もう9月も終わり・・

日本では運動会シーズンでしょうか。
最近は5月にやる学校も増えているのかな。

朝晩はとっても冷え込むようになってしまったのだけれど、日中陽が出ればとっても暑い!
先日、Work placementをしている学校のSchool tripについていって、一日中Villageにいましたが。
ここ数週間で一番高い気温、かつ無風状態。
午後のウォーキング1時間がひたすら修行のような時間でした。
子供たちもへばってて、皆ぐずぐず言い出して、なんとか励まして終わらせたけど、自分が一番にへばりそうだったわ・・・。暑さに体がまったく慣れてません。
寒いほうが苦手だと思ってたけど、暑いのもだめ・・やわです。


さて、そんな風に疲れて帰ってきても、うちには男手がないためにこんな仕事まで待っております。

e0160905_19522911.jpg



いや、Zacに頼むってこともできるんですけど、実はZacは私よりDIYがへたくそ・・・(泣)
こうなったら自分でやったほうが早いし確実なのです。
そんなわけで、ここ数年で力仕事が一気に増えた分、なんとかやっております~。

現在、Fillingは乾いたのだけれど、まだサンドペーパーかけてません。早くかけなさいってば。
その後のペンキ塗りは・・・いつになることやら・・・。
だって、ほんのちょっとしかいらないのに、白とオレンジがいるからねー、もったいなくて(言い訳)




e0160905_19572140.jpg


先週末、また例のJumping pillowで遊べる場所に友達家族と行ってきました。
1時に現地についた私たち。友達家族は1時半ごろ到着予定だったのだけど、結局2時半ごろにようやく到着。いつもこの人たちは必ず遅れるので想定内でしたけどね(笑)
先にランチ食べてしまって正解だったのだけど、
彼らのバックの中からどんどんでてくる食べ物を食べろ食べろと催促され、いや、この後パブで食事する予定で・・バイキングだから・・・と言っても、許してくれない(笑)
食べないと悲しがられるので、無理やり食べました(笑)

e0160905_2034312.jpg


閉園間際には貸しきり状態だったので、思う存分遊べました。
皆がギャーギャーと遊ぶんでいるのを、下の砂場でしれっと遊びながら見ているRoo。
でも、彼なりにちゃんと参加しているのだけどね、たまにたたたーーーっと皆の周りを走り回って、ちょっかいだしてもらっては喜んでました。

後1、2ヶ月ぐらいは週末にまだ楽しく出かけられたらいいんだけどな~。
イギリスの寒くて暗くて湿った天気がやってくる前に・・・。
そういえば去年のドカ雪は11月に一弾目がやってきたんだっけ。
あああ、あの冬がまたやってくるか・・と思うと、今のうち今のうち・・と気持ちもあせってしまうわ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-29 19:56 | 日々のあれこれ

夏休みちょっと前ぐらからかな。
私が教えようとしてもとても無理だったことを、TiggerのおかげでRooちゃん克服!


いやいや、そんなたいしたことじゃないんだけど・・

トイレで立ってする!ってやつです(笑)


ええ、やっぱりボーイズ二人、同時に、Xの放物線描いてやってます(汗)
うーん、女子には無理だし。ちょっと羨ましくも思えたり^^

今までは、ちゃんとできてるんだから、いつも座ってようが構わないし、で来たのだけれど、やはり年齢が上がるとそろそろ・・とも思い始めて。
でも、どうやって教えたらいいの?ってことで、今までほったらかしにしてあったのでした。


今はまだ、お風呂の前とかTiggerに誘われて一緒にやってる段階ですが、
そのうち一人のときもちゃんと立ってできるかな?と思ったら、たまにやってるみたい。
でも、やっぱりほとんどは座ってるけど。

Rooの場合、「これはこういうパターン」という形が本人の中で確立してしまったら、その一定のパターンとか習慣などを変えるのが苦手で。自閉症児の典型的な特徴ですが。
なので、今までは男の人が立ってするのを見ていても(Tiggerとか、前旦那とか)、「トイレは座ってするもの」と一向に見向きもしなかったのに。なぜかある日突然、Tiggerと一緒に始めたら、気に入ったみたい・・はは。

まあ、これも成長のひとつですね(笑) 




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-26 07:46 | ボーイズのこと

前歯が抜けた☆


夏休み前の写真かな。

この時、10枚ぐらい二人の写真を撮ったんだけど、なぜか全部Rooはカメラ目線で満面の笑み!
モデル気分だったんでしょうかね~(笑)

2週間ぐらい前から、上の左の前歯がぐらぐらしていて、もうすぐ抜けるな~と思っていたところ。
昨晩、ついに抜けた!
というか、あまりにもぐらぐらしてたので、私がえいっと引っ張ったら抜けた~♪
これで3本目。上の歯が抜けたのは初めて。

前歯抜けたRooちゃんの顔が・・キュートな顔に笑える歯抜け状態で・・
なんだかミスマッチで、見るたびに笑ってしまいます☆ 

早く生えてこないかな~、と思う反面、ああ、どんどんこうして大きくなっていってしまうのね~・・と思っちゃったりして。
Tiggerのときは私もエキサイティングな気持ちのほうが大きかったけど。
下の子は、いつまでもこのままでいてほしいかな・・なんてね。
上の子は、どんどん頼もしく成長するのが本当に楽しみで、下の子はキュートなままで、いつまでも抱っこできて・・なんて、親の勝手な気持ちです。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-23 06:37 | Rooのこと

素敵な招待状☆

Tiggerの学校のYear5クラス(9-10歳)の生徒たちから、とっても素敵な手紙を何通ももらいました!

「ぜひ私たちのクラスにきて、日本のことについて教えてください」
という内容のもの。
Year5の今タームのトピックワークが、「Japan」だそうで。
いろいろ日本の文化について、聞きたいそうです。

実は6月にTiggerの学校の全クラスで日本語レッスンをした時に、今のYear5の担任の先生に「トピックワークのためにもう一度きてください」と頼まれていたのでした。そういえば、すっかり忘れてました(笑)

ぜひお伺いさせていただきます~、という手紙を書きました♪
楽しみです☆
でも、「ぜひKimonoで着てください」とか、「Netsukeを持っていたら、ぜひ持ってきてください」って書いてくれた子がいたけれど・・・どちらもないわよ~~~
浴衣ぐらい持ってたらいいんですけどね。

Tiggerの学校は本当に多文化の紹介に積極的で、毎年なにかしら日本について話して欲しいと頼まれている。Tiggerのクラスでは今までにスペインやイタリア、フランス、韓国、フィリピンのママさんたちをクラスに呼んでいた。
先日、Tiggerの学校の事務の前にいたら、突然一人の先生に、
「あ、ぜひぜひamelieさんにあわせたい人がいるのよ!ちょっときて!」
と言われ、即効スタッフルームに連れて行かれました。
何かと思ったら、つい先月ぐらいまで日本に2年間住んでいたという20代の男性が、大学の研修としてこの小学校に週何回か通い始めたそうで。
彼は鹿児島に2年間いたそうです。とてもいいところで、地元の人も皆優しくて、今すぐにでも帰りたい、と言っていました。

year5クラスの子供たちは、お箸の使い方や日本の学校の様子、日本の子供が好きな遊び、ファッションや音楽などに興味があるそうです。
いろいろ写真などを集めていかないと~
いつになるかまだわかりませんが、今から楽しみです☆


それにしてもNetsuke(根付け)って・・



確かに海外ではコレクターアイテムだけど、日本では今人気のほどは??



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-21 06:31 | 学校

One Direction

いやね、嵐って、私の場合、
気がついたらとっくに国民的アイドルだったので、
ふ~んそうかそうか・・という感じだったのですけど。

やっぱり、グループ結成してから少しずつ成長していく過程を見ていると、
別にファンになりたいと思ってなくても注目してしまって、
知らず知らずのうちに応援したくなるものですね~
今までボーイズバンドに注目するなんて、それほどなかったんだけど。


↓彼らのデビューシングルが、本日初登場一位!



One Direction - What Makes You Beautiful

去年のXfactorでファイナルまで残ったボーイグループです。


みんなかっこいい~とも思うけど、それよりやっぱり、

    ・・・こんな子達が息子だったらいいわ~・・・・

という、あやしい妄想にやられますよね、もう40になる母親としては(爆)


でも、イギリスの若者のバンドやグループがでてきても共通してるのが、日本のグループよりもかなり自由な印象だということ。堅苦しさというか、いい子っぽくしてるところがなくて。
逆に、こんなことまで言ったりして大丈夫?と思ったりもして。
ま、きっとそれもイギリスでは受ける理由なのかも?若者の特権として?

ただね・・
イギリスの若者のグループって、必ずといっていいほど、夜な夜なクラブで酔っ払ってるところを写真に撮られたり、ドラッグで一度や二度ぐらい新聞紙面を飾ってしまうんですけどね。
あーまたやってるよ・・少しは本業に精進しろよ・・・と思わずにはいられない。

特に、これからのイギリスのポップスター達はうちのTiggerのアイドルになるわけで。
イギリスですから、日本のように若者の模範として品行方正、とまでは要求しませんが、メディアも、あまり若いポップスターたちの夜遊びの様子を煽るのもやめてほしいと思う次第です。
イギリスでは10代、20代の飲酒、ドラッグによるトラブルや病気が深刻ですし。
早くティーンネイジャーになって楽しみたい・・なんて甘い誘惑に早くから憧れを抱かせてはいけませぬ。
なんて、堅過ぎかしら(笑)

One Directionはまだ10代のグループなので、これからどんな風に成長していくのか、華やかな誘惑に惑わされずにプロフェッショナルな道を登り続けるのか・・ちょっと心配ながらも、応援したいと思います。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-19 06:13 | 音楽

Wildlife Garden

隣町にあるWildlife Gardenに遊びに行きました。

実は、ここの存在を知ったのは、ほんの半年ほど前のこと。
7年も今の町に住んでるのに、全然知らなかった・・
反対方向にわりと人気の動物園があって、そこの年間パスを毎年買ってるので、このWildlife Gardenの話を聞いても、特にすぐに行きたいと思わなかった、というのもありますが。

でも、もう夏も終わりだし、せっかくの晴天の土曜日を無駄にしたくないな・・と思って、じゃあここに行ってみようか、と気楽に決定したのだけれど。
感想: 実に楽しめました!
なんでもっと早く行かなかったのかしら・・またすぐ行きたい~(笑)

e0160905_4293325.jpg

Tigerもいたし・・しかもこんな至近距離で!
実はかなり高いところにこの場所は設置されていて、このトラくんは地面を歩いていたのだけれど、私たちの声を聞きつけたとたん駆け上がってきて。
あら~お友達になりたいのかしら?なんて一瞬でも思った私が甘かった・・・実はおなかがすいていたのか、私たちの周りをうろうろしてはガルガル・・・・っとうなっていた(汗)
襲い掛かろうとしてたのか、そういうことか・・(笑)

e0160905_4364917.jpg

Leopardもいたし・・・ (うさぎをディナーに頂いてるところ 汗)

e0160905_445182.jpg

なにより、ボーイズの心を鷲掴みにしたのは、AlligatorとCrocodile、それから5メートル強の巨大ヘビ!
かなりの迫力でした。

e0160905_457911.jpg

私的には、Redpanda(レッサーパンダ)がヒット!
キュート~~~☆

e0160905_4461051.jpg

遊具も充実していたし、満足です☆

e0160905_514945.jpg


e0160905_456449.jpg

思ったより敷地面積が小さかったことが難点ですけど。
でも年に数回程度なら、ぜひ遊びにきたいかも。

なかなか楽しめた一日でした☆


ところで、今日の記事と全然関係ないのですが。
どうも最近、exblogの記事のアップロードに時間がかかってしょうがないのですが。
サイトを時間がかかるばかりか、写真のアップもドラッグすればいいだけなのに、すぐに反映されなかったりして、ちょっと困ってます。
どうしたらいいのかしら~。


↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-18 04:30 | お出かけ

楽しみ方がわからない?

都会に住んでいる自閉っ子は、休日など人混みの多いところは慣れてるのかしら。
うちのボーイズはどちらも人混み苦手ですが、もちろんRooちゃんは何をしに行くのか、自分の興味のあることができるのか、がはっきりしないと、全然だめです。

それでもなんとかバギーなどで連れ出していたのが1年半前まで。
それ以降は、もうあきらめまして、普段は街中には連れて行かなくなりました。
行っても、さっと用件だけ理解してもらって、速攻で終わらせる。
でないと、お互いつらいので。
お買い物のトレーニングなどは大型スーパーで、そして休日はできることなら自然の中、あるいは動物園や子供向けの博物館など、ボーイズの興味を引くところ。
もちろんホリデーもそんな感じで・・
とやってきた数年でしたが。

今回のロンドン旅行では、Rooちゃんの好きな場所に行こうとちゃんと考慮しつつ、団体行動なので多少妥協してもらわないといけない場所や時間などもあって。
基本的には、だいたいの場所でRooちゃんなりにがんばってくれました。
London Eyeは、予想通り、はじめの10分は大号泣で。乗る前から暴れてたので、係員がRooの搭乗に難色を示したのだけれど、Zacの両親がスマートにうまくフォローしてくれて、なんとか乗れました。

しかも、私たち12人だけの貸切だったので、とりあえず泣いて泣いて、その後落ち着いてくれたらいいか、という作戦で、なんとかなりました。私がずーーっときつく抱いてあげてたのだけどね、やっぱり恐怖感が強かったらしくて、Rooちゃんの心臓がばくばくしているのがわかって、とっても申し訳なかった。
数日も前からYoutubeや写真で画像や動画を見せたり、スケジュールを見せたりしたけれど、そしてそのときはなんとなく興味深げに見てくれていたのだけれど。
やっぱり本物を目の前にしたらこうなるよね・・。

結果的にはしばらく泣いた後に落ち着いてくれたのでよかったけれど、もしかしたらそのままパニック状態が続いてもっとひどいことになっていたかもしれない。そう考えると、密室で逃げ場のない場所に泣いたままの状態でいることは、やはりリスクが高いよね・・
私とRooちゃんの二人だけだったら、絶対に無理せず乗せなかったけど。今回はみんなと乗ることになっていたし、Rooちゃんにも体験してほしかった・・との強い気持ちで決行してしまった。結果オーライで本当によかったわ。
でも、これでちょっと懲りた私には、いっそう飛行機搭乗が遠のいた気がします。とほほ。

大英博物館では、Rooちゃんは、人の多さにもかかわらず、終始ニコニコしてくれた。
前回の記事に載せた写真にあるように、骸骨の展示がえらく気に入った様子(笑)
Tiggerがどうしても見たかった展示物コーナーのために、大英博物館に行きたい!と言っていたので、弟ファミリーも参加してくれました。感謝。
おかげでTiggerは大満足でした。

それでも、せっかくみんなで歩いていても、突然噴水を見つけたらそちらに走っていって、しばらく動かなかったり、すぐに「Going home... home....」と言い出して、家に帰りたがったり。
みんなで右に行くところを左に行きたがったり、どうしても行きたくないと主張して道に座り込んだり。
まあ、自閉っ子ならこうなるでしょう、という王道の行動を見せてくれただけなんだけどね。

いつもはこれぐらいたいしたことなくて、ああまたRooちゃんのこれか・・と思うのだけど。
今回は、私は精神的にとてもつらかったです。
というのも、これは私がとっても参加したかったことばかりだったから。

いつもは、RooとTiggerのためにどこかに行って、結果多少拒否されたところで、すぐに妥協策を考えて提示すればOK。でも、このロンドン旅行は、両親と弟ファミリー、私とボーイズ+Zacという人数で、ひとつの思い出を共有したかったから、私の行きたい場所にRooにちゃんと着いてきてほしかったから。
そして、それが思ってたより重労働だった気がして。

実は、普段のRooちゃんと変わらないのだけど。いつもだったら、全然平気なのに。
今回は、
「どうしてRooはすんなりついてきてくれないんだろう・・」
「どうして私のしたいことを理解してくれないんだろう・・・」
という発想になってしまい、ネガティブな思いが膨らんできてしまったりして。
Tiggerとももっといろいろ話しながら歩きたいのに、いつもRooを横目で追いかけてないと落ち着かなくて、気が急いてしまって。
弟夫婦の子供たち、5歳の女の子と3歳の男の子とも、もっと触れ合いたかったのに、いつもRooちゃんに振り回されて、できなかった・・・
そんな風に感じてしまったりして、二日目の夕方は凹んでました。

でも、そうはいっても、実は充分一緒に入れたんだよね。
もともとほんの数日間しか一緒に入れないってわかってたから、どうしても「もっと話せたら、もっと一緒に入れたらいいね」という気持ちを、多少Rooのせいにしていたわけで。
だから、短い時間を有意義に過ごせたことに感謝して、TiggerとRooにもよくがんばったね、とねぎらってあげないといけないんだよな・・と思えたのは、もう復路の電車の中でした。

それに、本当はRooちゃんも、いとことの対面をとっても喜んでいたのです。
ロンドン2日目と3日目の朝は、どちらもホテルの部屋でいとこ二人の名前を呼びながら、早く会いたい、という気持ちを伝えてくれてました。でも、もちろん一緒にいても絡んで遊ぶことはほとんどなかったけど。
それでも、3歳の男の子のR君が時差ぼけで寝てしまったときも、常に近づいていっては寝顔を覗き込んだり、5歳の女の子のKちゃんにも笑顔を見せながらHigh 5したり。
Rooなりに、いとこのとの時間の共有を楽しんでいたのだよね。
それが見れたのは本当に嬉しい。

弟ファミリーはロンドンで3日間過ごした後、パリへと旅立ちました。
パリまで一晩でも一緒に行けたよな、と気づいたのはずっと後でした。しまった・・。


そして、2週間私の家に泊まってくれた両親も、先週の土曜日にオランダへと渡り、ただいまオランダ旅行を満喫しているところです。明日にはようやく日本へと帰国です。
私は、また私のやれることをひとつずつ毎日こなしていく生活に戻りました。

家族とまたはなれて寂しいけれど、それでも自分の生活はこれでも気に入っているので、大丈夫です、まだやれます。
やはり、あとはカレッジのコースでしょう・・・。今週の木曜日からまた始まりますが、まだ宿題終わってません・・
これアップしたらやります~




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-12 18:34 | お出かけ

London Trip

e0160905_5381562.jpg


e0160905_5433973.jpg


e0160905_5391415.jpg


e0160905_5405018.jpg


e0160905_5395840.jpg




「できることなら今すぐ家に帰りたい、いや帰らせてくれ」
という態度を20分ごとにみせるRooを連れての、コテコテのロンドン旅行でしたが。

いろいろありましたが、なんとか終わりました。
5年ぶりにやっと弟家族と再会しました。嬉。

またちょこちょこレポートしたいと思います。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-09-09 05:37 | お出かけ