現ありきなんだなあ・・と実感。


あ、それから「I love you」も、かなり前から強引に教えました(笑)
私が「I...」とゆっくり言いながら先を促すと、
「・・・らぶ、ゆ~・・」と続けてくれる♪
でも意味わかってるのかな?ってね。
いやいや、笑顔で言ってくれるからそれでいいの☆
私が癒されればいいのだ~


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-07-02 06:23 | Rooのこと