<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お友達

なんと、月曜日にはTiggerのクラスで14人が病欠だったらしい。
更に火曜日には、出席していたのが13人!30人のクラスなので、半数以上が病欠…しかも、担任の先生までも5日間ほど休んでいた…。
日本だったら確実に学級閉鎖よね。
皆早く元気になります様に。


Rooちゃんのスピーチが、相変わらず面白いです。
Rooちゃんは地元M校で誰が好きなんだろうと思い、「M校のお友達の名前は?」と聞いてみた。

すると、怒ったような顔で、
「No、W School。」
と、週に3回通っているSpecial Needs Schoolの名前を言って来た。

そうか、それじゃあ、W校でのお友達は誰?と聞くと、

ニコニコしながら、
「John、Mike、Adam.........And ◯◯◯!(自分の名前)」
と言った。


そうかーー、遂に立場が逆転したか。
やっぱり、そろそろ公立校のクラスで、自分のポジションを意識し出したんだろうな。
今までは周囲の状況を観察して参加するかしないか決めてる様子だったけど、きっとそこに自分の存在を当てはめて見ることができるようになったんだろう。
そうなると、ずっと支援校の方が楽に思えるはずだから。

9月からはフルタイムで支援校に移動する予定なので、これはいい兆候。
そして、会話も、いや会話と言えるのかわからないけど、それでもこれはかなりコミュニケーションできた方だと思う。

来月半ばに、またRooちゃんのAnnual Reviewがあるので、またいろいろと成長ぶりを話し合ってこようと思う。






↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-25 07:20 | Rooのこと

ようやく昨日から

ボーイズ二人とも学校に行ってくれたわ…。長かった。

結局先週はRooちゃんが3日間、今週はTiggerが2日間学校を休んだ。
Zac休んだ友人の助けなしでは乗り切れなかったわけで、本当に感謝。
…正直、やっぱりまだまだTAの仕事を本気で探すわけにはいかないかも、なんて思ってしまった2週間でした。残念だけどね。

ところでまた仕事先の小学校での話。
小学校一年生の年の女の子Sちゃんがいていたので、どうしたのか聞いて見たら、
「Aちゃんと遊びたいのに、BちゃんCちゃんが邪魔して遊ばせてくれない」と言う。
Sちゃんを連れて3人のところに行ってみた。
SちゃんはA、B、Cちゃん3人と遊びたい、とも言ったので、3人に、Sちゃんも遊んでいいか聞いてみた。
するとBちゃんとCちゃんが、
「Sちゃんとは遊びたくない」と言う。
そんなこと言わないで、皆で仲良く遊んだら、といっても、嫌がる。
そこでAちゃんに、Sちゃんが遊びたいと言っていることを伝えると、Aちゃんも、Sちゃんと遊びたくないと言う。
皆同じクラスなので、友達なんだから皆で仲良く遊ばないとダメだよ、と言うと、Bちゃんが、

「だって、遊びたくない子とは遊ばなくていいって、先生が言ってるもん。」

だって。
それを聞いたAちゃんとCちゃんもうなづく。
Sちゃん号泣。

まじですかーーー。

でもそんなこと言ったら、この子達大人になってからも付き合いたい人としか仲良くしないで、他の人はどうでもいいと思うようにならないかしら。
…なんて思うのは私だけかい。

て言うか、自分と遊びたいって言ってくれる子が目の前で泣いてるのに、大人の説得にもかかわらず目の前で拒否って。
3人の女の子を説得しようとしたけど、全然無理。
もうこれはSちゃんに他の子と遊んでもらわないと泣き止まなそうだったので、他の子にお願いする。
最初は嫌がっていたSちゃん、ふとしたきっかけで笑顔が戻り、その子たちと遊びにいった。

なんだかなー、納得できずもやもやしたので、同僚に聞いてみたら。

その人も、先生がそう言うのはあり、だと言うのよねー。
うーん。

まあね、「Play nicely」とは言うけれど、「Play nicely with everyone」とは言わないのよね、確かに。でもさ、やっぱりなんとなくさっぱりしないんだな、先生がそう言うって言うのが。

文化や考え方の違いと言えばそれまでだけどね。





参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-18 23:03 | 仕事関係(日本語含む)

不調続き

2週間前の週末は祝日と合わせて3日休みがあったので、ロンドン近郊に住むボーイズの父親のところの泊りに行った二人。
見事にひどい風邪を引いて帰ってきてしまい。
Tiggerはアレルギー性のひどい発作のような状態で、息がくるしそう。Rooはもろに胃腸系のウィルスで、嘔吐+高熱。Tiggeも Rooも、とりあえず次の日は学校休んだので、もちろん私も仕事にいけず。
その後、Tiggerは持ち直したのだけど、 Rooは3夜立て続けに高熱。2日目の明け方には熱ざましを飲ませた後30分後ぐらいにいきなりものすごい量の鼻血が出て、10分以上止まらなかったので救急車を呼ぶ羽目に…。結局救急隊が来る前に止まって、熱も下がってきたので、救急隊(と言っても一人だけ)のおじさんに往診してもらって帰ってもらった。ふう。

結局金曜日にようやく半日だけ学校に行けたRooちゃん。
今日もまだ鼻水と咳がひどいけど、とりあえず元気に。

しかし、今度はまたTiggerが昨日より発熱…。
熱ざましを飲んで落ち着いた頃に学校に送ったけど、かえってきたらまだ辛そうだった。


世の中の共働きのご夫婦やシングルペアレンツの皆さん、子供が病気の時はどうやって乗り越えてるんでしょう。近くに家族が住んでいるわけではない私には、何とかして仕事にいかなくちゃ、というプレッシャーと、子供が心配な気持ちでかなりストレスです。
幸いこちらは家族が一番なので、子供の病気が理由の欠勤にはかなり理解がある方だけれども。

それでも、やはり仕事先には迷惑かかるし、何せ私だけでなくて他の人が欠勤している可能性もあるので、できるだけ行かなきゃいけないし。
なにより一日で子供が復活するかどうかわからないし。

先週は、3日間Rooちゃんが学校を休んだ間、友人ママさん、Zac、元旦那の母親がわりで私のことをいつも気にかけてくれている人、と3人で入れ替わりで私の仕事の時間にRooを見にきてくれた。私は一日仕事を休んだけど、その日の夕方はTiggerの学校の折り紙クラブで、代わりがいない…。Tiggerも具合いが悪くて休んでいた日だったので、苦肉の策で友人ママさんにきてもらった。彼女は普段本当に忙しいのだけど、快く引き受けてくれて、大感謝。

でも、具合が悪い子供達を人に預けてまで仕事やボランティアに行く後ろめたさもあるし。でも、責任感を感じれば感じるほど、仕事等もしっかり行かないといけない。
やっぱり家族のサポートなしに仕事に行くのは、こういう時に非常に困る…。

先週から始まった日本語レッスンも夕方なので、これまた違う人がbabysitterとしてやってきてるし。
昨日の朝、熱でぼーっとしているTiggerが、

「今日は頭が痛くて学校にいけないかも…そうしたら誰がBabysittingしてくれるの」

と聞いてきた…。母親以外の誰が病気の時に面倒を見てくれるのかなんて、そんな風に言ってきたのは初めてで、切なかった。
きっと、Rooちゃんも先週そんなふうに思ってたんだろう。

日本で働いてる人たちからみれば、甘ったれと言われるだろうけど。
でも私になかの日本人の責任感が「なんとかうちにきてくれる人を見つけて仕事に行かないと」と思わ
せ、でも家族でない人たちの好意に甘えるばかりなのも申し訳なくて、それでも皆快く引き受けてくれるからこれまた申し訳なくて。
そうして仕事に行って、子供達は大丈夫?家族が一番なんだから、どうしようも無い時は無理しなくていいんだよ、なんて同僚に行ってもらえると、有難くて。家でそばについてあげてたらよかったかな…と思うけれど、他にもお休みの人がいて、やっぱり来てよかった、とも思うし。

6月と7月に、また日本語を近隣の小学校で一日だけ教える仕事が入っていて、それぞれ一日がかりなので既に仕事を休むことを伝えてあるので、これも休みたくないプレッシャーのひとつ。
明日Tigger大丈夫かな…。
こんな時、つい凹んでしまうよな。














参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-16 05:41 | ボーイズのこと

お仕事頑張って毎日行ってます…あっという間に一日が終わってしまうんですけど。

仕事先の小学校は、かなり個性的、と言えば聞こえがいいけれど、要するに、大人の注意を無視してboundaryをプッシュしまくる子供が多いのです。常に誰かが喧嘩してるかも(汗)
男の子だけでなく、女子の喧嘩もかなりすごい...。

そして、やはり皆嘘つくんだよねえ。自分の言いたいことだけ言って、人のことは全然考えないとか、常識。日本では小さい頃から周囲の人の気持ちを考えなさいと言われるけれど、こちらではやはり「はっきり自己主張をすること」が奨励される。
のはわかるけれど。自己主張とワガママ、やりたい放題が入り混じってます…。
ランチタイム中にそんな子供達をうまく管理するのも私たちの仕事なんだけど。

でももちろん大半の子供達はかわいいんだけどね。
一生懸命日本語覚えようとしてくれる子とか、折り紙を折って上げたら連鎖反応式に皆が欲しがったりとか。少しずつ文化交流もできてます。


さて、やはりnaughtyな子供が多いのはYear 5 & Year 6 (9歳から11歳)ですが。
そんなワイルドなYear 6の中に、とても美人で落ち着いてて、いつも私のところにそっとやってきてはちょこちょこと話をしてくれる女子がいて。
いつも、「もう教室に入る時間?」と聞いてくる。友達ときゃあきゃあ取っ組み合いのふざけっこをするよりは一対一で話をするほうが好きなようで、早く教室に返って勉強したいんだそうな。あら~なんていい子なの…といつも思っていた。
先日、ふと思いついて、「将来はどんな仕事につきたいと思ってるの」と聞いてみた。

なにせ、うちの町では、あまり学業の成果と収入が比例しない。ここの辺りでは、ビルダーやoff shoreの仕事がかなり稼ぎがいい。肉体労働系が人気。親たちも、学校が嫌いなまま卒業した人も多く、なかなか子供達の教育に熱心でない親が普通。どこの学校でも、宿題を出しても、クラスの半数近くがやってこないのが当たり前。
子供達に将来のことをきいても、たいした答えがかえってこないか、茶化されて終わり。
そんな中で、きっとこの子は将来のビジョンとか持ってるのかな?と思ったので。



彼女の答え:

「I would like to be a tattooist.


「…は??」
と、思わず聞き返してしまった。

が、何度聞いてもtattooist。
入れ墨師、ですよ。

えっと、きっとお母さんがtattoo入れてるんでしょ、と聞くと、イエス。
で、実際にtattooを入れてるところを見たの、ときくと、イエス。

んで、tattooistになりたいんだと。

ええーーー、10歳か11歳の女の子の将来の夢の職業が入れ墨師ですか。
看護婦とか、学校の先生とかじゃなくて?
というか、子供の将来の夢のカテゴリに入れ墨師が入ること自体、私には考えられん。
でも、これがうちの町では別に普通なのよね、きっと…。

というわけで、びっくりこいた話でした。





↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-09 23:19 | 仕事関係(日本語含む)

更にEd Sheeran

早い。早すぎるし。




以前に一度オフィシャル版を貼ったけど、やっぱりEdはライブがいいですね。
というか、この歌ライブのほうが絶対いいし。
来月うちから結構近いところでライブするんですけど・・平日だから行けなくて残念・・

このほかのUStreamビデオもかなりいいので、お薦め☆



ただ今USツアー中のEd。
恐ろしいほどのスケジュールこなしてるみたい。




7月にはFuji Rockに出るようですね~
日本LOVE! になって帰国してくれるかしら。



↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-04 08:29 | 音楽

お宝発見~~~

e0160905_794879.jpg


・・・って、私以外の人には何の価値もない紙くずの山ですけど(爆)

ロンドンでせっせと集めた日本語関連の資料。これをもとにレッスンしてたんですけど。
まだあとでかでかファイルが3つほどあります・・・すごい山。

庭の奥にあるShedの中で、8年間眠ってました。すごすぎ。

これ取り出すのに、ものすごい苦労したんですよ。
まさにTreasure huntでした、冗談でなく。
肉切り包丁片手に、ホコリとカビとくもの巣で満ちたShedの、ちょっとの隙間をかがんで潜り抜け、今にも崩れそうな木材の山の下にひざまずいて、木材のおかげで動かせないダンボールの側面を包丁でガリガリと削ってようやく中にあったファイルを一つずつ取り出していった・・・
って書いたら、ちょっとはわかってくださる?(笑)


いや~8年ぶりのご対面。いろいろ思い出して懐かしかったです。
結局日本語レッスン始めることにしました。
どきどきしますが、楽しみです。・・できるかな・・・
Mid-day supervisorもボランティア2箇所も続行。やりすぎか。

ボーイズは、初めてBabysitterたちに来てもらって時間を過ごすことになります・・。
今までカレッジコースで不在の時はZacかZacの両親だったから。
もう十分大きくなったから大丈夫だよな、とは思ってる、けど。

とりあえず、せっかく日本語レッスンで稼いだお金の3分の2近くがそのBabysitの費用に消えることが非常に納得いかないのですけど、そうでもしないとできないわけで。
全然割に合わないし貧乏になるだけですが。でもやりたいのだ。
・・吉とでるか凶とでるか・・。




↓参加してみました。クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
[PR]
by amelie_uk | 2012-05-04 07:20 | 日々のあれこれ