1,2ヶ月ぐらい前からなんですが。


「What's your name?」とRooに聞くと、

「〇〇」と自分のファーストネームを言うようになった♪


Rooちゃんにとって、これはすごいことですよ~~~~


ちなみに、「How old are you?」の質問には、当然ながらオウム返し。

地元のM小学校と、支援学校のW校の両方の先生に聞いたけど、特に最近練習したと言うことはなかったらしい。まあ、Rooちゃんは自分の名前はちゃんとわかってたし、自分が写っている動画や写真を見て自分の名前を言ってたし。
「Who are you?」とRooちゃんを指差しながら聞くと、自分の名前を言う、というのは、もう1年以上前からできてたのは、前にも書いたけど。
でも、What is your name?には、以前は答えられなかったのを覚えている。

きっと何かのきっかけで、What's your name?の質問と名前がリンクしたのかな。
それか、「name」という概念を理解できるようになったんだろう。


もし迷子になったりした時に、せめて名前だけでも言えたら本当に助かるだろうから。
なので、たまに私が思いついた時に、週に何回かこの質問をしてました。


そうしたら、2週間ぐらい前ぐらいから、なんと、突然、

「〇〇 ▲▲▲」とフルネームで答えるように!!!

もうびっくりしすぎて。
2,3回確認したけど、毎回ちゃんとフルネームを言ってた・・。


どこで覚えたんだろう・・・学校でもないみたいだし・・・
学校での毎朝の出欠取りも、フルネームでは呼ばないし。
不思議だ・・・


じゃあ、今度は年齢?と思って、年齢と言う概念を理解はしてなくてもQとAをコンビで覚えさせて見ようとしてるけど、まだ完璧には行きませんね~。
それじゃあ、次はママの名前かな?
「マミー」も、実は名前があるって、わかってるかな?

あ、でもいろんな人が周りで私の名前を呼んでるから、本当はわかってるのかもしれない・・なんて。
うーん、自閉っ子は本当に不思議だ。可能性の神秘。


なんて、「お名前は?」の質問一つに感動を覚えられる、お得さ(笑)




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-26 08:50 | Rooのこと

Rooちゃん、がんばったね

まだまだハーフターム中です。
月曜日と火曜日、隣町のHoliday Clubに、Rooちゃんが4時間半ずつお世話になりました。
日本で言うと、学童かな?
放課後とホリデー中に、子供を預かる場所です。
今回は隣町の小学校を基盤にしている団体です。
Special Needs Childも、完全な1対1はできないけれど、High Supervision providedとあったので、思い切って預けてみることにしました。
なにより、一日10ポンド近い利用料がカウンシルからの補助でまかなえるので。

Rooちゃんにとっては初めての場所なので、やはり月曜日は泣いちゃってました・・。
今までの経験上、こういうところにきたら私においてかれる、とわかってるので、私のひざに座り込んで降りようとせず、連れて帰ってくれと大アピール。
しかも、ものすごく大きい小学校なのに、とーっても小さい部屋で・・。
でも、この日はRooちゃんを含めて、たったの3人だけだったので、とりあえずよかった。
これはあまりよくないかも、と思いつつ、とりあえず4時間以内でささっと迎えにきたら。

大きなホールで、たくさんの遊び道具に囲まれて、楽しそうに遊んでました。よかった・・。
私とTiggerが帰った後、10分ほど泣いたら収まったそうで。まあそうなるだろうと思ってたけど、ほっとしました。
校庭の遊具も使用したそうで。最初の小部屋と広い校庭+ホールを一日で時間決めで使用できるらしい。
Rooちゃんには広いスペースが必要なので、安心しました。

そこで、火曜日も予約をしておいたので、もう一日お願いすることに。
この日は3分だけちょっぴり涙を見せたけど、ちゃんと自分で気持ちの切り替えをして、後はハッピーに半日遊んだそうです。
基本的に、健常児のためのHoliday Clubなので、Rooちゃんを預かってみてどうだったか、夏に向けて人数が増えた場合(20人以上預かる日もあるらしい)、大丈夫か・・と聞いてみたところ、
「Absolutely no problem, he was very very good.」と、責任者に言ってもらえた。

ここのスタッフは全員Special Needs Childrenを預かるためのトレーニングを受けているのと、Ofstedというイギリスの学校の調査を行う機関のチェックにもちゃんと通っている団体なので、これならまたEaster holidayにもお願いしようか、と思ってます。


というのも、火曜日の日、Rooちゃんを預けた後、この町から30分ほど車で行ったかなり大きな町にTiggerと出かけて、映画を見ることができたのです。Tiggerにとっては、初めての3Dでの映画鑑賞。
Rooちゃんと一緒だと、やはりまだ難しいからね。
うちの町にある映画館は小さくて、3Dはできないし。それでも、うちの町にあるSpecial Needs ChildrenのクラブにRooを預けて、Tiggerとは映画に2回ほど行っているのだけど、やはりRooを地元において都会に出るにはちょっと不安だったので、3Dには今まで挑戦できなかった。
でも、今回のHoliday Clubがある町は、私たちの住む町と都会のN市との中間辺りにあるので、出やすかったので。思い切って、行ってみたら、大成功でした。

Tiggerは、いつもこのN市にでかけるのを嫌がる・・「遠すぎる」と。
Rooちゃんとモールでお買い物、カフェでのんびり・・ができないから、N市への買い物は一年に2回あるかないか。でも、それだとTiggerの世界は広がらないし。
なので、今回は、いい機会でした。

本当は、Rooちゃんも一緒に映画やショッピングを楽しめるといいんだけどね。
もうちょっと、待ってみて、挑戦してみたいかな。

ちなみに、Tiggerと一緒に見たのは、「Gnomeo and Juliet」
なかなかよかったです☆


そして、今日の水曜日は。
月・火曜日と初めての場所でいい子にしてくれてたRooへのご褒美の意味もこめて、RooとTiggerの大好きなIndoor playareaへ。Tiggerのクラスメート3人+そのうちの一人のママさんも一緒。
大人2人、子供5人で、あいにくの雨のおかげで激混みだったのだけど、子供たちのために4時間も粘りましたよ~。みんなでランチも食べて、RooとTiggerは足がふらふらになるぐらい走り回って。
ま、こんなDevotingな一日もあっていいよね。いや、疲れたけどね。
友達ママさんと、ずーーーっとおしゃべりしてただけだったけど。大勢の子供が周りを叫びながら走り回るところに長くいると、座ってるだけでも疲れるわ~~



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-24 08:11 | ボーイズのこと

ポケモン大好き

あっという間に、ハーフタームに突入しております。
今週末から1週間学校はお休み。28日の月曜日からまた始まります。
ちょっとのんびりできるかな・・と思いつつ、初日からやはり時間に追われてる・・(笑)

さて、日にちがあいてしまったけど、14日のTiggerの誕生日当日は、学校の後家でゆっくりしてました。
ケーキも前日のパーティの後食べたし、結局普通の日と変わらなかったかな。
あ、でもバレンタインデーだったので、Zacが私にステーキを買ってきて夕飯を作ってくれました。
って書くと、なんだかとってもお料理上手なダーリンですけど、実はZacは料理とっても不得意なのです・・。
3つぐらいしかレパートリーないし。フレキシブルにできないし。
それでもたまに作ってくれる時には大げさにおだてて、また作ってね~~と乗せておきます(笑)ありがと~。


さてさて、ポケモン。
ボーイズ二人とも、はまってます。
おお、これなら日本に里帰りした時も、日本語が通じなくてもTiggerにポケモンつながりで友達ができるかも?と期待してますが。
ほぼ全部のポケットモンスターの名前が、日本と英語圏では違うんだよね(爆)
そして、やっぱりTiggerには日本語名が難しいようで、英語の名前のほうがしっくり来るようです。よく考えられてるわ・・。

そして、驚くことに、Tiggerの影響で、最近ではRooのほうがはまってます。
ちゃんと名前も覚えて、うちにあるポケモンのDVD(今のところ3枚あり)を繰り返し見てます。

e0160905_0522535.jpg

こんな風に、ソファーの一角に陣取り、DVD鑑賞しつつ、私の友人がくれた2002年ぐらいの古いAnnual Bookを一緒に見ては、モンスター達の確認(笑)
Tiggerは英語版のポケモンサイトがお気に入り。あっちとこっちでポケモンたちがぎゃーぎゃー言ってるのが聞こえてたりして・・・・。

そして、Youtubeで、ポケモンキャラクターがマクドナルドの子供用セットについてくる!という広告を見つけてしまい。
「日本のマクドナルドに行きたい~~~~!!」と叫ばれても。困りますわ。

いつまでこのポケモンブームは続くかな。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-20 00:58 | ボーイズのこと

Tigger7歳☆

14日はTiggerの誕生日♪
7歳になります☆
そこで、今日の13日の日曜日に、友達を24人招待して去年と同じGymnastic ClubにてBD partyを開催しました。


e0160905_8501648.jpg


e0160905_8511874.jpg


e0160905_8513634.jpg


e0160905_852040.jpg



実際は子供たちが終始叫んでたので、か~なりうるさかったんだけど(笑)
クラスメートや昔からの友達など、招待した人は全員参加してくれました。感謝。

e0160905_8542081.jpg


Rooちゃんのトランポリンも、庭での練習の成果か腕があがってます(笑)
やっぱりSpecial NeedS Childのトランポリンクラスを受けたほうがいいのか・・
でも、トランポリンだけじゃなくて走り回るのも好きなので、クラスではトランポリンしか使えないはずだから多分難しいだろうなあ・・と思って、まだ登録してなかったのだけど。


Tiggerは1時間のプレイタイムのうちほとんどどこにいたのかわからなかった。
それぐらい友達みんなと遊びまわってたと言うことでなによりです。
皆いい汗かいてました~。

プレイタイムの後は45分間のランチタイム。
もうあっちからこっちからあれくれこれくれコールが来る中、友人ママさんたちに手伝ってもらってせっせとお給仕(笑)
疲れたけど、子供たち皆いい笑顔(そしておそろしいくらい元気 汗)だったので、大満足です。

Rooちゃんも、ちゃんと座ってみんなと一緒に食べて(スナックだけだったけど)、びっくりするぐらいいい子でした。よかった。


Tigger、おめでとう~☆☆
そして、明日の14日にもう一度お祝いしようね。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-14 08:46 | Tiggerのこと

Rooが週3回通う特別支援校(W校)のクラスの先生は以前から
「Rooちゃん用のCommunication Bookを学校側から作成しますね」
と言ってくれていた。
今までは3歳の誕生日過ぎから5歳になるまで担当してくれたスピーチセラピストのAさんが作成してくれたものを使っていたが、家や外出時における日常生活で必要な最低限のイラストが主で、学校の勉強に応用できたるものではなかったので。
もちろん学校作成である以上、学校の所有物になるわけで、家に毎日持って帰ってこれるけど、ちゃんと「大事に使用します」と指定用紙に署名させられたのでした。

e0160905_743089.jpg

ぶ厚いです~~


アルファベッドに数字、科目の名前など、今までなかったカテゴリーもさらに増えて、かなり広範囲にわたって網羅されているのが嬉しいのだけど、やっぱり外出時に持ち歩くには不便な大きさなので、外では使えないな・・。やはり学校内でのVisual helpが主目的です。

e0160905_7464574.jpg

こんな感じ。イラストもかなり見やすい。
3歳で始めた初代PECS Bookはマジックテープでカードが保管されていて、Rooは一枚ずつばりばりとはがしながらボードにつけて、私たちに提示してたんだっけ。懐かしい。
それに比べれば、ここまで成長したか・・と、ちょっと感慨深い。


e0160905_7471589.jpg

「World」
ほう、世界について学びますか。Rooちゃん、そんな概念理解できるんでしょうか・・
とりあえず、国旗がずら~っと並んでます。

e0160905_752444.jpg

もちろん、Englandとユニオンジャックは最初に。そりゃそうだ。
日本国旗も最初に持ってきてくれるかと思ったけど。国籍は・・まだ理解しないか。
ま、アルファベット順でいいです。



e0160905_7541720.jpg


って、日本ないし!!!



即効、次の日にクラス担任、Jenny宛に連絡帳に記入。

「日本の国旗がないんですけど??ジャマイカにジャージーがあって、なんでジャパンがないんですか?」

中国、韓国、台湾、タイ、それに香港まであるんですよ。
そこで・・・ちょーっとだけ心配になったので、もう一つ書いてみた。


「まさか、私が日本出身って、知らなかったわけじゃ・・ないですよね・・(ジョークです)」



Jennyの返信:



「おお!それで、私の車を見て、『日本車乗ってるんですね!』っておっしゃったんですね、今わかりました☆」


・・知らなかったのね(号泣)


いやいや、ちゃんとW校の書類には母の国籍書いてあるし。
Rooの国籍が二つあることも、mixだとも書いてあるし。
第一、去年は数ヶ月間私が毎回送り迎えをしていたし、二人でRooに関するミーティングも何度もしてるし、

なんていったって、自分の生徒の母親が見るからにイギリス人でない限り、ちゃんと国籍ぐらいは把握しようと思うはずですけど・・・・・・・
ま、こちらの特別支援学校では、子供の特性がわかれば別に親の国籍なんてたいしたことないか。
うーん、こんなところもイギリス的・・なのか??


とりあえず、中国出身と思われていたと思われます。まあいいです。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-02-05 08:07 | Rooのこと