Work placement初日

ようやく本日、Rooの通う地元小学校にてTeaching AssisitantコースのWork placementが始まった。
Rooをレセプションクラスに送って、いつもはそのまま帰宅するのだけど今日はHead teacherを待って教室に案内してもらった。
月曜日はYear4(日本では小3)のクラス。担任の先生はMiss S。

「Miss」ですけど、大ベテランの先生です。20年近くこの小学校で教えてるとか。(キャリアはもちろんもっと長い)
こちらでは「~先生」と呼ぶ代りに、「Miss」か「Mrs」がタイトルとしてつくので・・女性の場合既婚か未婚か一目瞭然なのよね。そして、名前を呼ぶときにも「あれ・・この先生はMissだっけ、Mrsだっけ・・・」と混乱するのだ。私だけかな?

めでたく離婚が成立した私は、Missだけど・・便宜上イギリスでの生活は元旦那の姓をまだ名乗っている。日本の戸籍もまだ変更されてないし、どちらにしろまだ元旦那の姓なのでね。
なので、Miss 〇〇(結婚後の姓)と名乗ることにしました。

Head teacherと一緒にYear4のクラスに入り、Miss Sに紹介してくれた時、
「こちらはMrs. 〇〇です」と言われたので、「いえいえ、Miss 〇〇です。」と訂正し、Head teacherとMiss Sが、おお・・と暗黙の了解でうなづくのにあわせて私も(まあそういうことです)とうなづいておいたり。
Mrsと言われ続けない様に最初に言っておかないと。


そして、午前中のみの参加だったけど、Year4はとても活発でMiss Sの指導をきちんと聞くいいクラスでした。ほとんどの時間私は生徒一人ひとりのReadingの手助けをしていた。
、ある子はHarry Potterの分厚い本をらくらく読めるレベル、ある子は「That」の読みにつまづくレベル・・・こりゃ大変だ。25人の子供たちに担任とTAが一人。なかなかギャップが埋まるような指導は難しそう。

最近の日本の小学校の授業風景は全くわからないのだけれど、遠い昔の自分の経験から言えば、かなりフレンドリーでリラックスした雰囲気で、子供たちは意欲的に授業に参加している様子。グループワークが多いのでついつい私語も多くなるけど、きちんとワークはこなしているようだった。
それでもトラディッショナルな先生タイプのMiss Sに、クラス全体がこっぴどく怒られること2回(笑)
本当にいいクラスです。来週の月曜日が楽しみ。

Rooちゃんに見つからないかどきどきしてたけど、今日は大丈夫でした☆
学校が工事中で現在Year4クラスの場所がレセプションクラスの近くになっているため、Rooちゃんに見つかってしまう可能性が大なのよね・・気をつけないと。

水曜日の夜に2度目のカレッジでの講義、そして木曜日の午前中にはまた同じ小学校に戻ってYear1かYear2のクラスに入る予定。これも楽しみです♪




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-28 04:53 | TAへの道

誕生日は過ぎたのに・・

e0160905_1926893.jpg


おめでとう~Rooちゃん☆


・・というのは、8月に終わったんだけど。
Rooちゃんがこのケーキを切らせてくれなかったので、しばらくキッチンに隠してました。
でも見つかっちゃって。またまた「ばーすでー、きゃんどるー、」としつこい要求にZacがギブアップ(笑)
3回もまたふ~ふ~とロウソクを吹き消してご満悦。

でもケーキがあれば食べたいTigger。そりゃそうだ。
それでもちゃんとRooの意思を尊重して我慢してくれたので、今度はTiggerの要求をかなえる番かな、ということで。
賞味期限が9月の12日だったので、ぎりぎりにこっそりTiggerと私で一緒に食べましたよ。

でも、本当に嬉しそうな表情のRooちゃん。
毎日が誕生日だったらいいのにな~~と思ってるんだろうね(笑)



Rooちゃん、学校がんばってます。
毎朝泣かずにちゃんと二つの学校に通えるように。
しかも、普通小学校のほうではRooちゃん担当のMrs. Ellisととってもいい関係を築いているようで。
課題、といえるほどのものではないけど、一緒にペイントしたり動物の鳴き声を聞いて「I hear 〇〇」と答えるゲームなど、One to oneのセッションもきちんとやり遂げるし。

どうやら、うちの子は二人とも外面がいい!!
Tiggerなんて、まさに外では優等生、家に帰ってくると駄々っ子だもの。
二人とも学校では言われたことをきちんとやるタイプ。Rooちゃんはもちろんできないことや拒否もあるけど、基本的に一日の流れには素直に従ってやり遂げるらしい。
その分二人とも家ではだらだら~~、好きなことだけしたい~~、という感じで、宿題をやらせたりご飯の時間にちゃんと席についてもらうなど小さいことを何度も言わないといけないので私がイライラ・・・・。

誰かに似てるな・・そう、私だ(爆)
こりゃ仕方ないな~・・・



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-23 19:31 | Rooのこと

眠すぎ・・

Rooちゃんの学校でのがんばりや、Tiggerのクラスメートのママさんたちのゴシップなど(笑)、いろいろ書きたいことはあるのに。

うーん、最近午後10時半で限界・・・・
ただいま10時45分、目が半分閉じてます(汗)
どうも夏休みが終わってから夜弱くなってしまった・・・

仕方なく、今夜も早々に寝ることにします。
それでも朝起きるとまだ疲れてるし。どうしたら体力回復するのかしら。
年かなあ・・・いや、多分運動不足。

Rooちゃんもまだ気まぐれにいきなり夜中に起きたりするときもあるし、夜更かしは禁物です。
世のママさんたちは本当に体力勝負だよな~、これでフルタイムで働いているママさんたちには本当に頭が下がります。

いよいよ水曜日からはコースが始まるので、木曜日あたりからWork placementを始めることにします・・が、私こんなに体力なくてやっていけるのだろうか・・(不安)
自分にカツいれないと~

それにしても・・ああ眠い。とっとと寝ます・・




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-21 06:51 | つぶやき

秋模様

e0160905_6414681.jpg

まだ夏休み中に、ギリシャ人のMariaちゃんの家に遊びに行った時。

MariaちゃんはRooと遊びたくて仕方ないんだけど、とってもつれないRoo。
それでも、いちいち関わろうとしてくれているMariaちゃんには感謝。
ありがとうね~


e0160905_6455281.jpg


2週間ぐらい前かな、Zacと4人で森までドライブ。
のんびり~とお散歩。
前日に大雨が降ったので、大きな水溜りにはやっぱり惹かれるのよね・・

e0160905_6475119.jpg


その後はHeathをお散歩。
なんにもないんだけど、それがいいのよ。
・・でも水溜りの後には刺激がなさ過ぎたのか、Rooはすぐ帰りたがったけど。


e0160905_649147.jpg

座り込んで、もう帰ろうよ~とアピール。
実はちゃんとご飯を食べずに来たので、おなか空いてたのよね。



もうすっかり秋・・・というより、初冬か??と思えるような寒い日も。
風邪引いちゃったよ私・・のどが腫れてます・・
週末忙しいのにな~、早く治さないと。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-17 06:51 | Rooのこと

器用だわ・・

いつものようにRooちゃんが、たたたーーっとトイレに行った。
しばらくこもっていたので、大きいほうかな?と様子を見に行くと。





座った姿勢でDS中~(爆)
っておい。


この子はぬいぐるみとかおもちゃとか普通に持ちながらトイレに行って、片手で器用にズボンとパンツを下ろして座り、ちゃんと一回だけふいてパンツとズボンをあげてでてくる・・という技をいつの間にか身につけてる。

そんなんじゃなくて、もっと有効活用できそうな器用さをみせてください。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-13 18:24 | Rooのこと

来週はどうなるか・・

結局今週は毎日ず~~っと泣いてしまったRooちゃんでした・・・。

月~水の普通小学校では、ナーサリーが本当に好きだったようで、3日目の水曜日でもナーサリーのほうにめがけて走っていき、制止するととりあえずReception Classに入ったが、その後はまたなきながら正面玄関の方向へ脱走・・・・
「ここにいなきゃいけないのはわかってるけど、いやだ」
というような反応。
結局私が去ってからいつも10分ほどで落ち着くらしいのだけど、それでもかなりintenseな反応で凹んでた私。

でも、水曜日の終わりにクラス担当の先生とマンツーマンの先生に聞くと、
「始めはこんなものでしょう、これからですよ~」と励ましていただいたので・・ありがたいです、本当に。

そうそう、この普通小学校で、もうすぐカレッジコースのWork placementが始まります♪
Headteacherに確認したら、快諾いただきました☆
週2回午前中、Key Stage1のYear1・2のクラスとYear4のクラスに入ることになりそう。
楽しみです。


そしてRooちゃん、木、金はSpecial Needs Schoolに行く日。
車の中で軽く一泣き・・・学校まではご機嫌・・・校内もわりとにこにこ・・・でも、新しいクラスに入った途端、慣れない雰囲気に泣き出す・・というパターン。
はあ~~、あまりのupsetぶりになんだか申し訳なくなってしまうけれど、Rooちゃん、学校には行かないと行けないのだよ・・・ゆっくりでいいから慣れていってね。

でも、毎朝連れて行かないといけない母親としては切ないのう。
笑顔で登校できるRooちゃんが待ち遠しい。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-10 19:49 | Rooのこと

いや~冷や汗だらだらでした・・。

Tiggerは普通にさくっと学校に行ってくれたので本当に助かった。
今回初めて、初日の朝に「I don't want to go to school・・」って言わなかったかも♪
長い夏休みの後なのに、成長しましたな~
さすがにYear2(日本では小1)ともなると、宿題もたんとでるようで。
親子でがんばらないとね。

そしてRooちゃん。夏休み中からしつこいぐらいに今日の学校初日を伝えていたけど、反応があまりよくなかったので、本日はわざと朝の予定を言わず。
これを言ってしまうと、車に乗らなくなって2階の部屋に閉じこもって完全拒否の恐れがあったので。Rooだけならともかく、Tiggerの学校に遅れるのはフェアじゃないし。
でも、制服のズボンをはかせたときにわかっちゃったみたいで。当たり前か。
学校のロゴの入ったジャンパーは完全拒否。そのままとにかくいい流れで車には乗ってもらった。

Tiggerを学校に降ろした後、Rooは車の中で「I want・・go home」と自分から言ってきた。
Rooちゃん、ナイス アイコンタクト! でもごめん・・学校には行かないと・・
「You are going to your school!」と言うと、2分ぐらい固まって、うえ~~と泣かれた・・。

うーん、やはりナーサリーとは違うクラスに行くことはちゃんと理解しているので、こうなるか。
そのまま正門の近くに駐車しても、降車拒否。
しかたなく抱えて校内に連れて行く・・が、床に寝転がって拒否・・

通りかかった先生の助けを借りてなんとか歩かせようとしても、体中突っ張って拒否するので、仕方なくまた抱える。重い・・
そこへ、Rooのクラスメートとなる子供達が先生に先導されて保護者と一緒に違う入り口から入ってきた。(Rooは他の生徒たちが使う入り口を嫌がるのでつかえない)
・・みんな今日が初日なのに、だ~れも泣いてないし(汗)
一人ぐらい泣いててもおかしくないのに、みんなめちゃめちゃ落ち着いてる。

コートやバッグ置き場を教えてもらうが、Rooがパニック状態で部屋から飛び出そうとするので、とにかく落ち着かせないといけない。
でも教室を見回しながら、泣いてるけれどちょっとずつ興味を持っているのがわかった。
ナーサリー時代から毎週火曜日に遊びに来ていた教室だから、なじみはあるのだ。
ただ、ナーサリーに最初に行く、という今までのroutineから離れられないだけ。

先生にお願いして、号泣のRooを置いていくことに。
とーっても後ろ髪引かれたけど(Rooを思って、というより、先生に申し訳なくて 笑)

そして、その後お迎えまで、私は2人の友人と我が家でお茶の時間♪
もちろん子供達の話ばかりだけど、久しぶりにのんびり・・・
つかの間の休息でした。


お昼前に迎えに行くと、ちゃんとクラス内で普通に遊んでいた。
これはよかった、と思ったが、私の姿を見た途端、Rooちゃん再びパニック!
「Go home~~~~~ Go home~~~~~~~!!」と叫びながら飛び出していってしまった。

なが~い廊下にひびくRooの叫び声・・・
すると、追いかける私の前にいた先生が、走ってくるRooの前に通せんぼのように片手をすっと伸ばしながら、
「No, Roo, stop. Don't run.」
と、よく通る力強い声で言ってくれた。
その途端、Rooはぴたっと走るのをやめた。叫び声も。
とってもいい指示の仕方で感謝。


・・まあ~、こんな感じで・・・
予測はしていたけど、やっぱりそうか・・(笑)
クラス内では、すぐに泣き止んで遊びだしたらしいけど、やっぱり正面玄関近くにある水槽めがけて2回クラスを脱走したらしいし、スナックも飲み物も手をつけなかったみたい。というか、多分今はまだクラスメイトと一緒に座ることを拒否してるんだろう。
少しずつ、少しずつ、ね・・。
救いは、クラスメイトの子供達が皆とっても優しいこと(泣)

それでも、やはりとても刺激的な一日であったためか、
学校が終わってからの発話とアイコンタクトはいつもより多かったし、
庭で遊んでいた時間もここ最近では一番長かった。
どうなることやら・・ですが、ゆっくり様子を見て行きましょう、と先生方が言ってくれているので、少しずつでも毎日変化が見られることを期待して・・明日もがんばろう☆


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-07 05:53 | Rooのこと

しゃきっとね





両親に頼んで日本で買ってきてもらった、サカナクションのアルバム。
車で毎日聴いてます。
来年Glastonburyで出演して欲しいぐらい。


ブログには貼れないようになってるけど、同じくらい聴いてるのがフジファブリック。
いいっすね。
フジファブリックを知ったときには志村さんは既に他界されていたけど、本当に素敵な曲をたくさん残してくれた。
 

最近また日本の音楽聴きたいブームに入ったようで、またお薦めなどあったら教えてください。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-06 07:07 | つぶやき

忙しくなりそうです

来週からの新学期に向けて、準備はそこそこ終わってますが・・心の準備が・・(笑)
なにせ学年があがる新学期ですからね、TiggerはともかくRooにとっては幼稚園姓が小学校に上がる状態と同じわけで。制服も毎日着るようになるし・・どきどきです。
学校のカードを見せて来週からの予定を言ってみるけど、今のところ返事は「No!」です・・。

さて、子供達だけでなく、私の生活にも大きな変化が。
地元カレッジで、Teaching Assistant になるためのコースを受講することになりました☆
こちらの学校では、担任の先生だけでなくクラス補助の先生が学年やSpecial Needsの都合によって一人ないし二人は各クラスにいます。その補助の先生の資格です。

Rooのこともあって他人に子供達を預けることが難しく、日本のようにデイケアなどが充実しているわけではないので、学校の学期内しか働けないとなると、やはり学校での仕事をするしかないわけで。「どうしてもやりたい夢の仕事」ではなくて「これしか選択肢がない仕事」ではあるけれど、それが「充実感・達成感を感じられる仕事」になる可能性が十分、と思える点で、かなりやる気をもらってます。


それにしても、このコースに受け入れてもらうまで、実はかなりすったもんだがありましたの。
本来なら今年3月にAssessment(学力チェック・こちらの16歳レベルの英語力と数学力が要求される)とインタビューがあったはずなのに、一向に音沙汰なし。
カレッジに問い合わせると、
「総選挙が終わるまで予算が下りないので、5月以降まで待ってください」と言われ(汗)

そして選挙が終了しても、連絡なし。
これはきっとコース自体開講されないんだな、とあきらめてた7月末に突然、
「8月にAssessmentとインタビューを行います」との手紙が・・・。遅すぎ~~
でもせっかくなので、日程合わせていきましたよ。

実は、イギリスのひどい不況の波を受けて、このコースの希望者がうなぎのぼりだったようで。
25人定員のところ、なんと120人もの応募があったとか・・・。
結局インタビューと称するコース説明会に参加したのは半分ちょっとの70人ほどだったけど、参加者は見事に20代・30代の主婦のような雰囲気の女性ばかり。

そして実際のコース講師による説明会の後、順番に個人的に講師に質問ができたので、その時に
「日本国籍で過去10年イギリス在住だが、このコースに参加できるか、そして実際に就職活動までできるか」みたいなことを聞いたのだけど。
講師の女性は、私のAssessmentの結果をさくっと見た後に軽~く、
「うん、これなら大丈夫ですよ(にっこり)」とたいした根拠もなく言ってもらって。

もちろんこの時点では受講できるかわからなかったのだけど、さすがイギリスだな~と納得。
日本でもしこうしたコースにひょっこり在日外国人の人がきたら、もっとナーバスな対応をされるんじゃないかなーと。ありがたかったです。


そして、2週間後に「コース参加の許可」が手紙で届いた♪
嬉しいと同時に、「さ~困ったぞ・・この年で子育てしながらまた英語で勉強だよ・・」とも思ったけど(笑)
でもやはりわくわくするね。
それに、パートタイムなので、カレッジでの講義は週に一度水曜日の夜6時から9時まで。後は小学校で週6,7時間ボランティアとして参加するだけなので、時間的拘束はそれほどないわけで。
やってやれないことはないかな~と。心配なのは、英語でのレポート提出なのだけどね。
Zacが講義の時間帯にボーイズの相手をしてくれると言うので、これも安心。


ちなみに、なぜに25人枠にひっかかったか・・
それは私がものすごい優秀だったから~、ではもちろんなくて(だったらいいけどね)。
どうやって人選したか、というと、最初にカレッジに提出した応募用紙を二人の講師が吟味して決定したわけで。
私の応募用紙には、学歴や職歴と共に、

① 現在100%Benefitに頼って生活している
② 自閉症の子供がいるため、学校の学期内しか働けない

ということを、切々と書いているのですね~。
・・まあ、そりゃ同情票も集まるわな、というわけで(笑)


一年のコース(Level2)を終えた時点で就職が決まれば万々歳だけど、ほとんどの人は2年目のLevel3コースに参加するようで。私も、できることなら2年は勉強したいと思っている。予定は未定だけど・・。
とりあえず、がんばりまっす。
コースは9月の22日から。まずは顔合わせ・・ちゃんと話せるかしら・・(不安)


しかし・・
Teaching assistantの仕事にフルタイムで就くことになったとしても、今現在Rooへのサポートも含めて頂いているBenefitとほとんど変わらない・・いやむしろ住宅への援助がなくなる分生活が厳しくなるのって・・・。複雑です。
でも、こうした補助のお陰で、今までTiggerとRooの成長を見つめてこれたわけで、大感謝です。

福祉国家のイギリスだけど、こうした状況から仕事に就かずにカップルまたはシングルで家にいて、子供をどんどん産んでBenefitをもらおうとする人が多いのも事実。
それでも政権が変わってこうしたBenefitもどんどん削られる方向だし、この不況下で一体いつまでこんな夢のようなBenefitが続くか判らないし。
とにかく私としては、この先10年以上働けるような仕事の資格をとって納税者・社会の一員へと復帰しないことには、人生へのモチベーションが下がるな・・と。
定年後の生活への不安もあるしね~、今のうちにできることをやっておきたいです。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2010-09-02 20:45 | つぶやき