昨日はカレッジでの講義の日でした。
いつもこの時間はZacに自宅に来てもらって、ボーイズと一緒にいてもらってます。
これがガールズナイトアウトだったらどんなに嬉しいかしらねえ~・・・と思いながら、カレッジに向かうのですが。


昨日はいつものTutorがセレモニー参加のためにお休みで、もう一クラスとの合同授業で。
私のいるクラスはわりと非イギリス人率も高く、リラックスした雰囲気。なかなかちゃんとしたディスカッションに発展しないのが気になるけれども、基本的にわかりやすくてやりやすい。
しかし、もう一クラスのほうは、現役TAとして仕事をしている人の比率も高く、Tutorもかなりつっこんだ話を好むので、2時間フルにディスカッション。しかも、全員イギリス人、つまり英語母国者。

もうね、脳みそがぴきぴき悲鳴をあげてましたね、昨晩は・・・。

おかげで帰宅後、夜の10時半過ぎには眠すぎてダウン。
朝まで熟睡するかと思ったけれど、明け方4時ごろにぱきっと脳が目覚めてしまい、そのまま講義の一人フィードバックが脳内で始まってしまう始末・・・。
もぞもぞ動いていたので、Rooちゃんまで起こしてしまったようで、二人で結局6時過ぎまで寝れず。
そのまま起きる羽目になってしまいました。


なんだかな~、こんなに知識豊富でやる気と自信に満ちたイギリス人の人たちでさえなかなかTAの仕事にありつけない現状なのに・・・どうやって私は将来仕事を見つけることができるんでしょうね~。
私でこそ貢献できることとは??って、考えれば考えるほど、白人イギリス人率がかなり高い今の小さな町では不利だなあ・・と実感します。
もっとMulti-culturalでESL(English as a Second Language)の人の率が高い地域に引っ越さない限り、面接にもいけないのが現状ですね。

去年からわかっていたことだけれど、もういやというほど実感したので、がっかりです。
まあ、こんなもんでしょうね~、なぜか私が仕事を探そうとすると大不況に当たってしまうという運命ですから・・・。
ま、とりあえず資格だけはきちんともらえるようにがんばるわ。
仕事にありつけなくても、このままなんとかボランティアで続けていくしかないみたいだわ~。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-26 07:13 | TAへの道

クリスマスまでに後二つAssignmentを仕上げないといけないので・・。
今から年末にかけて、かなりハードスケジュールになりそうです。
クリスマスショッピングに行く暇がないかも・・・・

といいながら、実はここ1週間の間に45分ほど離れた都会まで2回も出かけるチャンスがあって、しっかり自分の洋服だけ調達してきました(笑)
あ、でもこまごまとしたプレゼントも買えました。満足。
他の人たちへのプレゼントはネットでショッピングになりそうかな。

Rooちゃんは先週の木曜日の夜に、寝ながらいきなり吐き、その後朝までずっと一時間に一回ぐらい起きては腹痛を訴えてました。かわいそうだったな・・・。
4時ぐらいかな、「tummy(おなかの意味)...help....」と何度も言うので、こちらもかなりつらくなり、「朝になったらDoctorに連れて行ってあげるから、ちょっと寝よう」と言うと、「Doctor...help...」と泣きながら訴える。
とってもつらそうで変わってあげたかったけど、もう私も限界だったので、
「そうはいっても、今は何もできないのよ~、ママは今は何もできないの」
と英語で言った途端、

「....... try .......」  と言われた(爆)

いやあねえ~・・自閉っ子だからって見くびってはいけないのです、こんな状態でもちゃんとわかってるのね。


翌朝、早速医者に連れて行って、胃腸炎の薬を処方してもらって。
この薬を手に入れるまですったもんだもあったんですけどね。
実は3軒もPharmacyを回ったのにないといわれ、実はこの薬はストックには普通ないものだったで。最後に行ったPharmacyの薬剤師さんに、「同じ効果を期待できるほかの薬に変えないと今日中には手に入らない」と言われ、もう疲れ限界のぐずぐずRooちゃんをおんぶして、また医者に戻って処方箋を書き直してもらって・・・なんて、ぐったりの午前中を過ごす羽目に。

それでも昼寝をたっぷりして、結局この日もかなり吐いたけど、夜にはだいぶよくなりました。
その夜からは全然吐かず。苦労して手に入れた薬が効いたようで、ようやく安心。

それにしても。
この日のGP訪問も、前日に行われたSpecial Needs SchoolでのParent interviewでも、Rooちゃんはやはり変化に弱いので、いつもとのスケジュールの違いに対応しきれず、とってもつらそうだった・・・。
ちゃんと見通しは立ててるんだけど、そして本人もわかってるんだけど。
Parent interviewは4時半からだったので、TiggerとRooを連れて行くしかなくて。Rooちゃんは特に一度自宅にバスで戻ってきてからまた学校に戻る、というのがつらかったようで。前の日から何度もスケジュールは確認してわかっているけれど、いざ学校にその日2度目に到着した途端号泣・・・・
結局私が先生と話している間の20分は、最初は号泣、そのうち落ち着いてきたけれど結局帰りたいモードは変わらず。
金曜日の午前中も、医者に行くのもちゃんと納得していて、ちゃんと待合室に座ってるんだけど、医者に呼ばれた途端号泣・・・。そして、おなかを見せたりするのも拒否。これが大事なのにねえ・・。先生もお手上げ。難しいです。

いろいろまだ書きたいけれど、Assignmentに戻ります~、しばらく写真もアップせずにシンプルにいきますわ。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-21 07:56 | Rooのこと

Pretend play?

そろそろ本格的な寒さがやってきているので、またマフラー・手袋・ニット帽を出しました。
今年の初めのRooちゃんはマフラーはつけてくれた時もあったけど、手袋とニット帽は完全に拒否。
どこへ出かけてもかっちこちに冷えた手をつないでました。

それが、先日、「ほらマフラーに手袋、帽子だよ~」と目の前に出してみたら。
Rooの目がきらきら~と輝いて。

いきなり、
「Oh----- Snow! It's so cold....」
といいながら、一気に三つのアイテムを身につけた♪

・・でも手袋が全然できなくて、必ずどこかの2本の指が一緒になってて、笑わせてもらったけど(爆)

そして、そのまま何度も 「Snow.... soooo cold.....」と言いながら凍えるふりをして自分の腕を自分の体に回し、ぶるぶる震えたりして。
そしていそいそと自分のベッドに登って布団にもぐりこむ、という一連の動作を何度も何度もしてました。



なんなんでしょうね~、ごっこ遊びとも違うけれども、とにかくこの3アイテムから雪を連想して、その状況に自分を置いているってことは、十分に想像力を駆使していると思うんだけど。
それとも単なる連想なのかしら。でも、ちゃんと「寒い~~!」っていう「ふり」も加わってるし。
こんなことできるのね~・・・と、魅了されながら観察してました。

Tiggerも乗ってきて、二人で帽子・マフラー・手袋をしながらベッドをごろごろ。
もう寝る時間だというのに、いつまでも遊んでるので、かわいいけれど、いい加減にしてくれ・・・という。





↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-17 07:26 | Rooのこと

秋のお散歩

話が前後しますが、10月中に遊びに行ったお散歩などの写真。

e0160905_8103166.jpg


散歩の途中で、雨が降ってきて。しかも寒くなって・・
でも、きれいな虹が見えました。

e0160905_8111142.jpg


そして、虹の写真を撮っていた1分ぐらいの間に、みるみる晴れ間がまたやってきた。
この後またすぐ暗くなっちゃうんだけど。
イギリスのお天気は、本当にくるくるとよく変わる・・・

e0160905_8134939.jpg


Tiggerはこんな格好でした♪
すっかりカントリーボーイだわねえ。



e0160905_8152810.jpg


ハロウィーンの前日、Zacの両親の家で、ボーイズ恒例のApple Bobbingに挑戦☆
Rooちゃんてば、かなり真剣でした(笑)
すきっ歯だから全然取れなかったけど(笑)

e0160905_8231236.jpg


その後、車で20分ほど走って、とある林の中まで栗拾いへ連れて行ってもらいました♪

e0160905_8252810.jpg


初めてでしたが、楽しかったです。
ボーイズが喜んでました。Rooちゃんが思いのほかはまってて、びっくり。

家に帰ってさっそくローストしたんだけど・・TiggerもRooも食べなかったわ~~
私だけもぐもぐ。おいしかったけど、残念。
来年はTiggerだけでも食べてくれるかしら。

e0160905_82721.jpg


そして、今年のうちのジャコランタン。
まあ、こんなもんですかね(笑)
なぜか後ろにはTiggerが”Wicked Jack"と名前を書いてました。なんで?

Trick or Treatには行きませんでしたが、それなりにハロウィーン気分は楽しみました☆



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-07 08:01 | お出かけ

おたんじょうび☆

本日ワタクシ、遂に40歳の大台に乗ってしまいました~

残念ながらお天気には見放されてしまったけれど・・雨・雨・雨・・・
昨日から日本やイギリスの友達、Zac、Zacの両親、日本の家族などからお祝いの電話にカード、プレゼントをいただいてまして、ありがたい限りです。
40歳になってもなにも変わらないけど・・健康にだけは気をつけたいと思います♪


さて、昨日の午後、Tiggerの学校のYear5のクラスで、日本のレッスンに行ってきました!
皆いろいろ仮装してましたよ~~♪
どこから仕入れたのか、「さけ ひとすじ」って書いてあるハッピを着てる男の子がいて・・(笑)
女の子はチャイナドレスが人気だったけど、やっぱり日本のものを見つけるのは難しいねえ。
でも、髪の毛をおだんごにして、家にあったお箸をさしてる子が何人もいました☆
ちなみに担任の先生は、西洋人に人気の「ジャパニーズ ガウン」を着てました・・
なんというか、日本と中国の雰囲気の混ざった、サテンでできてるナイトガウンです~(笑)
私も日本から送ってもらった浴衣を着ていきました☆

まずは私が作ったカタカナの名前カードを一人ひとりに渡して、それからPowerpointで作った日本の小学校の一日、それから着物・食べ物・お寺などの紹介をしました。いろいろ質問してくれました。
それからお箸を使ってお菓子を取るゲーム、その後はひらがなとカタカナで日本語をちょっと書いてみる練習、それから折り紙でおすもうさんを作りました。ちゃんと土俵もプリントアウトしていきましたよん。

どのアクティビティも、ものすごい楽しんでくれて、皆先生に何度もガツンと怒られるぐらい興奮してまして(笑)。日本の雑誌や新聞、文庫本を持っていって、いろいろ意見も言ってもらったんですけど、皆雑誌と新聞をほしがってました。

ものすご~くポジティブなエネルギーをもらってきました~、最後に花束をもらったけれど、こちらこそ、日本に興味を持ってくれてどうもありがとう!と何度も言いたいです。



そして、この後学校が終わってから、Zacに暗い夜道を片道一時間ちょっと運転してもらって、州都である町まで言ってきました。ここにはSpecial Needsの青年たちのために新しくLaunchしたカフェがあり、そこでGuy Fawksデーの花火大会があったのです。
このカフェは今までは州のCarerの団体が主催するチャリティーへのFund raisingが目的のカフェだったのですが、これからはSpecial Needsの青年たちのための就職に向けたトレーニングを始めるそうで。なかなか将来の発展が楽しみな場所となりそうです。

花火は6時からだったようで、ぎりぎり間に合いました~。

e0160905_1522247.jpg



とっても混んでいて、ホットドッグにありつけなくて・・・おなかペコペコのまま帰路につき、途中にあったカントリーパブでようやく夕飯。8時半過ぎてたので、ボーイズは食べながら半分寝てました(笑)
その後家のそばでガソリンスタンドに寄ったら、

e0160905_1542669.jpg


後ろの席でこんな感じで寝てました♪
かわいい~~・・けど、首が凝るよね(笑)




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2011-11-06 01:26 | 日々のあれこれ